『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』東京ドーム(2021年1月4日)
「KOPW 2021」進出争奪ニュージャパンランボー

 矢野がリングに上がらずまんまと生き残り、『KOPW2021』決定戦に進出。ジュニア&ヤングライオン勢をことごとく排除したファレ、最初に入場しながら生き残ったオーエンズ、上手く立ち回ったBUSHIと激突することになった。

 昨年オカダ・カズチカが立ち上げた新たなタイトル『KOPW』。王者は1年ごとに区切られ、昨年は年末まで矢野通がタイトルを死守した。今年はドーム2連戦で新たな王者を決める運びに。第0試合で行われるオーバー・ザ・トップロープ有りの時間差バトルロイヤル“ニュージャパン・ランボー"で、明日(5日)の王者決定戦に出場する4選手を決めることになった。

 オーエンズと石井の顔合わせで始まると、3番手にいきなり鈴木が登場。石井と鈴木がシングルマッチさながらにやり合うと、続いて永田が姿を現し、新年早々リング上の戦いはさらに激しさを増す。鈴木と永田はオーバー・ザ・トップロープで最初に脱落となったが、場外に落ちたあともエルボーを打ち合った。

 次々と選手が入場しては脱落し、リング上は大混戦となるが、そんな中でも最初に登場したオーエンズと石井がしぶとく生き残る。バトルロイヤルらしく真壁と本間のGBH対決も実現。逆水平やエルボーをこれでもかと打ち合うと、本間が天山と共闘し、真壁をオーバー・ザ・トップロープに追い込んだ。久々の登場となったロメロも奮闘。RPG 3KのSHOとの連係も決まった。

 30分以上戦い続けた石井がファレ&オーエンズの手によって場外へ投げ捨てられて無念の脱落。ファレは圧倒的な体格を活かしてジュニアヘビー級の選手を次々と排除する。勝負をさけて場外で暗躍したBUSHIとは逆に、そんなファレに果敢に飛びかかったのが辻&上村&キッドのヤングライオントリオ。3人がかりでオーバー・ザ・トップロープを仕掛ける。だが、ファレはラリアットを連発して返り討ちに。すると、最終入場者として前年『KOPW』保持者の矢野がトロフィーを持って姿を現した。

 昨年末のタイトル戦で矢野に敗れているファレは目の色を変えて、ヤングライオンをグラネード連発でぶちのめし、次々に排除していく。すると、リング上はファレ、オーエンズ、BUSHIのみに。後ずさりしてアピールを繰り返していた矢野はリングに上がることなく、明日(5日)のドーム2日目で行われるKOPW決定戦に進むことになった。

【BUSHIの話】「ハッハッハッハッハ! 見たか、結果、残ったぞ。第0試合が組まれて、この『ニュージャパンランボー』の必勝法を思いついたよ。それは、参加しないことだ。見たか? 俺は別に落とされてないよ。ね、(失格になるのは)オーバー・ザ・トップロープ、3カウント、ギブアップ、そのどれかでしょ? でも俺はリングサイドにいたからね。カウントも取られてない。つまり、非協力的に不参加ならば、最後まで残る。この必勝法をゲットして、そして明日の第1試合、『KOPW 2021』決定戦4WAY、この出場権をゲットしたんだ。今年、幸先いいね。楽しみだ!」

【試合後のファレ&オーエンズ】

▼オーエンズ「(※インタビュースペースの椅子を蹴倒して)どうよ!? ファイナル4人のうちの2人がここにいるぞ! 『KOPW 2021』決定戦4WAY、タイトルマッチなのかトロフィー争奪戦なのか分からないが……トロフィーマッチかな? この2人が残ったぞ! ただ一つ、俺が今ムカついているのは……」

▼ファレ「前にも言ったが……」

▼チェーズ「ヤノ!オマエだよ! オマエにムカついてるんだ! 俺がナンバー1だったはずなのに、邪魔しやがって!」

▼ファレ「ろくにリングにも上がらず、あんなズル賢いことしやがって!」

▼チェーズ「俺たち2人、BULLET CLUBの2人が残ったんだ! BUSHI、ヤノとの4WAYは、俺たちでアイツらを倒してやろうぜ! 2人でアイツらを蹴倒してやるんだ!」

▼ファレ「えっ、もしオマエが勝ったら、俺はどうなるんだ?」

▼チェーズ「キミは今日、チャンスがあったんだからいいじゃん! 俺に花を持たせてくれよ!」

▼ファレ「うるさい!(※と、チェーズの胸をど突いて控室へ)」


【矢野の話】「2021年、KOPWから、戦いが始まった! そして私はこの激闘を勝ち抜き、明日はさらなる激闘を勝ち抜くであろう! さようなら!」

【ヘナーレの話】「ダメージは一切ない、見ての通りだ! ランブルなのでそんなことを言っても仕方ないが、今日は2人に勝つことができた。去年はツジ1人だったが、今年はナガタとスズキを排除することができた。すごく尊敬している2人に勝ててうれしい。アメリカには『一生懸命努力していれば、アイドルがライバルになる』ということわざがある。それがまさに今日、自分の戦いとして現れた1日だった。去年の最後に言った通りだ。(※日本語で)『2021年、トーア・ヘナーレは新日本プロレスで一番真面目な外国人』だ!」