『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』東京ドーム(2021年1月4日)
IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合 ○飯伏幸太vs内藤哲也×

 飯伏が激闘の末に内藤を破り、IWGPヘビー初戴冠&二冠王者に。明日1・5ドームでの権利証保持者・ジェイとのV1戦へ向けて、「俺は絶対に一日じゃ終わらない。明日、ジェイに勝って本当の神になる!」と誓ってみせた。

 昨年10月にG1連覇を成し遂げた飯伏だったが、ジェイに権利証を強奪された。それでも王者・内藤からドーム初日の挑戦者に指名され、二冠戦線に再浮上。勝てばIWGPヘビー初戴冠で、ジェイとの雪辱戦にコマを進められるところだった。

 主導権を握ったのは内藤。プルマブランカで絞め上げるなど首攻めで飯伏を徹底的に消耗させ、力なく反撃する飯伏をバックエルボー連打、グロリアで黙らせる。雪崩式フランケンは飯伏が阻止し、オーバーヘッドキックで反撃。エプロン上での雪崩式フランケンシュタイナーで内藤を場外に真っ逆さまに叩き落とした。

 すかさず飯伏は雪崩式ジャーマンを狙ったものの、阻止した内藤が雪崩式リバースフランケンシュタイナーで叩き落とした。飯伏もデスティーノを狙う内藤をハイキックで迎撃。カミゴェの構えに入ったが、かいくぐった内藤は電光石火のデスティーノをさく裂。2カウントで返した飯伏も続くデスティーノを人でなしドライバーで切り返した。

 シーソーゲームが続く中、25分が経過。大の字となった両者を手拍子が後押しする。内藤と飯伏は死力を振り絞ってエルボー合戦を展開。飯伏が連打で押し込めば、内藤は張り手、オーバーヘッドキックで応戦。飯伏もすぐさまラリアットを叩き込んだ。勝負に出た飯伏は高角度パワーボムで叩きつけ、間髪入れずカミゴェをぶち込んだ。フェニックススプラッシュは内藤が自爆させ、ランニングデスティーノで逆襲。バックエルボー連打を浴びせたが、飯伏はハイキックで応戦し、2発目となるカミゴェをさく裂させた。

 それでも内藤が肩を挙げ、勝負の行方が見えない中、30分が経過。バックエルボーを連打した内藤は、延髄斬り、バレンティアで一気にたたみかける。そしてデスティーノを仕掛けたものの、飯伏は決めさせない。飛びヒザ蹴りをぶち込むと、動きが止まった内藤に3発目となるカミゴェを叩き込んでようやく3カウントを奪った。

 飯伏がIC王座2度目の戴冠、そして悲願のIWGPヘビー初戴冠を果たし、新二冠王者に輝いた。陥落した内藤は自らの手で2本のベルトを飯伏に譲り渡してからリングを降り、大きな拍手を浴びた。

 2本のベルトを掲げた飯伏の前に明日1・5ドームでの挑戦者となる権利証保持者・ジェイが現れた。飯伏を祝福したジェイは「この瞬間を楽しめ。今夜だけだ。俺のデスティーノだ。俺が神になる」と宣戦布告。近距離でにらみ合った。

 ジェイが去ると飯伏は「俺は絶対に一日じゃ終わらない」と豪語。「その前に内藤さん、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えると、ジェイには「明日もう一回、僕が試合後、赤コーナーで立ってる姿が見えるよ。お前は明日で終わりだ」と通告し、「この時期、皆さん、本当に本当にこんなにたくさん集まってくれて、ありがとうございました」と大観衆に感謝。「僕は一日では終わらない。絶対に明日も守り抜いてみせます。この二つのベルトを」と誓ってみせると、「僕はこの最高のベルトと最強のベルトを今持ってます。僕は逃げない、負けない、あきらめない。そして明日、ジェイに勝って本当の神になる!」と宣言してドーム2連戦初日を締めくくった。