『HIGHER GROUND 2021』神奈川・横浜ラジアントホール(2021年1月16日)
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合 ○HAYATA&小川良成vs仁王&覇王×

 小川&HAYATA組が覇王&仁王組との技巧戦を制してGHCジュニアタッグ王座2度目の防衛に成功。抗争中の怨敵・鈴木鼓太郎&日高郁人組の襲撃を許し、2・12日本武道館大会での王座戦が即日決定した。

 覇王&仁王は、昨年末に杉浦軍から“100均レスラー"と罵られて奮起。覚悟の一騎打ちを経てジュニアタッグ獲りへと乗り出し、仁王がHAYATAから2戦連続でピンフォール勝ちをおさめるなど、勢いを増していた。

 この日の王座戦もハイレベルかつスピーディな先の読み合いの連続。小川組の腕攻めを覇王が乗り切るや、あらゆる連係や丸め込みを駆使して覇王と仁王がニアフォールを連発していった。

 そして終盤には覇王の雪崩式フランケンシュタイナー→仁王のトランスレイブ→覇王のジャーマンの連係が流れるように決まって好機到来。すかさず覇王が450゜スプラッシュで仕留めにかかる。

 だが、避けて自爆を誘ったHAYATAが、クロスフィックスへ。覇王も負けじと丸め返して応戦したものの、さらにその先を読んだHAYATAが回転十字固めに持ち込んで3カウントを奪い、技巧戦で競り勝ってみせた。

 覇王&仁王の悲願を阻んで小川&HAYATA組が、終わってみれば盤石のV2。ベルトを掲げて勝ち名乗りを受けているその背後に、黒い影が3つ襲いかかった。

 “戦争中"の鼓太郎、日高、論外の3人だった。小川とHAYATAを背後から襲撃するや、鼓太郎がブルーディスティニー、日高がトラースキックで小川をKO。すかさずマイクを握った鼓太郎は「小川良成、寝たままよく聞いとけ。次は俺と日高郁人でいく。NOとは言わせない。場所はもちろん、武道館だよ」と指定しながら挑戦を表明。すかさずHAYATAもマイクを握り「次は……お前らや」と受諾し、両軍によるGHCジュニアタッグ王座戦決定が即日発表された。

【試合後の鼓太郎&日高&論外】
▼論外「やんの? でもよ、別に“No importante"(※スペイン語で重要じゃない)だよ。全然気にしねえよ。ベルトなんか俺はいらねえ。戦争だよ、戦争。情けねえな、チャンピオンが。武道館前に。あ? こんなダサいオヤジ二人にやられて」

▼日高「戦争だから! 武器を持っていきますよ。ベルトをね。ベルトを俺たちの元に持っていきますから」

▼論外「服装もダサいけど、コメントもダサいな! お前ら! 戦争だ、戦争この野郎。ぶっ潰しちまえばいいんだよ! 言ったんだから必ず獲れよ! 俺の仕事を増やすなよ」

▼鼓太郎「持ってきてやるから安心しとけ!」