『Road to THE NEW BEGINNING』東京・後楽園ホール(2021年2月3日)
○矢野通&オカダ・カズチカ&石井智宏vsEVIL&ジェイ・ホワイト&高橋裕二郎×

 石井がNEVER6人タッグ戦へ向け、テレビ解説を務めていた後藤とともにジェイへの猛反撃を開始。オカダはEVILとの一騎打ちを実現させるべく直接勝利を予告した。

 2・1後楽園大会に乱入し、復活を宣言したジェイが石井を襲撃KOした。翌2・2後楽園大会で戦列復帰を果たすと、石井を再びKOしてNEVER6人タッグ王座挑戦をアピール。2・11広島大会でトンガ&ロアと組んで石井&後藤&YOSHI-HASHIに挑戦することが決まったばかりだった。

 前哨戦初戦となったこの日はジェイがEVIL&裕二郎、石井がオカダ&矢野とそれぞれ組んで激突。石井が逆襲ののろしを上げた。入場と同時に石井がジェイに突進し、ジェイが場外に逃げてもオカダと矢野が強制リングイン。すかさず石井がラリアットを叩き込んだが、垂直落下式ブレーンバスターは決められず。またもジェイは場外に逃避した。

 一直線に追いかけた石井だったが、外道に気を取られたスキにジェイのドラゴンスクリューを食らってしまう。高速DDTで動きを止められた石井はジェイの右足攻めに苦もん。裕二郎にタッチを渡したジェイを場外に追いかけたものの、テレビ用ケーブルで首を絞められて返り討ちにされた。

 その後もBULLET CLUBトリオにコーナー金具ホイップ攻撃を連発された石井はジェイに高速バックドロップで投げられたが、ブレーンバスターで引っこ抜いてようやく一矢報いた。ここでオカダが登場。EVIL相手にランニングバックエルボー、スライディングエルボースマッシュで攻め立てた。フェンス攻撃を連発されてもコーナー金具ホイップ攻撃でお返し。一気にツームストンを仕掛けたもののEVILが阻止した。

 ここから裕二郎に攻勢を許したオカダだったが、フラップジャックで鎮圧。代わった矢野が裕二郎のリバースDDTで劣勢となり、コーナー金具に投げつけられたが、ジェイがブレードランナーの体勢に入ると、石井がジャーマンで投げて撃退。オカダもフロントハイキックでEVILを蹴散らした。応えるように矢野がシーソーフリップで裕二郎を投げ、介入を狙ったセコンドの東郷と同士討ちさせると、ローブローからのスクールボーイで裕二郎を丸め込んで3カウントを奪った。

 自軍の勝利に終わっても石井は収まらず。ジェイを何度もフェンスに投げつけた。そこへテレビ解説を務めていた後藤も加勢。ジェイにエルボーを連発してから羽交い絞めにすると、石井が逆水平連打を浴びせた。

 2度のKO劇で屈辱を味わってきた石井だが、ジェイに一矢報いた。当然、これで屈辱が晴れるはずがなく、ジェイを「小僧」呼ばわりし、「今んとこブレードランナー二つだな。覚えてるぞオイ」とさらなる報復を見据えた石井は「たった1回の失敗でよ、現実から目を背け、挙句は逃亡か。笑かすなコノヤロー」と嘲笑。「おめぇの喧嘩買ってやる。おめぇじゃねぇな。おめぇらの喧嘩だな。獲りに来いよ」とNEVER6人タッグ戦へ向けて宣戦布告した。

 一方、オカダは未だEVILとの一騎打ちが決まらない現状にいら立ちが募るばかり。この日、2・11広島までのカード変更が発表となったばかりとあって、「オイ、新日本プロレス! カード変わったな。何で俺とEVILが組まれてねぇんだよ? 俺が言ったことは何でもやってくれるのが新日本プロレスじゃねぇのか?」と不満を爆発させた。

 ようやくEVILも着火し、対決の機運はさらに高まった。「あっちもやる気だろう? さっさと組め、新日本プロレス! いつでもいいんだ!」と改めて猛アピールしたオカダは、「組まないんだったたら、もういいよ組まないで。そしたら俺はタッグマッチで一本獲って先進んでやる」と宣言。EVILとの一騎打ちを実力で認めさせる構えをみせた。

【石井の話】「小僧、元気そうだなオイ! それにしても、ずいぶん長い間、逃げ回ってたなオイ。おかあちゃんにでも慰めてもらってたのかオイ、オラ! たった1回の失敗でよ、現実から目を背け、挙げ句は逃亡か。笑かすなコノヤロー! オイ、おめぇの喧嘩、買ってやるよ。あ、おめぇじゃねえな、おめぇらの喧嘩だな。オイ。(NEVER6人タッグベルト)獲りに来いよオイ。オイ、それから小僧、今んとこブレードランナー二つだな、覚えてるぞオイ」

【矢野の話】「オイ! バレットクラブ! てめぇらな! 押してはいけないスイッチを押してしまったんだバカヤロー!!」

【オカダの話】「オイ! 新日本プロレス!! カード変わったな。何で俺とEVILが組まれてねぇんだよコノヤロー! 俺が言ったことは何でもやってくれるのが新日本プロレスじゃねぇのか!? 俺は怒んねぇけどな、内藤さんがなんて言うかわかんねぇぞコノヤロー! あっちもやる気だろう!? さっさと組め新日本プロレス! いつでもいいんだ! 組まないんだったら、もういいよ組まないで。そしたら俺はタッグマッチで一本獲って、先進んでやる!」


【試合後のEVIL、東郷】
▼EVIL「オカダよ! おめぇはよ、もう“顔"じゃねーんだコノヤロー! てめぇはよ、必ず潰してやるよコノヤロー! なぁ、オイ」

▼東郷「オイ! ただ、恥かくだけだぜ!」

▼EVIL「よーし、行くぞコノヤロー」

【試合後のジェイ】
▼ジェイ「あれはダブルスタンダードじゃないのか? 何が起きたのかハッキリ教えてやる。もし立場が逆だったら、もし仮に俺が試合後、CHAOSに攻撃を仕掛けたとしたら、ヤングライオンとレフェリーは全力で俺を止めるだろう! でもゴングが鳴った後だというのに、ゲイブとツジは止めにも入らずただ突っ立って、俺がアイツらに一方的に攻撃されるのを見ていた」

※ここで石井がバックステージに突如現れて

▼石井「うるせぇ!」

※ジェイを襲撃。外道をエルボーで撃退し、怒声を放ちながらジェイを控室へ引きずっていく。しばらくした後、ジャージ姿のジェイがパイプイスを手に再びインタビュースペースに現れる

▼ジェイ「ほらな、俺が言った通りのことが起こっただろ! 誰もイシイの攻撃を止めないじゃないか。でも、イシイがその気なら、いつでも相手になってやる! さっきも言ったように、もし立場が逆だったら、もし俺が試合後誰かを襲撃したとしたら、真っ先にヤングライオンとレフェリーが止めに入るだろう。でも、イシイが俺を襲撃しても誰も止めようともしない! 新日本と新たな契約を結んだばかりだと言うのに、なぜ新日本はこんなにも俺を邪険に扱うんだ? スタッフもヤングライオンも新日本のスターである俺が襲撃されても知らんぷりだ! 今、プロレス界で一番話題を集めてるのは誰だ? ジェイ・ホワイトだろ! 新日本、俺がどれだけ会社に金を生み出してるのかわからないのか? 俺なしでお前らはやっていけない! ふざけるなよ! 誰か会社の奴がヤングライオンに、イシイが俺を襲撃しても止めるなと命令したのか? トーキョードーム2日目のコメントでも言ったが、俺はやっぱり会社に大事にされていない。その証拠にバックステージでイシイに襲撃され、コメントを邪魔されても、誰も止めに来なかっただろ! でも、もし、またイシイがこの場に現れたら、やってやるぞ! それから、コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインはどうなったんだ? 場外乱闘は禁止されているはずなのに、ゴトーは実況解説席からフェンスを乗り越えて襲撃してきたぞ! 新日本の責任者はいったい何をしてるんだ? 何だ、ジェイ・ホワイトを襲撃するのは例外で許されてるのか? それもレスラーだけじゃなく、解説者も含まれてるのか? (スタッフに向かって)こうして話してる今にも攻撃を仕掛けてくるのか? 新日本、責任を取れよ! もし俺が実況解説席からフェンスを飛び越えて襲撃したら、大問題になるだろ? 罰金か何らかの処分が下るはずだ! ルールを破った後藤にも同じ処分が下されないとおかしいぞ! いや、もっといい提案がある。ゴトーをNEVER6人タッグのタイトルマッチに出すな。俺とタマ、ロアの3人vsイシイと“燃える闘魂"YOSHI-HASHIの2人のペナルティマッチに変えろ! 新日本、これは命令だ! これを見たらすぐに回答をよこせ! 何もせずうやむやに終わらせようとするのなら、目に物見せてやるからな!」