『NEW JAPAN CUP 2021』宮城・ゼビオアリーナ仙台(2021年3月21日)
○飯伏幸太&棚橋弘至&オカダ・カズチカvsジェイ・ホワイト&バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ×

 NEVER王者・棚橋がジェイ迎撃に向けて「NEVER寄り道」のススメを説いた。

 王者としてNEW JAPAN CUPに臨んだ棚橋だったが、ジェイに敗れて初戦敗退。一方、勝利したジェイはNJC制覇、IWGP世界ヘビー級王者・飯伏撃破、そして2冠復活を見据えていたが、準決勝でデビッド・フィンレーに敗れて青写真は立ち消えになった。その後、ジェイはNEVER王座獲りに照準。NJCでの勝利を盾に、棚橋に挑戦を迫っていた。

 そんな状況の最中、棚橋は昨日に続き、飯伏&オカダと組んで、BULLET CLUBと激突。オカダは飯伏&棚橋と距離を取るが、気にせず逸材は先発を買って出ると、いきなりジェイと対峙した。普段はのらりくらりとファイトを展開するジェイだったが、序盤からエルボーを連打するなど積極的に試合を展開。だが、棚橋も反転式のダイビングボディアタックでやり返し、エアギターをかき鳴らした。

 その後、ジェイのセコンド・外道が介入すると、オカダが防戦一方に追い込まれたが、巨体のファレをぶん投げて場内を沸かすと、棚橋が再登場。再びジェイと相対する。「ジェイ!」と絶叫してフライングフォアアームを叩き込み、ダイブ式サマーソルトドロップも華麗に決まった。しかし、冷静なジェイはスリングブレイドをかいくぐり、バックの取り合いに持ち込むと、髪の毛を掴んでペースを乱し、DDTで挽回。捻りを加えたブレーンバスターで追撃するが、棚橋もツイスト&シャウトで痛み分けに持ち込んだ。

 最後は王者の飯伏が決めた。両軍入り乱れての混戦となると、棚橋はジェイをドラゴンスクリューで返り討ちにし、勝たす刀でオーエンズにスリングブレイドを繰り出す。ここぞとばかりに、飯伏は絶叫から飛びヒザ蹴りを一閃。前のめりに崩れたオーエンズにカミゴェをぶち込んで、試合を制した。

 試合後、棚橋とジェイは視殺戦を展開。オカダは勝ち名乗りを受けると、先にリングを降りていく。リングに残った二冠王・飯伏とNEVER王者・棚橋はともにジェイにベルトを見せつけた。

 IWGP世界ヘビー級王座狙いを公言しておきながら、NJCで脱落すると、NEVER獲りに作戦変更。次々と標的を変えるジェイに対し、棚橋は「NEVER寄り道のススメ」を説いた。「ジェイ・ホワイト、彼はまだ若いから、IWGP(世界ヘビー級)に行く前に、ちょっくらNEVER寄り道したって、時間はあるでしょう。と、俺は思うけどね。NEVERの水は甘いか、辛いか、酸っぱいか、味わっていってからでも遅くないんじゃないかな?」と提案。様々なシチュエーションでタイトル戦を戦ってきた逸材の言葉には重みがある。さらに、棚橋は「まあいろいろね狙うのはしょうがないよ。そういう貪欲なレスラーだから。ただね、先輩から一個アドバイスしとくと、気の多い男は、モテないですよ……」と忠告した。

 悠然と構える逸材に対し、ジェイは早くも臨戦態勢。「今の俺に必要なのはNEVERのベルトだ。イブシは新設されたIWGP世界ヘビー級の初代王者になるわけだが、できたばかりで何の歴史もないベルトに価値は見いだせない。まだNEVERのベルトのほうがよっぽど価値がある。タナ、チャンピオンとしての意地があるなら、俺の挑戦を受けるに決まってるよな」と猛アピールし、「NEVERのベルトを懸けろ。会社に頼め。お前のリクエストなら喜んで聞いてくれるはずだ。これで決まりだろ。タナ、お前の残り時間も少ないんだから、急いだほうがいい。それじゃ、日にちを決めろ」と早期決定を迫った。

【オカダの話】「まあ、CHAOSと本隊(が組んだわけ)だし、まあ仲良し子良しじゃないからね。うまくいかないことだってあると思うけども、まあ今日で『NEW JAPAN CUP』も終わりで、どうやら俺はまだまだIWGPは遠いらしいんで。まあ今で言えば、IWGP世界ヘビーが遠いのか、IWGP世界は遠いのか、よくわかんない日本語になってるけども、まあ、IWGP世界ヘビーの人には、迷わずに行ってもらいたいね。迷わず行けよ、行けばわかるさ。その先には、このオカダ・カズチカという男が立って、迷った分をしっかり正してやる」

【棚橋の話】「(※NEVER無差別級のベルトを左肩にかけ、抱きしめるように持って)ああ……昨日、そして今日と、こうやってね、大会を無事、開催できることにね、まずは感謝します。ようし! はあ、ジェイ、ジェイ・ホワイト、彼はまだ若いから、IWGP(世界ヘビー級)に行く前に、ちょっくらNEVER寄り道したって、時間はあるでしょう。と、俺は思うけどね。NEVERの水は甘いか、辛いか、酸っぱいか、味わっていってからでも遅くないんじゃないかな? いやあ、でもね、彼にしてみらたら、IWGPヘビー……NEVER、まあいろいろね狙うのはしょうがないよ。そういう貪欲なレスラーだから。ただね、先輩から一個アドバイスしとくと、気の多い男は、モテないですよ……」

※飯伏はノーコメント

【ジェイの話】「今日のイブシはやたら調子に乗ってるようだったな。(4・4両国の)『SAKURA GENESIS』で挑戦が叶わなくなった俺に対してベルトを見せびらかしてきたり、普段のあいつらしくなかった。あいつ完全におかしくなってきたな。俺は自らの手で新しい次なる章を切り開いていくと言った。タナ、俺の新たなストーリーにお前の重要なパートが用意されてるぞ。そうだ、今の俺に必要なのはNEVERのベルトだ。イブシは新設されたIWGP世界ヘビー級の初代王者になるわけだが、できたばかりで何の歴史もないベルトに価値は見いだせない。まだNEVERのベルトのほうがよっぽど価値がある。タナ、チャンピオンとしての意地があるなら、俺の挑戦を受けるに決まってるよな。後楽園ホールで俺に負けたお前は、借りを返したいと思ってることだろう。俺は喜んでもう一度お前と戦ってやるぞ。ただし条件は一つ、NEVERのベルトを懸けろ。会社に頼め。お前のリクエストなら喜んで聞いてくれるはずだ。これで決まりだろ。タナ、お前の残り時間も少ないんだから、急いだほうがいい。それじゃ、日にちを決めろ」

※ファレ&オーエンズはノーコメント