『NEW JAPAN CUP 2021』宮城・ゼビオアリーナ仙台(2021年3月21日)
○タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKIvs上村優也&ゲイブリエル・キッド&辻陽太×

 タイチ&ザックがIWGPタッグ王者のGODに決着戦を要求した。

 タイチ&ザックは2・10広島でタッグ王者の“GOD"トンガ&ロアに挑戦。奪われていたアイアンフィンガー・フロム・ヘル奪還を果たしたが、タイチがそのアイアンフィンガーを使って暴走し、まさかの反則負けに。試合で圧倒したものの、ベルト奪取を逃した。その後、タイチとザックはタッグ活動を休止し、NEW JAPAN CUPに照準を合わせたが、どちらも決勝進出に失敗。そこで、改めてタッグ戦線に狙いを定め、再浮上を見据えていた。

 この日はDOUKIと組んで、ヤングライオンの辻&上村&キッドと対戦。タイチとザックはNJC予選敗退の憂さを晴らすように、若い3人を痛めつけた。場外戦になると、タイチはカメラ用のマイクケーブルで辻を絞め上げ、その後ものど輪を駆使して猛攻。ザックもねちっこい関節技で上村をいたぶり、同郷のキッドを逆片エビ固めで絞め上げる。その後もやりたい放題にヤングライオンを痛めつけた。

 辻も粘りを見せて、タイチを懸命に攻め立てたものの、追い詰めるには至らず。タイチはスピアーを空転させ、ジャンピングハイキックをぶち込むと、デンジャラスバックドロップで辻を葬った。

 試合後、タイチはのど輪で辻をさらに暴行。佐藤レフェリーの首にまで手を出す。ザックは場外でキッドを関節技に捕獲し、鼻に指を突っ込んで絞め上げた。それでもタイチ&ザックの気持ちは晴れなかった。

 ここ数試合、毎回GODを名指してこき下ろしてきたが、タイチは今日も「言ってる通り、早くあいつら帰ってこい。キン○マ・トンガ、タ○キン・ロア。逃げてんのか、お前ら?」と徹底挑発。「勝ち逃げ? 勝ってねえよな。勝った気になってねーだろ、お前ら、あれじゃあよ? 試合で完璧に負けてたんだよ。たまたま、俺があれ(アイアンフィンガー)に憑依されただけで。こいつに憑依されただけで。俺らは負けたわけじゃねえんだ。ルールに負けただけだ」と言い張り、「いいな、決着といこうぜ」と決着戦を要求した。

 ザックも「今、俺たちが見てるのはタッグのベルトだけだ。早く戻って来るんだな、GOD。さっさと日本に戻って来い。お前らは俺たちと戦わないといけないんだ」と追随。タイチは「どこ行ってんのか知らねえけどよ。やらねえんだったら、俺らが行くぞ、そっちに」とアメリカまで追いかける覚悟まで示した。

【試合後のタイチ&ザック&DOUKI】
▼ザック「(※パイプイスを頭に乗せて頭部を守り、頭上をしきりに気にしながらコメントスペースに入ってきて)ダイジョーブ?」

▼タイチ「大変な目に遭ったよ、昨日は。(ホテルの)エレベーターが動かないでな」

▼ザック「10階まで階段で上がらないといけなかった。もう地震が起きなければいいけど」

▼タイチ「何時間俺ら、時間潰したと思ってんだ。大変な目に遭ったよ、チクショー」

▼ザック「最近、頻繁に起こってるよな。もう、地震とマスター・ワト、そしてコールドプレイの曲はこりごりだ。地震なんてなければいいのに。本当に嫌だ。もうこりごりだ」

▼タイチ「まあ、さすがだな。昨日あんなことあっても、興行やり遂げるって。さすがだな。褒めてやる(※と言って拍手する)。わかってるよ。いいんだよ、あんな若いヤツら当てなくたって。汗もかきゃしないんだよ。言ってる通り、早くあいつら帰ってこい。キン○マ・トンガ、タ○キン・ロア。逃げてんのか、お前ら? 勝ち逃げ? 勝ってねえよな。勝った気になってねーだろ、お前ら、あれじゃあよ? 試合で完璧に負けてたんだよ。たまたま、俺があれに憑依されただけで。(※首から下げていた袋からアイアンフィンガーを取り出し)こいつに憑依されただけで。俺らは負けたわけじゃねえんだ。ルールに負けただけだ。いいな、決着といこうぜ。そうだ、かかってこい。これもおとなしくなった。その状態でな。すぐ戻って来い。どこ行ってんのか知らねえけどよ。やらねえんだったら、俺らが行くぞ、そっちに。(※DOUKIに向かって)お前もだぞ。お前もいいのか、邪道にやられたままで。邪道と3人でかかってこい。(DOUKIを加えた)3人で相手してやる」

▼ザック「3年前に『NEW JAPAN CUP』で優勝した俺も、今日は第1試合でヤングライオンの相手か。でも俺は、ゴトーみたいにずるずる後退しないから、心配してくれなくてもいい。今、俺たちが見てるのはタッグのベルトだけだ。早く戻って来るんだな、GOD。さっさと日本に戻って来い。お前らは俺たちと戦わないといけないんだ」

▼タイチ「新たな新日本プロレスの世界戦略、みてみるか」

▼ザック「必要があるならそうしてもいいけど、できれば日本でやりたいな。あいつらがとっととこっちに来れば済むだけの話だ。待ってるぞ」

▼DOUKI「(※1人残って)デンジャラス・テッカーズがGODに、また照準合わせたな。俺はよ、いつも邪道とシングルやらせろやらせろ言ってるけど、先にやんなきゃいけないことがあるよな。このな、タイトルマッチ組まれるだろ。組まれたら、それがシングルマッチより、一番大事なことだ。邪道を含めて、俺がしっかり止めてやるよ」

【キッドの話】「ザック・セイバーJr.、お前にこれだけは言わせてもらう。俺がお前の眼中にないことは見ればわかるが、俺はまだお前を倒してない。いつかお前を倒してやるから。覚悟しとけ……」

【辻の話】「Twitterのプロジェクトは昨日で終わった。結果、3.6万だったけど、3.6万人もが俺のことを応援してくれたことに、とても感謝してます。ありがとうございます(※と言って頭を下げる)。はあ……内藤さんが達成できなかった時のリスクを考えろって。メリットは、内藤さんと試合ができること。デメリットはなんだ? 最大のリスクは。スクワット1000回か? 練習生からやり直しか? そんなこと求めてないよな? 一番は、俺が内藤さんとの戦いを諦めること。ただ、そんなことは絶対にしない。だから俺なりに考えたんだ。何がリスクになるかと。俺の答えはこうだ。いつか俺が、IWGP世界ヘビー級王者になった時、挑戦者として内藤さん、あんたを指名する。これが俺の答えだ。こんなこと言ったら、お前にそんなことできるはずない、そう言う人もいるだろう。ただ、夢や希望を与える俺たちが、夢を持たなきゃ、どうやって夢を与えられるっていうんだよ。なんとでも言え。これが俺の答えだ」

【上村の話】「今日も……相手につかまって、やられっぱなしで、返すのが精いっぱいでしたけど……DOUKI、あんた、悔しくねえのかよ? 俺は今日の試合、すげえ悔しかったよ。もっとやれるだろ? 俺も、もっとやりてえんだよ。こんなもんじゃ、終わらせられない。そしてもう一個。鈴木軍なのに、なんでボスの鈴木みのるがいないんだよ? 最近、鈴木みのるについて何も言わなかったけど、俺はずっと思ってるからね。俺は、自分の力で、あんたを絶対、振り向かせてやるよ。俺とシングルマッチで戦わせたいって、そうやって思わせてやる。また次のシリーズ、その次のシリーズも、誰と試合するかわかんないですけど、俺が狙ってるってこと、絶対……。俺は逃がさないよ。覚悟しとけ。ありがとうございました」