全日本は22日、世界ジュニアヘビー級選手権試合「CIMAvs佐藤光留」を4・25後楽園大会で行うと発表した。

 3・21京都大会でCIMAがイザナギを退け、世界ジュニア初防衛に成功。試合後、光留が「CIMAさんの知らない修羅場、山ほどくぐってきました。今まで感じたことのない痛み、あなたに教えて、そのベルトを必ず獲ります」と挑戦の名乗りを上げた。CIMAも受けて立ち、「2021 Champion Carnival」開催中の4・25後楽園大会で両者のタイトルマッチが実現することになった。

 光留は昨年5・16TVマッチで第52代王者・横須賀ススムに挑んで以来、約1年ぶりの世界ジュニア挑戦。勝てば2017年7月に第43代王者から陥落以来、3年9ヵ月ぶり3度目の戴冠となる。詳細は以下の通り。


☆4/25(日)東京・後楽園ホール『2021 Champion Carnival』11:30開始

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
佐藤光留
vs
CIMA
[第54代王者]
※CIMA2度目の防衛戦

▼「2021 Champion Carnival」公式戦
大谷晋二郎
(1/30)
芦野祥太郎

▼「2021 Champion Carnival」公式戦
佐藤耕平
(1/30)
石川修司

▼「2021 Champion Carnival」公式戦
ジェイク・リー
(1/30)
ゼウス

▼「2021 Champion Carnival」公式戦
宮原健斗
(1/30)
諏訪魔

※他、数試合予定、対戦カードは決定次第お知らせ致します