『Road to レスリングどんたく2021』東京・後楽園ホール(2021年4月18日)
○後藤洋央紀&棚橋弘至&矢野通&石井智宏&YOSHI-HASHIvsEVIL&KENTA&高橋裕二郎&石森太二&外道×

 矢野がKOPW争奪戦に向けて、黒頭巾を投入し、さっそくEVILを翻ろうした。また、KENTAは明日(19日)のYOSHI-HASHI戦に向けて、愛する“棒ちゃん"に「明日は俺、一人で行くから。棒ちゃんは来なくていいから。男と男の戦い、ね、棒ちゃんは控え室で見てればいいから」と告げた。

 4・28鹿児島大会で行われる王者・矢野と挑戦者・EVILのKOPW争奪戦。気になる試合のルールは、Twitterでのファン投票の結果、EVIL提案の「ダークネスマッチ」を907票差で抑え、14793票を集めた矢野提案の「暗闇創造黒頭巾マッチ」に決定した。「4本の鉄柱にセットされた黒頭巾を相手に被せた場合のみ、ピンフォール、ギブアップ、場外カウント、KOカウント等の決着が有効となる」という特殊な形式になるが、矢野はさっそくこの日、行われたCHAOS&棚橋連合軍とBULLET CLUBの10人タッグ戦でEVILに仕掛けた。

 序盤から黒頭巾を投入した矢野だったが、ここではEVILに奪われて失敗。逆にEVILのセコンド・東郷の介入を受けて、黒頭巾を被らされてしまう。暗黒にトラウマを持つ矢野は、それだけでパニック状態になり、前後不覚となって悲鳴。それでもなんとかEVIL狙いはかいくぐって次なるチャンスを待った。

 そして終盤、東郷がスポイラーチョーカーを持って乱入した場面で、今度こそ黒頭巾を被せて制裁。慌ててEVILがリングに飛び込んだものの、2人まとめて金的攻撃で返り討ちに。さっそくEVILを翻ろうして、KOPW戦に弾みをつけた。

 明日4・19後楽園では「KENTAvsYOSHI-HASHI」「裕二郎vs石井」「石森vs後藤」のシングル3連戦、あさっての4・20後楽園ではCHAOSトリオにBULLET CLUBの3人が挑むNEVER6人タッグ戦が控えているだけに、この試合では両軍が激しく火花。“棒ちゃん"を巡って抗争中のKENTAとYOSHI-HASHIも感情むき出しで殴り合ったが、最後は後藤&YOSHI-HASHIが合体技・GYWで外道を仕留めて、2連戦に弾みをつける形となった。

 YOSHI-HASHIは「明日、いよいよシングルマッチ、オイ! とりあえず明日、お前を叩きのめして、オイ、その棒、俺の所有物だからな、オイ! 明日返してもらう。覚悟しとけ!」と棒奪還を予告したが、対するKENTAは“棒ちゃん"と愛を育んできただけに、渡す気はさらさらない。「明日はいよいよ、ブスとのシングル。棒ちゃん、明日は俺、一人で行くから。棒ちゃんは来なくていいから。男と男の戦い、ね、棒ちゃんは控え室で見てればいいから」と告げて決意をみなぎらせると、「マジ、ブス。アイツ、マジ、1対1で終わらせてやっから。タイトルマッチ前に、息の根止めてやるよ、あのブス」とYOSHI-HASHI抹殺を誓った。

【石井の話】「アイツ、結局何なんだ。何もインパクト残せてねぇじゃねぇか。明日がラストチャンスだ。だがよぉ、ただの前哨戦だと思ったらお前、痛い目あうぞ。あぁ!? オメェはもうそのまんまだ。そのまんまのレスラーだ」

【矢野の話】「オイ、EVIL、ディック東郷! (※黒頭巾を腹話術の人形のように出して)ルールが決まったな! ルールが決まったよ。俺が提案した『暗闇創造黒頭巾マッチ』に決定したよ、オイ! 分かるか! それに決まったってことはなぁ、お前になぁ、恐怖を味わわせてやる、バカヤロー!」

【後藤の話】「オイ、いよいよラストだな。オイどうすんだ、石森。俺は絶好調だぜ、オイ! ミンチにしてやるよ」

【棚橋の話】「ヨシ! ホントにねぇ、(※親指と人差し指で『少し』を示し)毎日、毎日の過ごし方を少し気をつけるだけで、コンディションがグングン上がってきてる。ここ数年なかったかな、この感覚。ヒザの痛み、そういうものを筋力で補いながらね。さっき後藤選手が(絶好調だと)言ってたけど、いーや、俺の方が絶好調だから。ヨシ!(※肩にかけたNEVER無差別級のベルトを示し)このNEVER、『逸材三原則』とシンクロしてるから。『疲れない=NEVER TIRED』。『落ち込まない=NEVER MIND』。『諦めない=NEVER GIVE UP』。オシ! ジェイが来ない、いない、前哨戦だけど、大丈夫。俺一人で、盛り上げてやるから」

【YOSHI-HASHIの話】「明日、いよいよシングルマッチ、オイ! とりあえず明日、お前を叩きのめして、オイ、その棒、俺の所有物だからな、オイ!明日返してもらう。覚悟しとけ!」

【裕二郎の話】「今ここで、約束するよ。明日、明後日の2日間で、全てを、ひっくり返してやるよ!」

【KENTAの話】「(※棒を持ってインタビュースペースに登場すると)オイ、見た? こないだの、こないだの後楽園のアレ、見た? 連れ去り。(※ビデオカメラに)見た? (※カメラ、うなずくと)目の前で自分の女連れ去られた気持ち、分かる? (※棒に対して)メッチャ怖かったよねぇ、アレね? ちょ、お前、何なんアイツ? 何なんアイツ? しかもアイツから、棒ちゃんに対する思いみたいなの、(※棒に)全然感じないよね、アイツね? それで、聞こえなかった? 棒ちゃんの『ヘルプ・ミー!』っていう声、(※ビデオカメラに)聞こえなかった? (※棒に)ねぇ、棒ちゃん。でもああいう時はねぇ、『助けてー!』って日本語で言ってくれたほうがスッと行くから。ね? (※ビデオカメラに)聞こえた? あの声、聞こえた? (※カメラがうなずくと)聞こえたの? え、大丈夫? ……まぁいい、それは。(※棒に)ね、棒ちゃんね。で、明日はいよいよ、ブスとシングル。棒ちゃん、明日は俺、一人で行くから。棒ちゃんは来なくていいから。男と男の戦い、ね、棒ちゃんは控室で見てればいいから。マジ、ブス。アイツ、マジ、1対1で終わらせてやっから。タイトルマッチ前に、息の根止めてやるよ、あのブス。(※棒に)ね。だから結局、俺が、何が言いたいかっていうと……(※ビデオカメラに向き直って、金八先生の声マネ?で)はい、先生、棒を手にしました。棒を手にするということはどういうことか分かりますか? 『棒を手にする』。棒という字を、『てへん』に変えてください。『捧げる』という字になります。棒を手にするということは、お互いの思いを捧げ合うということです。皆さんにとっても、人生の棒を手にする日が来ることを、先生、心から願ってます。卒業おめでとう! 気をつけ! 礼! (※と、一礼)」

【EVILの話】「(※東郷とともに痛そうにうめきながらインタビュースペースに現れ、手にしていたイスに座ると)オイ、いいか矢野。お前がいくらあがこうと、勝ち目は、お前にはねぇんだよ。なぜならば、闇は俺が支配してるからだ。つまり、お前はもう死んでるってことだ。よく、覚えとけ! (東郷に)行くか…(※と、連れだって控室へ)」

【石森の話】「(※インタアビュースペースの床に座って)後藤! 栃木のコメント、見たけどよぉ。『ちびっ子に夢を与える』って何だよ!(笑) 俺、戦隊ヒーローショーやってるんじゃねぇんだよ! お前は女々しいうえに、頭も悪いのかよ! ま、天然なのかもしれねぇけど。……まぁいい。明日、俺が、またお前から3カウント取ってやるよ。今夜は『消灯!』って言う前に、棒ちゃんの力じゃねぇ、また違う、女々し〜い言い訳を考えて、それから寝るんだぞ」

※外道はノーコメント