『MAX BUMP 2021』東京・後楽園ホール(無観客/2021年5月4日)
○大石真翔&秋山準&岡田佑介vsHARASHIMA&大鷲透&平田一喜×

 6・6さいたまSA大会に向けて、KO-D王者・秋山が「全部に勝つつもりでいく」と“全試合"に宣戦布告。挑戦者のHARASHIMAとは無観客大会ながらも前哨戦で激しくやり合った。

 KO-D無差別級王者・秋山は“DDTのアイコン"ディーノを撃破すると、“DDTの強さの象徴"であるHARASHIMAを次期挑戦者に指名。『CyberFight Festival 2021』(6月6日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)でのV3戦が決定した。前哨戦ロードでKO-Dタッグ王座戦が実現するなど白熱。今宵は秋山が大石&岡田と、HARASHIMAが大鷲&平田と組んで激突した。

 空気を読まずにいきなりマイクを持った平田が秋山…と思わせて大石を挑発するが、それを無視した秋山とHARASHIMAが先発。緊張感溢れるグラウンド戦でせめぎ合った。その後、平田が大石、そして秋山にギブアップを奪われる場面が見られたが、大鷲が空気を読んでレフェリーの注意を引きつけたため、試合は続行に。

 再び2人は対峙すると、HARASHIMAが猛攻。ジャンピングハイキック、ファルコンアローと惜しげも無く大技を連発すると、こん身のミドルキックで秋山を蹴り倒した。しかし、王者も引かず。カウンターのラリアットからアクセルを踏むと、ランニングニーをズバリ。エクスプロイダーも火を吹いた。譲らないHARASHIMAはすぐさま立ち上がって蒼魔刀を一閃。無観客とは思えないタイトル戦さながらの白熱した戦いは痛み分けとなった。

 終盤は大石と平田が激しく火花。加勢に飛び込んだHARASHIMAは、さらに秋山を足止めしようとプランチャへ。だが、冷静に戦況を見定めた秋山はヒザ蹴りで迎撃。直撃を受けたHARASHIMAは場外で崩れ落ちた。その間に、大石が平田を丸め込み、キッチリと3カウントをもぎ取った。

 試合後、ロープを挟んで視殺戦を繰り広げた両者。徐々に決戦が迫りつつあり、3大タイトル戦も決定したが、秋山は「全部に勝つつもりでいく」と他の全試合に向けて宣戦布告した。

 「武藤さんもそうだし、丸藤もそうだし、みんなに負けたくない、一番の試合をしたいと思うだろうし、俺もそうだし。結果、どうなるかそれはわからない。もしかしたら、ダメになるかもわからない。でも、みんながそういう気持ちで。俺らだけじゃないよ。みんながその日一番の試合を狙っていったら、絶対にいい大会になるから」と全方位にゲキを飛ばしつつも、「もちろん俺もそう。俺は今、これ(ベルト)を持ってて、DDTのチャンピオンで、代表で。外様だけどな。だけど、このDDTのいろんなものを背負って、俺はいくつもりだから。俺は負けられないし、負けないし。もちろん武藤vs丸藤にも、女の子たちにも負けたくないし。そのつもりでいく」と主役奪取を誓った。

 一方、ヒザ蹴りで大ダメージを負ったHARASHIMAは「相変わらずすべてを見せない魔性を感じた。最後はいいヒザをもらいましたし、僕もヒザにはこだわりがあるんでね。次はやり返しますよ」と逆襲を予告した。

 秋山は大石とタッグリーグ出場を控えており、現状決定している前哨戦は明日(5日)の浜松大会のみ。いやがうえにも決戦ムードが高まってきた。


【試合後の秋山&大石】
▼秋山「やるたびに彼からはプライドを感じるな。面白い選手だよ。6月6日まで、前哨戦もあと1つ、2つ」

▼大石「あと1個です」

▼秋山「そこで全部見ないといけないな。まあ、俺は見せないけど」

――3大タイトルマッチが出揃って、ますます比較されることになるが?

▼秋山「比較されるでしょうね。それは当たり前のことで。もちろん全部に勝つつもりでいくし、サイバーエージェントのグループを上げることも目標だし、全部それはいっぱいありますね。自分も上げないといけないし、DDTを上げないといけないし、このサイバーファイト自体も上げないといけないし、たくさん使命がかかって。ただ、竹下は昨日行ったんだっけ? あっち(ノア)に」

▼大石「行ってました」

▼秋山「清宮もプロレス界どうのこうのって言ってるけど、お前らプロレス界のことなんか考えなくていいから。清宮何年になる?」

▼大石「4年とか」

▼秋山「たいだい4年ぐらいでプロレス界のことを考えるって言わせている団体もどうかと思う。あんなもん、自分で思いっきりやれと。竹下、上野をやっつけてこいと。『プロレス界はお前ら関係ないんだよ。思いっきりいってこい、暴れてこい』って言うぐらいじゃないとさ。俺はそう思うよ。ノアさんは思うかどうか知らないけど、俺がもしそこにいたら、『プロレス界のことなんか考えるな。そんなのあとからついてくるんだから、お前ら思いっきりやれ』と。その点では竹下は目の前のヤツを倒すと。俺はあれが一番若者らしくていいよ。俺は竹下にはさ、いろいろ手厳しいことも言ったけど、今回のあの言葉はあれでいいんだよ。目の前のヤツに勝つ。それだけでいいよ。それだけでいい」

――武藤-丸藤戦も決まったが、対抗心はある?

▼秋山「それはもちろんありますよ。彼らもそうだろうし。武藤さんもそうだし、丸藤もそうだし、みんなに負けたくない、一番の試合をしたいと思うだろうし、俺もそうだし。結果、どうなるかそれはわからない。もしかしたら、ダメになるかもわからない。でも、みんながそういう気持ちで。俺らだけじゃないよ。みんながその日一番の試合を狙っていったら、絶対にいい大会になるから。『俺は1試合目だから、別に1試合目の試合をしよう』と。そんなんじゃないから。みんながメインを取る。今日この日、一番の試合だったって言われるぐらいみんながやれば、絶対にいい大会になるから。みんながそういう気持ちで。もちろん俺もそう。俺は今、これ(ベルト)を持ってて、DDTのチャンピオンで、代表で。外様だけどな。だけど、このDDTのいろんなものを背負って、俺はいくつもりだから。俺は負けられないし、負けないし。もちろん武藤vs丸藤にも、女の子たちにも負けたくないし。そのつもりでいく。みんなそのぐらいの気持ちでいってもらいたい」