『Road to WRESTLE GRAND SLAM』東京・後楽園ホール(2021年5月26日)
○内藤哲也&SANADAvs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI×

 内藤がNEVER6人タッグ王者のYOSHI-HASHIを直接ピンフォール。試合後には集団暴行を加えて宣戦布告し、SANADA&BUSHIとのトリオでタイトル挑戦を表明した。

 内藤と石井の遺恨再燃とともに、今シリーズ勃発したロス・インゴ軍とCHAOS軍の抗争。前夜の後楽園では石井と後藤がNEVER6人タッグ王座に挑戦してくるよう挑発し、タイトル戦まで浮上していた。そんな中、後楽園3連戦最終日のメインで、ロス・インゴ軍の内藤&SANADAとCHAOSの後藤&YOSHI-HASHIが激突。ロス・インゴ軍のセコンドには、この日試合がなかったBUSHIがついた。

 序盤から両軍ともに連係攻撃を駆使して火花。捕まる展開が続いた後藤だったが、YOSHI-HASHIの援護を受けて息を吹き返すと、SANADAを強く意識する。エルボー合戦でやり合うと、意地になって互いに背中をにかきむしり、GTR狙い、Skull End狙いを読み合って競り合った。

 内藤とYOSHI-HASHIも激闘を展開。感情むき出しのエルボー合戦を繰り広げると、内藤がマンハッタンドロップ、コルバタ、コーナーミサイルと怒とうの畳みかけを仕掛ける。デスティーノにつなげるべく、YOSHI-HASHIの首に集中攻撃。YOSHI-HASHIもジャンピングパワーボムで反撃したものの、SANADAが加勢すると、息を吹き返した内藤は雪崩式フランケンでチャンスを掴んだ。

 リングになだれ込んだ後藤がラリアットでロス・インゴ軍をナデ斬りにすると、CHAOSコンビは一転して内藤に猛攻。YOSHI-HASHIのトラースキック、後藤の牛殺し、YOSHI-HASHIのランニングダブルニーが立て続けに火を吹いた。内藤が後頭部へのバックエルボーを乱れ打っても、YOSHI-HASHIはカチ上げ式ラリアットを連発して鎮圧。ここが勝負所とカルマの構えに。

 しかし、内藤がこらえると、SANADAがドロップキックで介入。内藤の延髄斬り、SANADAのバックドロップが連続して決まると、すかさず内藤がジャックナイフ式エビ固めで押さえ込み、ワンチャンスをものにして逆転の3カウントを手にした。

 23分を越す接戦の末、内藤が6人タッグ王者のYOSHI-HASHIを直接ピン。マイクを持った内藤は、「今シリーズの俺のテーマはBUSHI、そしてSANADAの気持ちを確かめること。鷹木信悟のどんどん前に前に出ていく姿勢を見て、俺は悔しかったよ。2人も俺と同じような気持ちがあるのなら、俺たちもそろそろ動き出そうぜ」と宣言する。そして、「なあ、BUSHI。悔しい気持ちがあるんだろ? なら、俺たち3人でNEVER無差別級6人タッグ王座への挑戦どうだ? なあ、SANADA。悔しい気持ちがあるんなら、俺たち3人でNEVER無差別級6人タッグのベルト、狙いにいこうぜ」と確認すると、BUSHIとSANADAも挑戦の意志を示した。

 すると、内藤は「ではでは、内藤&BUSHI&SANADAでNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦させていただきますよ」と決意。一度バックステージに下がったYOSHI-HASHIをリングに呼び戻し、「俺たち3人の挑戦を受けるのか、それとも受けないのか。YOSHI-HASHIの答えを聞かせてくれよ」と迫った。が、YOSHI-HASHIがマイクを持った瞬間、BUSHIがTシャツを使ったチョーク攻撃で襲撃。3人がかりのストンピングで暴行し、実力行使に打って出る。

 慌てて後藤が救出に飛び込み、ロス・インゴ軍を場外に排除。怒り心頭のYOSHI-HASHIは「おい、お前ら、安心しろ。やってやるよ! おい、このNEVER6人のベルト、簡単に獲れるもんなら獲ってみろ!」と絶叫し、両軍のタイトル戦が決定的となった。

 「石井さん、今日いねぇけど、必ずこう言うよ。『テメェらみんなぶっ殺してやる』って」(YOSHI-HASHI)、「アイツらは、絶対に怒らせちゃいけねぇものを、怒らせたんだよ」(後藤)とCHAOS勢は激昂。一方、「勢いがあるのは鷹木信悟だけじゃないってのを俺たち3人で結果として、見せなきゃいけない」(BUSHI)、「俺はもうすでにNEVER第1回目の防衛戦をイメージして、コンディション整えとく」(SANADA)とロス・インゴ軍もすでに臨戦態勢で、内藤は「NEVER無差別級6人タッグ王座戦、一体いつやる? 6月1日の後楽園ホール? 6月2日の後楽園ホール? 6月4日の大田区総合体育館? それとも6月6日、大阪城ホール? やるタイミングは彼らにお任せするよ。好きなタイミングをじっくり考えて選んでくれよ」と上から目線で正式決定を迫っていた。

【内藤の話】「YOSHI-HASHIのマイク聞いた? 俺たちの挑戦を受けてくれるんだってさ。これで決定だね。ところで、YOSHI-HASHIは昨日、39歳の誕生日を迎えたらしいね。フェリス・コンプレアニョス! 誕生日おめでとうございます。最後の行動は我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンからの誕生日プレゼントだよ。さぁ、NEVER無差別級6人タッグ王座戦、一体いつやる? 6月1日の後楽園ホール? 6月2日の後楽園ホール? 6月4日の大田区総合体育館? それとも6月6日、大阪城ホール? やるタイミングは彼らにお任せするよ。好きなタイミングをじっくり考えて選んでくれよ。カブロン!」

【SANADAの話】「俺はもうすでにNEVER第1回目の防衛戦をイメージして、コンディション整えとく」

【BUSHIの話】「今、リング上で俺たち3人の意志は固まった。NEVER無差別級6人タッグのベルトに挑戦させてもらう。チャンピオンチームもさっき言ったよね? 『やってやる』って。日にちはお任せするよ。勢いがあるのは鷹木信悟だけじゃないってのを俺たち3人で結果として見せなきゃいけないからね」


【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】
▼YOSHI-HASHI「オイ。石井さん、今日いねぇけど、必ずこう言うよ。『テメェらみんなぶっ殺してやる』って」

▼後藤「石井さんも、きっとやる気だろうよ。やってやるぜ」

▼YOSHI-HASHI「絶対、ワールド見てると思う。あの人が言うまでもなく、俺たちはいつでもいってやるよ。それだけだ。覚悟しとけ。そう簡単にな、オイ、このベルト、持っていけると思うなコノヤロー!」

▼後藤「アイツらは絶対に怒らせちゃいけねぇものを、怒らせたんだよ」