6・6さいたまスーパーアリーナ大会『CyberFight Festival 2021』へ向けた会見が4日、東京・渋谷区のAbemaTowersで行われ、上野勇希と組んでノア・清宮海斗&稲村愛輝との対抗戦に臨む竹下幸之介が「120パーセント負けることはあり得ない」と豪語し、「僅差じゃなくて大差で勝ちたい」と圧勝を予告した。

 DDTvsノア対抗戦5試合が組まれている6・6サイバーファイトフェス。第9試合ではDDT・竹下&上野とノア・清宮&稲村の新世代タッグ対決が実現する。KO-D無差別級王座戦「秋山準vsHARASHIMA」、GHCヘビー級王座戦「武藤敬司vs丸藤正道」がトリプルメインイベントとして並んだ中、両団体の次代を担う4人の対戦は2大タイトルマッチを上回るインパクトを残し、未来を見せることが期待される。

 この一戦が決まった時、竹下は「この試合がメインでいい」と発言していた。「その日の一番を狙いたいという気持ちはありましたし、僕たちの試合がメインイベントの方がCyberFightとしての未来につながる」との思いがあったからだが、「一人でもああいうリングに立つべきではないような精神状態で、その試合がメインになるということは、タイトル戦もあるなかで失礼極まりないこと」と翻意した。

 竹下の発言が指しているのは、言うまでもなく苦悩が続く清宮だ。新世代エース対決として注目される両者だが、今のままでその図式に見合う戦いになるか懸念されるところ。竹下は「清宮選手が落ち込んでいる。その清宮選手の物語に僕たちは1ミリも付き合う気はない。そのまま来るんだったら僕たちはさっさと勝って、DDTの強さを見てもらうだけ」と突き放した。

 これから団体の未来を創っていく者同士の戦いだからこそ、竹下は「どの試合もなんですけど、この試合が一番負けたらダメなんですよ」と勝負論のある戦いとなることを強調した。当然、絶対の自信があるからこそで、「あえて言わせてもらうと、120%負けることはあり得ない」と断言。「清宮選手がああいう精神状態なんで。勝って当たり前すぎるんで。僅差じゃなくて大差で勝ちたい」と圧勝劇を描いた。

 「そのなかで、DDTの明るい未来を見せたいんで。勝って当たり前の上で、プラスアルファを見せるというのを、一つ背負っちゃおうかなと思います」。自らにさらなるハードルを課した竹下は、「僕と上野は何をするべきかと言うと、今後のDDTはこうだ、DDTの未来は明るいんだというのをDDTのファン、ノアのファン、もっと言えば世界のプロレスファンに、プロレスを見たことないような人にも届けるのが使命だと思うんで。それを見せつける一戦にしようと思います」と高い志とともに誓ってみせた。

 パートナーとなる上野も同じ思いだ。「僕たちがメインじゃないと分かったときに、この若い4人でしのぎ削ってやっていこうというなかで、そんな熱量ない人がいて。もはや残念でもない」と清宮をチクリと批判し、「それでも僕らは全力でパフォーマンス出しますし、DDTの強さ、すごさを出すだけですから、それ以上でも,それ以下でもない」と言い切っていた。


【会見の模様】
▼竹下「いつもビッグマッチに臨むときは、その日のことしか考えてないんで。今さら言葉を並べてもしょうがないんですけど。4人でこの日の一番を目指そうと思ってたけど、清宮選手がああいう精神状態なんで。勝って当たり前すぎるんで。僅差じゃなくて、大差で勝ちたいと思います」

▼上野「この試合は対抗戦ということで、清宮さん、稲村さんが背負ってるノア。僕と竹ちゃんが背負ってるDDTをぶつけ合って。負けるイメージもないし、負けることもないんで。僕たちのプロレスは楽しいから強いんだ、ということを証明したい。負けそうになることもない」

▼竹下「その日の一番を狙いたいという気持ちはありましたし、僕たちの試合がメインイベントの方がCyberFightとしての未来につながると思ってましたけど。一人でもああいうリングに立つべきではないような精神状態で、その試合がメインになるということは、タイトル戦もあるなかで失礼極まりないことなんで。清宮選手が落ち込んでいる。その清宮選手の物語に、僕たちは1ミリも付き合う気はない。そのまま来るんだったら僕たちはさっさと勝って、DDTの強さを見てもらうだけ」

▼上野「トリプルメインイベントが出る前は、僕たちが本気でメインやって、サイバーフェスを成功させてやろうと思ってたけど。僕たちがメインじゃないと分かったときに、この若い4人でしのぎ削ってやっていこうというなかで、そんな熱量ない人がいて。もはや残念でもないと言うか、それでも僕らは全力でパフォーマンス出しますし、DDTの強さ、すごさを出すだけですから、それ以上でも,それ以下でもないです」

▼竹下「メディアもSNSも出ているなかで、思うことはあるし、腹立つこともあるけど。イデオロギーの違いの部分での闘いというのは高木(三四郎)さん、坂口(征夫)さんたちに任せてる。男色(ディーノ)さん、坂井さん(スーパー・ササダンゴ・マシン)には、“This is DDT"というのを見せてほしいし、そこも任せてるんで。じゃあ僕と上野は何をするべきかと言うと、今後のDDTはこうだ、DDTの未来は明るいんだというのをDDTのファン、ノアのファン、もっと言えば世界のプロレスファンに、プロレスを見たことないような人にも届けるのが使命だと思うんで。それを見せつける一戦にしようと思います」

▼上野「DDTはなめられがちというのがあって、それを覆すためにも。その心はありますし。対戦相手がどんな状態だろうと、僕たちのベストを出して、見てもらうことで、プロレスの良さもいろんな人に伝えたい」

▼竹下「どの試合もなんですけど、この試合が一番負けたらダメなんですよ。でも、このカードが決まったときから、上野とはこうしようかって話してきましたけど、僕らが負けることはあり得ない。100パーセントはプロレスでは存在しないんですけど、あえて言わせてもらうと、120パーセント負けることはあり得ない。そのなかで、DDTの明るい未来を見せたいんで。勝って当たり前の上で、プラスアルファを見せるというのを、一つ背負っちゃおうかなと思います」

▼上野「対抗戦が組まれた時点で、僕ら個人のモノではないので、負けられない試合。その追い込まれた状況で、大きな大会で、どんな気持ちでリングに立つんだろうって今でも思っていて。それは不安でもなく、どの試合でも常にタイトル戦でもそうなんですけど、『どうなんるんだろう?』っていう緊張感が楽しさになって、それがベストなパフォーマンスにつながっていると思っていて。負けられない闘いだからこそ楽しんで、早く試合したいし、早く僕たちが強い、すごいことを証明したい」

▼竹下「この試合は僕たち、プレイヤーも楽しみにしてたし、ファンもプロレス界の希望というか、それを見られることを楽しみにしてたと思うんで。余計なものを持ち込まないで、純粋に俺たちがプロレス界の未来なんだというのをぶつけ合いましょう」