『三沢光晴メモリアル2021 powered by ABEMA 〜この日を忘れない〜』TVマッチ(2021年6月13日配信)
○拳王vs井上雅央×

 ムタの“指名選手"は拳王だった。約1年ぶりに出現したグレート・ムタが、ノアTVマッチで拳王を毒霧襲撃。6・27配信のTVマッチ(ABEMA)での一騎打ちが決定的となった。

 TVマッチ『MUTA the WORLD powered by ABEMA』での降臨が発表されていたムタは、とある選手との一騎打ちを所望。ただ、その具体名は“代理人"武藤敬司いわく「魔界との交信で雑音が入って聞き取れなかった」ため“指名選手"とされていた。

 ムタの意思は意外な場所で明らかとなる。“三沢光晴メモリアル"となったノアTVマッチの第3試合。一騎打ちで井上のマサオワールドを切り裂いた拳王が、マイクを持ってカメラに向かってアピールを始めたその時だった。

 亡霊のように、いつの間にか拳王の背後にムタが出現。気配を察した拳王が言葉を止めてゆっくり振り向くと、待っていたのは宣戦布告のグリーンミストだった。

 顔面を緑に染めて場外でのたうち回る拳王をヨソに、今度はABEMAのドローンカメラを不思議そうに見つめると、レッドミストを噴射。視聴者にも久々の降臨をアピールしてフラフラと姿を消した。

 武藤いわくムタは“コロナ禍に伴う相次ぐ試合キャンセルでストレスフルな状態"。バックステージに現れたムタは「グワァァアアア!! I wanna kill KENOH! KENOH... I want see him blood!! I kill him!!(※拳王、殺してやる。ヤツの血が見たい。殺してやる!) シャーッ!!」といつにも増した凶暴状態で、赤の軍団を率いる拳王の流血葬を予告した。

 一方の拳王も「グレート・ムタ…!! ………やってやるよ!!!!」と宣戦布告を真っ向から受けて立ち、かくして6・27TVマッチでのシングルマッチが決定的となった。

 拳王としては、先のサイバーファイトフェスではDDTの価値観をモロに浴び、この日はマサオワールド、そして今度は魔界との遭遇。連続する“異次元"との闘いは“拳王様"の価値観にいくばくの変化をもたらすのか――。

【ムタの話】「グワァァアアア!! I wanna kill KENOH! KENOH... I want to see him blood!! I kill him!!(※拳王、殺してやる。ヤツの血が見たい。殺してやる!) シャーッ!!」

【拳王の話】「グレート・ムタ…!! ………やってやるよ!!!!」