7・4後楽園大会で「KING OF DDT 2021」トーナメントを制した竹下幸之介が5日、東京・千代田区の神田明神内で一夜明け会見。8・21富士通スタジアム川崎大会でのKO-D無差別級王座挑戦が決まり、王者・秋山準を「敵」と定めて「DDTにKO-D無差別のベルトを取り戻す」と“奪還"を宣言した。

 前日の後楽園大会で竹下は佐々木大輔、火野裕士を連破し、2年ぶり2度目のKING OF DDT優勝を飾った。試合後、「堂々と胸を張って、自信を持って、秋山準の前に立ちたい」と宣言していたが、この日、8・21川崎大会でのKO-D王座挑戦が決まった。

 「僕が8・21富士通スタジアム川崎のメインイベントに立つ。KO-D無差別のベルトに挑戦するということは、昨日の試合を見ていただければ異論はないんじゃないかと思います」と胸を張った竹下。秋山には昨年11・3大田区での初シングル、12・27後楽園でのD王 GRAND PRIX優勝戦と2連敗中。「そこから半年が経ちました。僕にとっては長い夜が明けるというか、たかが半年ですけど、本当に長い半年間で。いろいろもがきましたし、苦しみました」と振り返ったように一時は苦悩したが、今年4月の米AEW参戦をきっかけに「何かを変えていかないと、再び秋山選手の対角に立てる日は来ない」と吹っ切れることができた。

 そして、KING OF DDT優勝によって3度目の秋山戦となるKO-D王座挑戦のチャンスをつかんだ今、竹下には揺るがぬ自信がみなぎる。大きな要因となっているのが優勝戦での火野撃破。「プロレス界トップクラスの化け物級レスラーから完全な3カウントを奪えたってことはフィジカル、メンタル、運、勢い、そのすべてが今一番整っている何よりの証拠」と確信する竹下は、「今一番脂が乗った竹下幸之介で、自信をもって、秋山選手の前に立てることを楽しみにしています。富士通スタジアム川崎という大きな舞台で、竹下幸之介が再びDDTのトップに立つ準備は整いました」と言い切ってみせた。

 秋山のDDT参戦から1年、そして2・14川崎大会で秋山がKO-D王座初戴冠を果たしてから5ヵ月近くが経過した。竹下は「マッチアップの面でも初対戦、初シングルとか、そういうのが多いなか、新鮮だったんじゃないかと。だからこそ話題になるものもあった」と認める一方で、「その新鮮なマッチアップというのは、僕が止めちゃってもいいかなって。まだ見たい組み合わせがあると思うけど、それはタイトル戦でなくてもいいと思う」とキッパリ。「今はDDT所属の秋山選手ですけど、僕は一発やり返すまで、外敵じゃないけど、倒さないといけない相手、もっと言えば敵だと思ってる」と言うように、竹下にとって秋山の存在は未だ“外敵"の感覚で、「DDTにKO-D無差別のベルトを取り戻す。そんな気持ちでいます」と“奪還"を宣言した。


☆8/21(土)神奈川・富士通スタジアム川崎『WRESTLE PETER PAN 2021』16:00開場、17:00開始

▼メインイベント〜KO-D無差別級選手権試合
[挑戦者]
竹下幸之介
vs
秋山準
[第76代王者]
※秋山4度目の防衛戦


【会見の模様】
▼竹下「昨日、自宅に帰ってから自分の試合を見直したけど、決勝であの火野裕士選手によく勝ったな、そんな気持ちになりました。プロレス界トップクラスの化け物級レスラーから、完全な3カウントを奪えたってことはフィジカル、メンタル、運、勢い、そのすべてが今一番整っている何よりの証拠だと思います。この優勝は偶然ではなく必然で、今の竹下幸之介だからできたんだと思ってます」

――KO-D王座挑戦決定を受けて

▼竹下「僕が8・21富士通スタジアム川崎のメインイベントに立つ。KO-D無差別のベルトに挑戦するということは、昨日の試合を見ていただければ異論はないんじゃないかと思います。昨年11月(3日)、12月(27日)と秋山選手に2連敗して、そこから半年が経ちました。僕にとっては長い夜が明けるというか、たかが半年ですけど、本当に長い半年間で。いろいろもがきましたし、苦しみました。でも、4月のAEW参戦から何かを変えていかないと、再び秋山選手の対角に立てる日は来ないと。そう思って、自分なりに行動した結果、今一番脂が乗った竹下幸之介で、自信をもって、秋山選手の前に立てることを楽しみにしています。富士通スタジアム川崎という大きな舞台で、竹下幸之介が再びDDTのトップに立つ準備は整いました」

――トーナメント制覇できたのは

▼竹下「自信なんです。2年前に優勝したときは、あのときも自信はありましたし、自分が一番強いんだという自負もありました。絶対優勝してやる、俺しか優勝しないだろという気持ちでリングに立ってたんですけど、今回はそういう気持ちですらなくて。ありのままの自分で、ナチュラル竹下でリングに立つ。試合が終わってみれば自分が勝ってるという。懐の深い、スケールの大きいレスラーになりたい。そういうテーマが自分のなかであったので、相手を包み込んであげるような。そんな気持ちでリングに立ってて、終わってみれば優勝していた。変型チキンウイング・フェースロックという新しい武器もありましたけど、変にプレッシャーを感じることもなく、ありのままの自分で優勝できた」

――王者としての秋山はどう映っていたか?

▼竹下「新鮮だったと思うんです。DDTに定期参戦して約1年。マッチアップの面でも初対戦、初シングルとか、そういうのが多いなか、新鮮だったんじゃないかと。だからこそ話題になるものもあった。でも、その新鮮なマッチアップというのは、僕が止めちゃってもいいかなって。まだ見たい組み合わせがあると思うけど、それはタイトル戦でなくてもいいと思うので。今はDDT所属の秋山選手ですけど、僕は一発やり返すまで、外敵じゃないけど、倒さないといけない相手、もっと言えば敵だと思ってるんで。DDTにKO-D無差別のベルトを取り戻す。そんな気持ちでいます」

――野外会場でのタイトル戦になるが?

▼竹下「僕はもともと陸上競技をトップ選手でやってたんで。陸上なんて野外でスタジアムで何度もやってるわけで。高校時代、八種競技、十種競技みたいなのをやっていたので、ずっと走る飛ぶ投げる、すべてにおいてスタジアムで闘ってきたので、場所がふだんと違うことへの不安はない。僕はプロレスを見始めて、4歳、5歳のときにはFMWのビデオを見て育ったので、そういう意味では旧川崎球場というのは感慨深いものがあって。22年経って、自分がそこのメインイベントに立ってるという。DDTの、プロレスのおもしろさだと思います」