フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」で行われたロウが日本時間6日、ライブ配信され、コフィ・キングストンが王者ボビー・ラシュリーの眼前でMVPを仕留め、『マネー・イン・ザ・バンク』でのWWE王座戦へ向けた前哨戦を制した。

 2週前、王者ラシュリーに挑戦表明し、マネー・イン・ザ・バンクでのWWE王座挑戦が決まったキングストン。この日はエグゼビア・ウッズと組んでラシュリー&MVPとの前哨戦に臨んだ。

 ショルダータックルやネックブリーカーでラシュリーに先制されたキングストンだったが、ドロップキックやストンプ連打をMVPにお見舞い。ラシュリーにはトペ・コンヒーロを放って巻き返した。終盤にはMVPのビックブーツ、ラシュリーのチョークスラムを食らってピンチとなったが、ウッズのカットによって命拾い。最後はラシュリー、MVPにトラブル・イン・パラダイスを立て続けに決めてMVPから3カウントを奪取。キングストンが前哨戦を制した。

 「ラシュリーvsキングストン」のWWE王座戦が行われる PPV大会『マネー・イン・ザ・バンク』は日本時間7月19日にWWEネットワークで配信される。