『映画「ゴジラvsコング」Presents SUMMER STRUGGLE 2021』東京・後楽園ホール(2021年7月27日)
○タイチ&ザック・セイバーJr.&鈴木みのる&エル・デスペラード&金丸義信vs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&石井智宏&SHO&YOH×

 鈴木軍がIWGPタッグ&NEVER6人タッグダブル前哨戦に快勝。タイチは6人タッグ王座獲りを確信するように「これで終わり。今まで運がよかっただけ」と最多防衛記録を更新中のCHAOSトリオを嘲笑した。

 7・25東京ドーム大会で内藤&SANADAに雪辱を遂げ、IWGPタッグ奪還を果たしたタイチ&ザック。挑戦を表明した後藤&YOSHI-HASHIにNEVER6人タッグ王座挑戦を逆要求し、8・1後楽園大会での同王座戦が決まった。

 NEVER6人タッグ&IWGPタッグダブル前哨戦となったこの一戦。まずは後藤とザックが先発で登場し、一進一退の先手争いから後藤がショルダータックルで先手を取る。デスペラードが登場すると、「単細胞出てこい」とSHOを挑発。呼応したSHOが登場すると、デスペラードは金丸とのツープラトン攻撃を狙ったが、YOHが加勢に飛び込み、合体ギロチンドロップで金丸を蹴散らすと、デスペラードにはダブルドロップキックをさく裂。後藤、石井、YOSHI-HASHIも入って5人がかりの太鼓の乱れ打ちを浴びせた。

 だが、鈴木軍は場外戦で逆転。デスペラード&金丸が合体ドロップキックでSHOを攻め立て、金丸がブリティッシュフォールで叩きつける。鈴木とザックは代わる代わる左腕をひねり上げるなど徹底的にいたぶると、鈴木がチキンウイングアームロックで絞め上げた。

 耐えたSHOがブレーンバスターで突破口を開くと、石井が串刺しラリアット、ショルダータックルで鈴木を攻め立てる。バックドロップは鈴木が阻止し、ランニングローキックで蹴り飛ばし、エルボーを連打。エルボーで応戦する石井をフロントハイキックで棒立ちにさせ、フルスイングエルボーで前のめりにダウンさせた。すかさずスリーパーで絞め上げ、ゴッチ式パイルの構えに入ったが、意地の石井もバックドロップで切り返した。

 今度はタイチとYOSHI-HASHIが激しく火花を散らす。エルボー合戦を逆水平で制したYOSHI-HASHIがトラースキック、スイングネックブリーカードロップで攻勢に出たが、タイチは川田利明ばりのスピンキック、ステップキックで応戦。YOSHI-HASHIがトラースキックで反撃した次の瞬間、ジャンピングハイキックをさく裂させて先をいった。

 すかさずザックが左腕へのオーバーヘッドキックで援護射撃すると、後藤が牛殺しで蹴散らす。ならばとタイチが串刺しジャンピングハイキックで後藤を撃退。次の瞬間、YOSHI-HASHIがタイチにラリアットを叩き込んで4人が大の字となった。

 最後はタイチが急角度バックドロップからの聖帝十字陵でYOHを料理。その横でザックが後藤を脇固め、鈴木がスリーパーで石井、デスペラードがマフラーホールドでSHO、金丸が逆片エビ固めでYOSHI-HASHIをそれぞれ捕らえてカットを阻み、鈴木軍の快勝を象徴するようなシーンで試合は終わった。

 タイチ&ザック&鈴木は試合後もIWGPタッグ、NEVER6人タッグの5本のベルトをリング中央に集めてかちどき。石井と乱闘となった鈴木はエルボーを何発もぶち込むなど圧倒し、タイチはノド輪でYOSHI-HASHI、石井を次々に絞め上げて蹂躙した。

 「IWGPってついてなくても必要なんだよ、俺らに。最強のタッグチームを世界に見せるために、もう一本必要だ。寄こせ」。そう迫ったタイチはNEVER6人タッグ王座の最多防衛記録を更新中のCHAOSトリオを「弱ぇヤツらばっか相手にしてよぉ、たまたまだろ。これで終わりだよ、お前らも。今まで運がよかっただけだ」と嘲笑。特にYOSHI-HASHIには上から目線で「お前にしては頑張ったんじゃないの? もしこの3人に勝って防衛したんだったら、まぁ認めてやらなくもないけどな、YOSHI-HASHIの頑張りを。まぁ無理だろうけどな。まぁ、せいぜい、ちったぁ頑張れよ」と見下しまくったタイチはすでに6人タッグ王座獲りを確信している。

【試合後のタイチ&ザック&鈴木】
▼鈴木「IWGPと名のつかないベルトがもう一つ、6人タッグ、あるんだろ? 宝は多いほうがいいもんな。そのお前らには似合わないベルト、(8月)1日にこっちに寄こせ。全部、CHAOSにあるベルト、全てだ。ジュニアもヘビーも全てだ」

▼ザック「これで日曜日のタイトルマッチも勝てば、今の俺たちを倒せるチームなんているのか? いないよな! 俺たち3人は世界最強だ! 日曜が楽しみだ!」

▼タイチ「なかなか3人で並び立つことがなかったからいい機会じゃねぇか。もう一本寄こせよ。必要なんだよ、それ。IWGPってついてなくても必要なんだよ、俺らに。最強のタッグチームを世界に見せるために、もう一本必要だ。寄こせ。お前ら、今まで運がよかったんだよ。弱ぇヤツらばっか相手にしてよぉ、たまたまだろ」

▼鈴木「アレ、ズルいよな! 自分らの防衛記録を伸ばすために都合のいいヤツとしかやってねぇもんな」

▼タイチ「3人揃って強ぇの、誰かとやったか? 怖ぇだろ、今。一番怖ぇだろ。これで終わりだよ、お前らも。今まで運がよかっただけだ」

▼鈴木「あと4日、ぶっ飛ばしてぇな?(※と歌うように言いながら控室へ)」

▼ザック「でもテリー・タコス(YOSHI-HASHI)、ゲイリー・ゴトーとトモちゃんの3人は認めてる。期待してなかったけど、これまで全く価値のなかったNEVER無差別級6人タッグのベルトのレベルをここまで引き上げたのはあの3人だ。だからこそ獲る意味がある。俺たち3人を崩せるチームなんていないだろう。進んでこの俺たちに挑戦しようと思うチームがいるとすれば、辻、上村と新弟子くらいか?」

▼タイチ「ハハハ! なぁ、リングの下に何人かハゲ(練習生)がいるなぁ。いいんじゃねぇか、あのハゲで。YOSHI-HASHI、お前にしては頑張ったよ。(防衛記録は)何回? 7回? 8回? 知らねぇけど、お前にしては頑張ったんじゃないの? まぁでも、今日やった感覚ではどうかな? 前とはレベルが違うって6人タッグを誇らしげに持ってるYOSHI-HASHI、それ感じさせてくれよ。まぁ次でお前らは終わるわけだけど、まぁないけど、万が一…いや、まぁないけど、もしこの3人に勝って防衛したんだったら、まぁ認めてやらなくもないけどな、YOSHI-HASHIの頑張りを。まぁ無理だろうけどな。まぁ、せいぜい、ちったぁ頑張れよ、YOSHI-HASHI。応援してやるよ」


【試合後のデスペラード&金丸】
▼金丸「ジュニア2人いたな。ROPPONGIの2人。いつやっても相変わらずだな、アイツら」

▼デスペラード「うーん、そうっすね。何か間も悪い、テンポも悪い、一人は力任せ、一人は何かよく分かんねぇし。リズムがないっつぅか。ていうか、5人で組んでて、5人でやったのって俺とノブさんの背中叩いただけだろ?」

▼金丸「ホントだよな。タッグチームとして機能してねぇな、オイ」

▼デスペラード「ホントだよ。しかも、2人で動くところもさぁ、いつも一緒じゃん? どうせアレしかできねぇんだろ、お前ら。これからお前、ジュニアのタッグリーグが始まるんだぜ。何か新しいモン見せてくれよお前!」

▼金丸「そこでしっかり勉強しとけよ、オイ! 2人!」

▼デスペラード「ホントだよ! ホントはパートナーのことをお前らが一番分かってなきゃいけないのに、何で俺たちの方がお前たち個人個人のことに詳しいんだよ! おかしいだろ! 何だ? 仲悪いのか? お前ら」

▼金丸「仲良くしろよ!」

▼デスペラード「週に1回ぐらいLINEする俺とノブさんのように、ちゃんと仲良くしろ!」


【後藤の話】「誰を連れてくるかと思ったら鈴木軍、大ボス登場か。タイチ、タッグチャンピオンのくせに、まだボスに頼るのか。タイチ、小さく見えるぜ、お前が」

【YOSHI-HASHIの話】「リング上でNEVER6人タッグかIWGPタッグか、どっちかって言ったなオイ。まず、NEVER6人のどんなもんかオイ、前回アイツが挑戦してからどれぐらい価値が上がったのか教えてやるよ。その後、IWGPタッグ、俺たちがいただくからな。オイ、NEVER6人、渡さねぇぞコノヤロー!」

【石井の話】「鈴木、オマエIWGP(獲りに)行くんじゃねぇのかよオラ! 行くんなら行けよオイ! 寄り道がてら獲れるベルトじゃねぇんだよ。ナメんなオイ!」

【YOHの話】「(※前のめりにヒザをつき、そこから座り込んでしばらく息を整える)闘いの、闘いの、渦の、その中に入っていきたいけど、なかなか乗り切れなくて。捕まる気がして、こんなんじゃダメだろうって。強引にでも、強引にでもさ、這い上がるしかないっしょ」

【SHOの話】「このタイミングでジュニア・タッグリーグが発表されて、その後にメットライフドームで全てを取り戻す。いや、全てを手に入れるチャンスだ」