『WRESTLE PETER PAN 2021』神奈川・富士通スタジアム川崎(2021年8月21日)
KO-D6人タッグ選手権試合 ○火野裕士&遠藤哲哉&高尾蒼馬vs樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希×

 火野が赤井に圧勝し、DAMNATIONが6人タッグ王座V3。それでも火野は、逆水平やラリアット、Fucking BOMBを真っ向から受け止めた赤いの覚悟を感じ取り、「お前は本物のプロレスラーや」と素直に賞賛した。

 DAMNATIONにERUPTIONが挑む6人タッグ王座戦で注目が集まっていたのは火野と赤井の絡みだった。調印式で赤井は「火野さん、私に遠慮なくチョップを打ってきてください」と挑発したが、火野は「ハンディキャップマッチみたいなもの」「なにがチョップ打てや。打つわけないやろ」と拒否。それでも赤井は「打たないといけないような状況にしてやります」と予告しており、“火野が赤井に逆水平を打つのか?"が1つの焦点となっていた。

 序盤から赤井が捕まる展開に。火野は対峙しても両手を背中に回し、赤井の打撃を余裕タップリに正面から受け止め、あえて何も反撃しなかった。

 劣勢を坂口が鋭い蹴り技で立て直すと、樋口が火野と真っ向勝負で火花。ようやくERUPTIONの流れに持ち込むと、タッチをもらった赤井は火野にフロントハイキックを叩き込み、絶叫しながら必死に蹴り続けた。ビンタやハイキックもクリーンヒットすると、ダイビングボディアタックへ。しかし、火野はこれをキャッチすると、投げることなく着地させて、クリーンにブレイクする。

 これに怒った赤井は掌底を乱射し、ハイキックで火野をぐらつかせると、水面蹴りでなぎ倒す。さらに、フロントハイキックを連発。ついに怒った火野が逆水平をズバリ。赤井はもんどり打って倒れる。樋口と坂口が援護に動くも排除され、遠藤のスワンダイブシューティングスターアタックで場外に足止めされた。

 火野は逆水平を容赦なく浴びせるが、孤立しても赤井は絶叫しながら立ち上がり、懸命にやり返す。火野のお株を奪うノーガード戦法まで披露して、ふらつきながら「火野、来い!」と叫ぶと、火野はラリアットを一閃。それでも赤井はフォールを返したが、火野はFucking BOMBで叩き潰した。

 赤井が奮闘したものの、最後は火野が圧勝。DAMNATIONが6人タッグ王座V3を果たしたが、マイクを持った火野は「おい、そこの女。会見でも言ったけど、ええ女やな。もう1つ、赤井沙希、お前は本物のプロレスラーや」とその覚悟を素直に評価した。

 バックステージでも「ハンディキャップマッチみたいなもんかなと思って試合をしてみたけど、彼女も頑張ったね。ちゃんとプロレスラーやったよ。途中結構受けとったよ。ワシのチョップばんばん受けとった」と赤井の頑張りを称え、「試合する前はなんだコイツって思ってたけど、あれだけ自分のチョップも受けて、ラリアットも受けて、キックアウトする。そこはプロレスラーとして認めようと思ってのFucking BOMBだから」と最後に必殺技を出した理由を明かした。