『映画 ゴジラvsコング Presents SUMMER STRUGGLE 2021』東京・後楽園ホール(2021年8月25日)
イリミネーションマッチ ○後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&ロビー・イーグルス&タイガーマスクvsタイチ&エル・デスペラード&金丸義信&ザック・セイバーJr.×

 9・5メットライフドーム大会のIWGPタッグ選手権試合3WAY戦に向けて、今宵はザックが後藤を“読み聞かせ"で寝かしつけた。

 これまでの前哨戦では、早寝早起きと「消灯」ツイートで知られる後藤をタイチが絞め落として「消灯だ」と嘲笑。怒りの後藤も、前夜の後楽園メインでタイチ&ザックをYOSHI-HASHIとの必殺合体技・GYWでことごとくKOし、「ドームではもっとぐっすり眠らせてやる。消灯!」と締めくくっていた。

 そして今宵は4対4のイリミネーション戦で激突。ジュニアタッグリーグ戦を制したばかりの金丸&デスペラード組と、“タイガー&イーグル"として好成績を残したイーグルス&タイガー組が、オーバー・ザ・トップロープ(OTTR)をめぐる白熱のせめぎ合いを繰り広げた末に次々と脱落となると、試合はタッグ王座を争う「タイチ&ザックvs後藤&YOSHI-HASHI」の構図となった。

 タイチのアックスボンバー、後藤の牛殺し、ザックのランニングローキック、YOSHI-HASHIのかち上げ式ラリアット…が次々に飛び交う熱戦模様。まず気を吐いたのはYOSHI-HASHIだった。タイチがエプロンサイドで狙った喉輪落としをバタフライロックで切り返すや、そのまま場外に投げ飛ばして失格へと追い込んだ。

 すかさずザックがYOSHI-HASHIを蹴り落として、勝負の行方は「ザックvs後藤」の一騎打ちに。ロープぎわのせめぎ合いは互いに譲らなかったものの、後藤のダイビングエルボードロップを、ザックが吸い込むような腕十字固めで切り返して攻勢。逃れた後藤が牛殺しを狙っても、さらにザックは切り返してヨーロピアンクラッチで丸め込んだ。

 だが、キックアウトした後藤も起死回生のラリアットをズバリ。ザックを担いでエプロンサイドに追いやる。ザックはなおも右腕を狙った関節技を仕掛けたが、ならばと後藤も左ラリアットで不意を突き、見事に場外へと追いやって、1人残しの勝利を確定させた。

 今宵はイリミネーションを制して前哨戦に連勝。さすがに大人しく引き上げるタイチ&ザックを尻目に、後藤は意気揚々と連夜のマイクを握った。

 …が、バックステージに消えかけたところでキビスを返したタイチ&ザックは、背後から後藤&YOSHI-HASHIを襲うや、タイチがブラックメフィストで後藤を、ザックがザックドライバーでYOSHI-HASHIをそれぞれKO。大の字の後藤&YOSHI-HASHIを眼下に、マイクを握ったのはザックだった。

 「こんなバカみたいな試合で、オーバー・ザ・トップロープで勝って、それでベルトに届くと思ったのか?」とあざ笑うと、「イマ、ナンジ? ゴトー、ナンジデスカ? ジャア、オヤスミナサイ。YOSHI-HASHI、ダイジョーブ? ダイジョーブカナ? オヤスミナサイ」と日本語で確認。そして「もう寝る時間なら、俺がお休みの物語で寝かしつけてやるよ」と切り出した。

 「昔々ある所にバカな二人の男がいました。不思議なことに二人はNEVER6人タッグのベルトを獲りました。さらに不思議なことに彼らは何度もベルトの防衛に成功しました」と前代未聞の“読み聞かせ"締めを展開。とはいえ最後は「……おとぎ話ならこの後、コイツらがタッグのベルトも獲ると思うだろ? メットライフドームでオマエら二人をおねんねさせて、お前らのクソみたいなキャリアは終わりを迎える。デンジャラス・テッカーズは無敵だ!」と宣言して、後楽園大会を締めくくった。

 バックステージでは、タイチが3WAYを争う内藤&SANADAにも挑発メッセージ。MLドームでは誰が“眠る"ことになるのか――。まだまだ波乱含みのせめぎ合いは続きそうだ。


【試合後のタイチ&ザック】
タイチ「後藤、オメェがやったんだぞコラ。オメェがやったんだぞ、先に。(※鼻やノドに手を当てながら)鼻血はブーだ、鼻血ブー。高木ブーだ。口ん中もズタズタ。ノドも腫れてよぉ。テメェ、昨日やってくれたな。昨日よぉ、眠らせるって言ったけど、ちっとも眠れなかったよ、オメェのせいでよぉ。飯は食えねぇしよぉ、口ん中は血だらけになるしよぉ。鼻血ブー、高木ブーだコノヤロー!ふざけやがって。だから今日はちょっと仕返ししただけだよ。俺らもあんなことしたくないんだけどさぁ。オマエがやってくるからやっただけだよ。オメェ、さっき痙攣してたな。ガチで寝ちまったんじゃねぇか?(笑)(※ザックに)大丈夫、ザック、何?今日はザックどこ?」

▼ザック「(※ノドを指して)同じ」

▼タイチ「ノド痛てぇよ!風邪引いたかと思ったぐらいノドが痛てぇよ!クソ野郎、ボケ、後藤!カス!」

▼ザック「(ウィスキーの瓶を持ちながら)これ飲んだらマシになるかも?ところでもう1組の挑戦者はどこに行ったんだよ?ナイトーのバカとSANADAはどこだ?メットライフは3WAYで決定したんだよな?なのにあいつらはどこに消えた?CHAOSの2人は役には立たないが、ちゃんと現れるだけまだマシだ。去年俺たちが初めてタッグのベルトを獲った時は何の意味も持たないベルトだったが、俺たちの力で価値を高めてきた。でも今日は時間を無駄にさせられただけだ。いつまでもこんなことさせるな。さっさとホンモノの挑戦者を用意しろ。そうしないと俺たちで見つけてくるぞ。今海外に行くのが厳しいとかそんなの関係ない。俺たちはどこでも闘う覚悟はできてる。今日はもう言うことないな。毎日毎日クソみたいな試合だ。ナイトーはどこなんだよ?」

▼タイチ「内藤、SANAやんは?どこ?オイ内藤、どうせ見てんだろオイ!ヒマしてんだろオマエ!家でゴロゴロして、ケツかきながらみてんだろ!オマエはいつもよぉ、オマエとやるヤツがダンマリ決めたらよぉ、『何も言わないと分かんないよ』とか言うくせによぉ。オマエ、いっつも言うだろ?『言わないと伝わんない』って。当の本人は休んだらダンマリか?俺らが休んだら、どこ行っただの何だかんだ、会社がどうのって文句言うクセに、オマエはダンマリか?動画とか出れなくても、テメェ、ツイッターやってんだろ?SNSで言ってみろよ。言うことないの?人には言っといて。ねぇ、内藤、SANAやん。(※ビデオカメラに向かって手を広げて)どこ行ったの?って、こんな感じでいつも言うだろ?言えよ!やるの、やらないの?このまま行ったら、後藤&YOSHI-HASHIと、ただのタッグ・タイトルマッチ......いや、それもどうかな?今日の感じじゃな。まぁやっぱり、川田&田上かな(笑)」

▼ザック「もうジョークじゃなくて真剣にあいつらを挑戦者に指名したい。他にやりがいのあるチームも見当たらないしな。でも心配すんな、俺たちデンジャラス・テッカーズがタッグの先頭に立ってニュージャパンの救世主になるから。それでゴミみたいな奴らを片っぱしから排除していく」

▼タイチ「内藤、待ってるよ。何も言わなかったら、棄権とみなすからな」