『映画「ゴジラvsコング」Presents SUMMER STRUGGLE 2021』東京・後楽園ホール(2021年8月26日)
○ザック・セイバーJr.&タイチ&DOUKIvs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&タイガーマスク×

 IWGPタッグ前哨戦に完勝したタイチが「お前ら、やる気あんの?」と挑戦者2チームへの不満を爆発。DOUKIは明日8・27後楽園大会で復帰戦の相手を務める高橋ヒロムに「お前は俺が一番潰したい相手。100%で来てもらわなきゃ困る」と注文を付けた。

 9・4メットライフドーム大会でのIWGPタッグ3WAY戦へ向けて連日火花を散らしているタイチ&ザックと後藤&YOSHI-HASHI。今宵も6人タッグで激突したが、王者組の強さが際立った。

 序盤こそ、後藤とYOSHI-HASHIがゴングを前の奇襲に出て、後藤がお株を奪うノド輪でタイチをもん絶させたが、ツープラトン攻撃を狙ったところでザックがYOSHI-HASHIを場外に引きずり下ろして逆転。ここからデンジャラス・テッカーズは後藤に的を絞り、ザックがヘッドシザースとアームロックの複合技でもん絶させ、タイチはステップキックを連発しながら挑発し、ノド輪で絞め上げた。

 後藤が劣勢を打開すると、YOSHI-HASHIがタイチをコルバタで吹き飛ばし、ザックをヘッドハンターで叩きつける大立ち回りをみせたが、ノド輪で捕まえたタイチがアックスボンバーを叩き込んで主導権を握らせない。反撃に転じようとしたYOSHI-HASHIを川田利明ばりのスピンキックで鎮圧した。すると後藤が飛び込んでタイチにラリアットをお見舞い。ザックがネックツイストで後藤を蹴散らせば、YOSHI-HASHIがラリアットを叩き込んで挑戦者組も意地をみせた。

 最後はザックが変型羽根折り固めでタイガーを料理。その横でタイチが後藤を聖帝十字陵、DOUKIがYOSHI-HASHIをイタリアンストレッチNo.32で捕らえてカットを阻んだ。終了のゴングが鳴ってもタイチは聖帝十字陵で後藤を絞め続け、ようやく離すと荒武者はグッタリ。場外で倒れ込んだ。

 デンジャラステッカーズの強さばかりが際立ったIWGPタッグ前哨戦。試合後、後藤&YOSHI-HASHIから主張がなかったことを伝え聞き、タイチの不満が爆発。「お前ら、やる気あんの? 後藤、YOSHI-HASHI、内藤、SANADA。やる気あんの?」と不在の内藤哲也&SANADAも含む挑戦者2組に疑問符を連発した。

 特に後藤&YOSHI-HASHIは直接対決しながら打っても響かないと判断。タイチはあきれ顔で「お前らもう消灯、起床だけ喋ってろ。YOSHI-HASHIも、だんまり決めるのは一瞬だ、この野郎」と二人の決め台詞で皮肉り、「黙っててチャンピオンになったりチャレンジャーになれるんだったら、俺らも黙ってるよ。喋んねぇよ。てめぇらみたいな奴らの前に出てもしょうがねぇよ」と吐き捨てた。

 前哨戦は明日8・27後楽園大会を残すのみ。タイチに痛烈批判された後藤とYOSHI-HASHIはここで爪痕を残すしかない。

 タイチとは対照的に明日8・27後楽園大会でヒロム復帰戦の相手を務めるDOUKIは「明日がよ、俺は楽しみで楽しみで仕方ねぇんだ」と高ぶるばかり。DOUKIにとってヒロムは「一番潰したい相手」だからだ。「だからよ、お前には100%で来てもらわなきゃ困るんだよ」と注文を付けたDOUKIは「まずはヒロムを殺して、ベルトを奪う」とその先にIWGPジュニア王者ロビー・イーグルスへの挑戦を見据えていた。

【試合後のタイチ&ザック】
▼タイチ「(最初に一人でコメントスペースにやって来て)ザック、来なくなっちった。言うことねえってよ。言うことねえよ。どっちの挑戦者もよ、だんまりだな、毎日。言うことねえんだって、ザック。何か言った? 今日、後藤とYOSHI-HASHIは。何か言ったか? おめぇらもだんまりか!」

──後藤選手が怒りをぶちまけ、YOSHI-HASHI選手はノーコメントだった。

▼タイチ「そういうとこだつってんだろ」

▼ザック「(ここでコメントスペースに駆けつけ)YOSHI-HASHIはノーコメントに決まってるだろ。バカ過ぎてまともに話せもしないんだから」

▼タイチ「お前ら、やる気あんの? 後藤、YOSHI-HASHI、内藤、SANADA。やる気あんの? 喋れよ、何か。どうなってんだよ? お前ら。試合後、喋れねぇ? それはしょうがねぇな。俺らのダメージが入ってるもんな。痛ぇもんな。やることあんだろ、4人とも。つまんねえな、お前ら。別に獲る気ねぇんだったら、やんなくたっていいんだぞ。お前らの挑戦を受けてやるって言ってんだよ。受けてやるって言ってるだろ。いいよって言ってんだから、ありがたく思って『やらせてください。僕はできます』、それぐらいも言えねぇのか、お前ら。呆れるわ。呆れて物も言えねぇ。(ザックに向かって)何もないよ。いつもノーコメント。後藤、YOSHI-HASHI、内藤、SANADA、ノーコメント」

▼ザック「ナイトー&SANADAからの反応がないのはどうでもいいんだ。どうせいないんだから。でもゴトーとYOSHI-HASHIは毎日俺たちと試合してるのに、何も言うことがないだと? あいつらの頭の中は一体全体どうなってるんだ? 脳みそなしの空っぽか? NEVER6人タッグチャンピオンで満足してんのか? 全然だろ。俺たちはあいつらとはレベルが違う。このIWGPタッグのベルトがその証だ。何回同じことを言わせるんだ? もうタッグのタイトルマッチはキャンセルにするか?」

▼タイチ「やる気なくなるぞ」

▼ザック「俺たちはチャンピオンとして強さを証明する義務があるんだよ。毎週でも防衛してやるぞ。なのにあいつらの相手ばかりさせられてる」

▼タイチ「黙っててチャンピオンになったりチャレンジャーになれるんだったら、俺らも黙ってるよ。喋んねぇよ。てめぇらみたいな奴らの前に出てもしょうがねぇよ」

▼ザック「モチベーションが上がらない。体は(日本語で)ゲンキだけど、モチベーションが湧いてこない。(新日本には)バカがいっぱいいるけど、俺たちが闘ってるのはその中でも一番のバカだぞ。(日本語で)ツマラナイ! ツマラナイ!」

▼タイチ「これだったらまだG.o.Dのほうが良かったな。G.o.Dも嫌だったけど、まだG.o.Dのほうが良かったよ。お前らもう消灯、起床だけ喋ってろ。YOSHI-HASHIも、だんまり決めるのは一瞬だ、この野郎」

▼ザック「YOSHI-HASHIは日本語のレッスンを受けたほうがいいぞ。英語もスペイン語も話せないし、あいつが唯一話せるのはバカ語だろ」


【DOUKIの話】「オイ、ヒロム! いや、ヒロムの前にロビーだよ。さんざん偉そうなこと言ってくれたな。(英語で)お前に一言…STFU! まずはヒロムを殺して、ベルトを奪う。(日本語に戻して)オイ、一番言いてえのはよ、ロビーじゃねぇぞ。分かってんだろ? ヒロム! 明日、復帰戦だな。お前な、明日の復帰戦の準備はできてるか? 体はどうだ? ちゃんと100%なんだろうな? 100%で来てもらわなきゃ困るぞ。分かるか? なぜならお前は俺が一番潰したい相手だからだ。オイ、前も言ったな。お前に会って7年、8年か? それからずっとお前は俺が一番倒したい相手だ。潰したい相手だ。グチャグチャにしてやりたい相手だ。だからよ、お前には100%で来てもらわなきゃ困るんだよ。オイ、面白いな! チャンピオンのロビーがセミファイナル、お前の復帰戦がメインだ。ヒロム・マジックか? 俺にとっちゃラッキー・ヒロム・マジックだ。お前を倒すことがメインイベントでできるんだからな。お前は今何を感じてる? どう俺の言葉を聞いてる? 俺は明日のことが楽しみで仕方がねえよ、フハハハハ!」

【DOUKIの話】(第4試合後)「ハハハ。明日のことが楽しみ過ぎて、(コメントブースに)戻ってきちゃったよ。ヒロム、明日がよ、俺は楽しみで楽しみで仕方ねぇんだ。オイ、この感情どうお前に伝えたらいい? オイ、お前ら伝えてくれよ、この感情をよ。ヒロム、ヒロム! ヒロム!! ヒロム!!! ヒロム!!!! ヒロム!!!!!」


【後藤の話】「(鬼のような形相で)クソッ! あいつらぁ! 絶対に許さねぇぞ! 鼻血ブーどころじゃ、済まさねえからな!」

【タイガーの話】「屈辱だ。あの技は俺が使ってる技だ。あいつが先に使ってようが何しようがあれは俺の技だ。クソッ! ザック、面白い。俺はずっとイギリスの人間とやってきたよ。ずっとやってきた。みちのくでもやってきた。お前とシングルがやりたい」

※YOSHI-HASHIはノーコメント