『Who's Gonna TOP? 2021 TOUR in YOKOHAMA』が18日、神奈川・横浜ラジアントホールで行われ、今成"ファンタスティック"夢人が新加入したフェロモンズが快勝。11・3大田区大会で行われるKO-D6人タッグ王座決定戦への出場を決めた。

 男色“ダンディ"ディーノ、飯野“セクシー"雄貴の二人で始動したフェロモンズは、9・16浅草大会で今成が加入。この日、この3人のトリオで初出陣し、勝俣瞬馬&上野勇希&平田一喜組と激突した。この日もディーノの男色殺法、飯野の妖しいセクシーな動きは変わらず。DDTグループ映像班も兼ねる今成は白のブリーフ姿で登場し、ビデオカメラで撮影しながら試合に出場した。

 ペースを握ったのはフェロモンズだった。平田もダンスで流れを変えようとしたものの場内が暗転。するとディーノが尻を出し、飯野もツーショルダーのコスチュームを脱いでアンダータイツ姿となった。ディーノが平田にリップロックを見舞うと、飯野と2人がかりで平田の顔面に生尻サンドウイッチ攻撃をさく裂。すかさず今成がビデオカメラを持ったままSEXテープ・プレス(テーズ・プレス)を決めて3カウントを奪った。

 フェロモンズがトリオ始動戦で快勝。ディーノは今林久弥GMをリングに呼び寄せて「聞くところによると6人タッグ王座が空位だと。我々は3人。聞こえないか? 民の声が。名乗り挙げるのは必然」とKO-D6人タッグ王座獲りをアピールした。KO-D6人タッグ王座は遠藤哲哉&高尾蒼馬&火野裕士が保持していたが、DAMNATION解散に伴う王座返上で現在空位。今林GMが「実績がない」と拒絶すると、フェロモンズはタイツを脱いで“実績"を出そうとした。

 この日は動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で生中継されていたため、今林GMは「出しちゃダメ!」とあわてて阻止。ならばとフェロモンズは3人で尻を突き出して迫り、「挑戦してください」と無理やり言わせて承諾させた。

 フェロモンズが11・3大田区大会での6人タッグ新王者決定戦への出場を決めた。ユニットとして初のベルト獲りのチャンスを得たディーノは「見ての通りだろ。会社がそんなに言うならば仕方がない。6人タッグ挑戦してやろうではないか。勢いというものが世の中にあるならば、その通りになるんじゃないか」と怪気炎を上げていた。