『DANGEROUS GATE 2021』東京・大田区総合体育館(2021年9月20日)
オープン・ザ・ツインゲート選手権試合 ○KING清水&横須賀ススムvsストロングマシーン・K&ストロングマシーン・J×

 試合途中でストロングマシーンのマスクを脱ぎ捨てた近藤が猛攻を見せたものの、最後の最後でススム&清水が逆転。マシーン・Jを沈めて、ツインゲート王座V2を果たした。

 ストロングマシーン軍団の新兵器として9・8後楽園大会に登場したマシーン・Kは、ツインゲート王者・清水をいきなり撃破。ススムから「お前、近藤修司だろ?」と指摘されたものの、マシーン・Jとのタッグでタイトル挑戦を決めた。これまでの「オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座」からIJタッグ王座が独立し、今大会から元来の「オープン・ザ・ツインゲート王座」に改称された。

 マシーン軍団はのっけからセコンドのマシーン・Fやマシーン・Gが加勢し、肩を組んで回転する入れ代わり殺法などを繰り出して混戦に持ち込む。一旦は冷静さを取り戻した王者組が試合を立て直したものの、場外戦になると再びマシーン軍団のペースに。マシーン・KのKUBINAGEを皮切りに、合体フライングラリアット、マシーン・Jのセントーンがススムにさく裂した。

 しかし、ススムがマシーン・Jをエクスプロイダーでぶん投げて反撃すると、あとを受けた清水が大暴れ。マシーン軍団の2人をまとめてブレーンバスターで引っこ抜き、二人同時に担ぎ上げてのバックフリップで叩きつける離れ技2連発でどよめきを誘う。止まらない清水は、ススムがマシーン・Kにエクスプロイダーを狙うと、背後からジャーマンで仲間をぶん投げる変型眉山を敢行。合体攻撃はなおも続き、今度は雪崩式エクスプロイダーを狙うススムを清水がパワーボムでぶん投げてみせた。マシーン・Kのみならず、ススムもダメージを負う。

 ここでマシーン・Kが再び猛攻に転じる。ランサルセで清水を投げ飛ばすと、ススムとはラリアット合戦で火花。激情に火が点いたマシーン・Kは自らマスクを脱ぎ捨てて素顔をさらした。正体はやはり近藤修司でザ☆オリジナル、キングコングラリアットでススムを追い詰めた。すかさずマシーン・Jと合体し、魔神風車式マジックキラーの構えに。ここで清水が何度も飛び込んで阻止。ならばとマシーン軍団は清水に魔神風車式マジックキラーを見舞うと、マシーン・Jがススムに魔神風車固めを繰り出した。

 勝負あったかと思われたが、ここでも清水がカットに成功。ススムが死力を振り絞ってのジャンボの勝ち!で反撃に転じると、清水もエプロンからの空中胴締め落としで近藤を場外に足止めする。リングに戻った清水はマシーン・Jにシットダウン式パワーボムをズバリ。マシーン・Jはギリギリで肩を上げたものの、清水が豪快なKINGプレスでダメ押しし、逆転の3カウントを奪取した。

 熱戦の末にススム&清水がツインゲート王座を死守。試合後はノーサイドで互いの健闘を称え合った。ススム&清水は次なる目標として王者としての越年を掲げた。一方、正体をさらした近藤が今度マシーン軍団として活動していくのかは不明だが、マシーン・Jは「本人の気持ちもあるんで、あえてそこは語らないようにしますけど、ただ……マシーンになってくれてありがとうございました」と感謝のメッセージを送っていた。

【試合後のススム&清水】
▼清水「なんとか勝てましたね。ありがとうございます」

▼ススム「まあね、マシーン・Kが出てきてさ、俺もすぐに大人げなく正体を……まあ、見ての通りですよ。やっぱりあれで近ちゃんじゃなかったら俺もビックリするけど」

▼清水「あっ、近藤さんだったんですか?」

▼ススム「気づいてなかった?」

▼清水「気づいてなかったです」

▼ススム「マスク取ってたからさ、最後。でも、たぶんもうマスクが邪魔だったんだろうね」

▼清水「最後脱ぎましたからね」

▼ススム「本気でそれだけ獲りに来たということだと思うんで」

▼清水「それで勝てたってことは僕ら、もっと上を目指せるんじゃないですか?」

▼スズム「今日はチームとしての差が出たんじゃないかと思います。これでV2。まだまだ俺らはこのベルトとお付き合いしていくんで」

▼清水「そうですね。まずは年内守り切りましょう」

▼ススム「とりあえず来年は1月1日をこれ持って迎えられるように頑張ろう。とりあえず今日はありがとう。お疲れ様でした」

▼清水「ありがとうございました」

【マシーン・Jの話】「復帰してから約1ヵ月という短い時間でしたけど、欠場していた8ヵ月を取り戻そうと思って、自分のやってみたいと思うことを全部このリングでぶつけてきた。復帰戦でも言った通り、今はこういう世の中で、上手くいかなくて困っている人、苦しんでいる人がいっぱいいると思うから、俺たちDRAGONGATEがその希望の光になるって。苦しくても努力すればいい景色が見れるって。俺は今日、その日言った通り、ベルトを獲って体現したかった。だからこそ悔しい。でもきっと長くプロレスを続けていれば、こんないい経験はなかったって思う日が来ると思います。パートナーのKに関してはね、本人の気持ちもあるんで、あえてそこは語らないようにしますけど、ただ……マシーンになってくれてありがとうございました」