『DANGEROUS GATE 2021』東京・大田区総合体育館(2021年9月20日)
スペシャルシングルマッチ ○シュン・スカイウォーカーvsディアマンテ×

 シュンが屈辱の敗戦。ディアマンテにヒザを破壊され、レフェリーストップ負けを喫すると、マスクをはぎ取られ、観客の前で素顔をさらした。

 シュンは8・1神戸ワールド大会でYAMATOに敗れ、ドリームゲート王座から陥落。無冠となった元王者に牙を剥いたのがディアマンテだった。8・11後楽園で無法暴走を見せて遺恨が発生。抗争は収まらず、ビッグマッチで決着戦が組まれた。

 ディアマンテは先に入場したシュンがリングインした瞬間、暗闇の中から一気にリングを駆け上がり、スワンダイブ式ミサイルキックで奇襲。場外に蹴散らすと、パイプイスで右足を痛打する。その後も場外でレッグブリーカーを連発。リングに戻っても、低空ドロップキックやストンピングをピンポイントで浴びせ、一方的に右足を攻め立てた。

 長時間劣勢が続いたシュンだったが、ディアマンテがロープに手を絡めて華麗にエプロンに移動した瞬間、フロントハイキックをぶち込んで奇襲。場外に転げ落ちた怨敵めがけて決死のスワンダイブ式プランチャを敢行して反撃に出た。リングに戻っても、リフトアップスラムを読んで飛びつき十字固めでマットに叩きつける。続くブラスターは決まらなかったが、リフトアップ式パワーボム狙いをウラカンラナで切り返した。

 しかし、ここで序盤に攻め込まれた右足が悲鳴を上げて倒れ込んでしまう。見逃さないディアマンテが変型足4の字固めに捕獲。リング中央で絞めに絞め、懸命に耐えたシュンだったが、レフェリーが見かねて試合をストップ。シュンは屈辱のレフェリーストップ負けを喫した。

 試合後、MASQUERADEの面々がシュンを介抱するが、R・E・Dは実力行使に出て排除。ディアマンテはシュンのマスクを引っぺがして素顔をさらすと、そのマスクを装着してご満悦。そして、そのマスクを投げ捨てると、悠然と去っていく。一方、シュンはタオルで顔を隠しながらも場外に転げ落ちてしばらく動けず。セコンドの肩を借りてなんとか立ち上がると、ノーコメントで控え室に消えていった。

 ドリームゲート王座から陥落して失った勢いをビッグマッチで取り戻したかったシュンだが、ディアマンテに叩きのめされ、再起がさらに遠のく形に。ユニット・MASQUERADEとしても、トライアングル王座から転落し、箕浦もドリームゲート王座奪取に失敗。シュンの苦難はまだしばらく続きそうだ。