『2021旗揚げ記念シリーズ』開幕戦 東京・新木場1stRING(2021年10月6日)
○石川修司&佐藤耕平vs田村男児&諏訪魔×

 石川が王者・諏訪魔に直接ピンフォール勝ちを収め、世界タッグ挑戦へ弾み。諏訪魔を全日本の「農業担当」に追い込む構えをみせた大巨人は3日後に控える関本大介とのGAORA王座戦へ向けても勢いを加速させた。

 10・16大田区大会で諏訪魔&芦野の暴走SUPLEXと、石川&耕平のツインタワーズが世界タッグ王座を争う。この日は諏訪魔が田村を従え、石川&耕平と激突する前哨戦。中でも諏訪魔と石川が感情むき出しに渡り合った。

 両者は開始早々、エルボー合戦で火花。諏訪魔が執ようにバックドロップを狙い、阻止した石川がショルダータックルでなぎ倒しても、諏訪魔はすぐさまフロントハイキックでやり返す。中盤には諏訪魔がフライングショルダーを放ち、田村とのサンドイッチラリアットを決めるなど石川に攻め入る。ラリアット合戦もショートレンジ左ラリアットで競り勝った。

 すかさず諏訪魔がラストライドで料理にかかったが、耕平がミドルキックでカットする好フォローで石川は命拾い。すかさず耕平が串刺しランニングニー、石川がニーリフトの波状攻撃に出ると、ダブルニーリフト、サンドイッチランニングエルボーとツインタワーズ連係が次々に決まる。耕平が田村をパイルドライバーで撃退すると、孤立した諏訪魔を石川がファイアーサンダーで追い込んだ。粘る諏訪魔もショートレンジラリアットを連打したが、最後は石川が空中胴締め落としを放って電光石火の3カウントを奪った。

 石川が諏訪魔に直接ピンフォール勝ち。世界タッグ挑戦へ向けて弾みをつけた。「誰しもが男児から獲ると思っただろうけど、甘ぇよ、そんな。俺らツインタワーズだぞ。諏訪魔から3つ獲るの簡単だよ」と豪語した石川は「今日はあえてこれで勝ったけど、大田区はこんなもんじゃねぇよ。耕平さんのエルボーと頭突きで、もう無理です。専務やらせてください、農業やらせてくださいって言わせてやるよ」とさらなる諏訪魔潰しを予告した。

 石川は世界タッグを奪ったあかつきに、諏訪魔を全日本の「農業担当」にさせるつもりだ。現在、諏訪魔はEvolution農園を運営し、先日お米を収穫したばかり。「全日本の50周年の企画の一つは農業。諏訪魔担当だから、それの。俺がチャンピオンになって盛り上げるから、諏訪魔は専務として農業担当として頑張ってもらいたい」と言い放った。

 そして石川は3日後の10・9北本大会で関本とのGAORA王座防衛戦を控え、それに向けても勢いを加速させた。「このベルト、9日の試合後には三冠と並ぶぐらいの価値のあるベルトに俺がしてますから」と予告した大巨人が狙うは来年の全日本50周年におけるベルト総獲り。まずはこの秋、関本撃破でGAORA王座の価値を高騰させたうえで世界タッグ王座を手にし、諏訪魔を農業担当に追い込む。

【試合後の石川&耕平】
▼石川「前哨戦、誰しもが男児から獲ると思っただろうけど、甘ぇよ、そんな。俺らツインタワーズだぞ。諏訪魔から3つ獲るの簡単だよ。今日はあえてこれで勝ったけど、大田区はこんなもんじゃねぇよ。耕平さんのエルボーと頭突きで、もう無理です。専務やらせてください、農業やらせてくださいって言わせてやるよ。農業に専念させてやるよ。全日本の50周年の企画の一つは農業。諏訪魔担当だから、それの。俺がチャンピオンになって盛り上げるから、諏訪魔は専務として農業担当として頑張ってもらいたいなと思います」

▼耕平「真正面からやってピッチリとベルト獲りたいと思います。ね?」

▼石川「はい。ただ、男児の頑張りだけは。あんな耕平さんのエルボー食らってあんだけやってくる男児だけはちょっと認めようかなと」

▼耕平「ちょっとあれでひっかき回されたら怖いなと思って先に潰して」

▼石川「あと俺、9日に北本。関本大介とのタイトルマッチ控えてるんで負けられないよ。このベルト、9日の試合後には三冠と並ぶぐらいの価値のあるベルトに俺がしてますから」

▼耕平「楽しみにしてます」