『G1 CLIMAX 31』広島サンプラザホール(2021年10月7日)
スペシャルシングルマッチ ○KENTAvs高橋ヒロム×

 内藤哲也の負傷欠場に伴って、KENTAとヒロムの一騎打ちが実現。元ジュニアでもあるKENTAが、“ヘビー級"として貫禄勝ちをおさめた一方で、「スーパージュニア最高に盛り上げてみろ」と“元ジュニア”としてメッセージを送った。

 当初は「KENTAvs内藤」のG1・Aブロック公式戦が予定されていた広島大会だが、内藤の負傷欠場でKENTAの不戦勝に。代わりに「KENTAvsヒロム」のスペシャルシングルマッチが組まれ、G1公式戦に匹敵する注目のシングルマッチが実現した。

 100kg以下のヘビー級選手が当たり前となった現状。ヒロムは「じゃあジュニアってなんなの?」と“ジュニアの存在意義"について問題提起を繰り返してきた。

 一方のKENTAも元ジュニアであり、かつて“対ヘビー"を掲げた過去を持つ。ノア時代は日本武道館での“ジュニア同士のGHCヘビー級選手権試合"を実現させ、ジュニアとヘビーの価値観を逆転させた。ヒロム発言を受けてKENTAは「まずはテメーんとこのジュニアでヘビー級より面白いもんみせてみろよ」と通告して、この日の一騎打ちへと至った。

 “ジュニアの意地"をまとって現れたヒロムは、のっけからショットガン・ドロップキックで奇襲して気概をみせたものの、KENTAはさっと場外に逃れて深入りは許さず。

 逆に場外戦で簡単に反撃に出ると、強烈な左ミドルキックを連発してヒロムを圧倒。必死に食い下がるヒロムをネックブリーカードロップやスリーパーで鎮圧し、内藤のホーム・広島で得意のポーズまで拝借しながら“ヘビー級"としての力の差をまさまさと見せつけていった。

 意地のヒロムも飛びつき式のコルバタや旋回式ファルコンアローで巻き返しを図ったが、KENTAはすぐさまパワースラムでねじ伏せ、DDTや河津落とし、STF…と攻めまくる。ヒロムが場外戦での反撃を狙っても、逆に場外でのパワースラムも発射。リングに這い上がってきたヒロムに低空ドロップキックをぶち込み、ヒロムが反撃に出ても今度はレフェリーとの交錯を誘って無法地帯を作り上げた。

 すかさずKENTAはイスを持ち出したが、ヒロムは「打ってこいよ!!」と絶叫しながら挑発。するとKENTAはイスを投げ捨てて“真っ向勝負"にこだわる…かと思いきや、突っ込んできたヒロムにカウンターのイス攻撃一閃。立て続けにフルスイングでイスを振り下ろし、グリーンキラーでニアフォールまで追い込むと、go 2 sleepを狙った。

 ヒロムも必死に体をバタつかせて着地。KENTAの生ヒザ式ランニングニーリフトをどうにかカウンターのラリアットで止めるや、ビクトリーロイヤルへ。TIME BOMBを着地されても、強烈なカウンター・トラースキックをことごとく当て、こん身のラリアットを発射だ。絶叫したヒロムは、コーナー・デスバレーボムから今度こそのTIME BOMBを狙った。

 だが、素早く着地したKENTAは、ポストを外していた金具コーナーにヒロムの顔面を叩きつけると、すかさずスクールボーイで丸め込み、鮮やかに3カウントを奪い去った。

 圧倒したうえで、最後はあしらうような老かいさであざ笑うように3カウント。「30台であのポーズができるメンタルが凄い」と嫌味を飛ばしていたヒロムの“ペコちゃん的舌出しポーズ"をTVカメラに向かってキメてから姿を消した。

 ジュニア時代のKENTAを垣間見せつつ、最後は“今のKENTA"で勝利。「これが“KENTA 2021"。なんか文句ある?」と切り出したが、「まずテメーんとこ(ジュニア)盛り上げろよ。お前、俺を火種にしてどうすんだよ? テメーら(ジュニア)でそれやれよ」と改めてヒロムを突き放した。

 一方で「ちょうど次、スーパージュニアあんだろ? 最高に盛り上げてみろよ。(石森)太二と金丸義信いんだろ? “ONE OF THE BEST"が2人もいて、面白くならねぇわけねーだろ? (その2人を)うまく使えよ」とさり気なくエール。次戦で当たるザック・セイバーJr.をイジりながら挑発して“G1集中"を強調しつつ、最後は「まあ結局、俺がなに言いたいかっていうと…高橋ヒロム、面白ぇじゃねーか。これからまだまだやってやるよ」と締めくくってみせた。

 一方のヒロムは悔しさにまみれて退場。「情けねえ」を連呼しつつ「俺が言ってきたことは、やってきたこと、これだけは否定されたくない! いつの日か、いつの日か必ず! 新日ジュニアが、最高だってことを証明してやる」と改めて“ジュニアがヘビーを凌駕する日"を見据えた。

【KENTAの話】「(※しばしの無言ののち)ちょっと座らせて(※と言ってフロアにあぐらをかく)。これが“KENTA 2021"。なんか文句ある? 誰にも文句言わせねぇよ。たとえお前が言ったところで、お前らがどんなに批判しようと、これが俺だよ。これが俺の今。俺は、対ヘビーでやってきた2000年代、二千何年かもう細かい……あの時代のことも誇りに思ってるし、今の自分にも俺、誇りに思ってるよ。お前がなんと言おうと、お前らがどんだけ俺を侮辱しようとも、俺たちは関係ねぇよ。俺たちっていうか、なんでお前もこっち側入ってきてんだよ、俺たちって! 俺には関係ねえよ。ま、ヒロム、俺が思ってること変わんねぇよ、やる前から。まずテメェんとこ、まずテメェんとこ盛り上げろよ。ほかのヤツもそうだよ。俺が発したことにかみついてきて、お前、俺を火種にしてどうすんだよ? テメェらでそれやれよ。違う? テメェらがそれ作って面白くすんだろうよ? 仲良しこよしはいいんだよ。な? (いら)ねぇんだよ。まずそれやれよ。ちょうど次、ジュニアの……『(BEST OF THE)SUPER Jr.』あんだろ? 最高に盛り上げてみろよ。(石森)太二と金丸義信いんだろ? “ONE OF THE BEST"が2人もいて、面白くならねぇわけねーだろ? (その2人を)うまく使えよ。ほんで、次は、誰だ? ザック? ザックね。アイツがまだペーペーだった頃から知ってるけど、ずいぶん調子こいてちゃって。なあ? 最近、調子乗っちゃって、バックステージも滑らかなご様子で……ええ? まあ、俺しかいねぇだろ、ザック止めんの? なあ次……完全に、ガッチリ、ザック止めてやるよ……いや、もう止まってんだよ! トモ(石井)が止めてんだろ! ツッコめよ! ハァ……止まってんだよ、もう。でも、ここ俺、ザックもいただくぞ。やってやるよ、ザック。ザック、ザック、ザック、ザック……。(※ゆっくり立ち上がりながら)まあ結局、俺がなに言いたいかっていうと……高橋ヒロム、面白ぇじゃねーか。これからまだまだやってやるよ」

【ヒロムの話】「情けねえ……情けねえ……情けねえよ、これだけ言って!(※手にしていたジャケットをフロアに叩きつける)これだけ言って、このザマだ。ただ、俺が言ってきたことは、やってきたこと、これだけは否定されたくない! いつの日か、いつの日か必ず! 新日ジュニアが、最高だってことを証明してやる。(※控室に歩を進めながら)情けなさすぎる。弱い……情けない! ああーーーーーッ! クソーーーーーーッ! ああーーーーーーッ!」