『2021旗揚げ記念シリーズ〜丸和セレクトホーム株式会社presents〜』埼玉・北本市体育センター(2021年10月9日)
アジアタッグ選手権試合 ○T-Hawk&エル・リンダマンvs岩本煌史&本田竜輝×

 T-Hawk&リンダマンの#STRONG HEARTSが岩本&本田に完勝し、アジアタッグ王座初防衛。青柳兄弟が挑戦を表明し、V2戦が浮上した。

 6・26大田区大会でゼウス&イザナギを破って最古のベルトを手にしたT-Hawk&リンダマンがこの日、ようやく初防衛戦を迎えた。挑戦者はタッグ結成間もない岩本&本田。絶対の信頼関係を誇る#STRONGHEARTSの敵ではなかった。

 T-Hawkとリンダマンはキャリアの浅い本田に的を絞って試合を支配。岩本がT-Hawkを一本背負い、リンダマンを裏投げでなで斬りにするなど巻き返したが、果敢に立ち向かう本田をリンダマンがエクスプロイダーで投げ飛ばして黙らせた。

 だが、岩本&本田もこのまま終われない。本田がT-Hawkとリンダマンをまとめてブレーンバスターで投げ飛ばすと、岩本がニーアッパー、本田がスピアーの連続攻撃でT-Hawkを攻め立てる。さらに本田がスピアーで二人まとめてなぎ倒す大立ち回りをみせたが、挑戦者組の攻勢もここまで。本田にT-Hawkのナックルパンチとリンダマンのエルボーを同時に叩き込んだ王者組は、リンダマンが岩本をジャーマン、トペコンヒーロで分断。最後はT-Hawkがケルベロスで本田を料理した。

 #STRONG HEARTSがアジアタッグ王座V1。リンダマンが試合後、「岩本&本田、ぽっと出のタッグ。茶化して茶化して何とか盛り上げてみましたけど、まだまだ俺たちのレベルに浸かってくるのはまだ早い」と言い切ったように、完勝で防衛ロードの第一歩を踏み出した。

 次に控える二人の大勝負は暮れの最強タッグだが、その前に新たな挑戦者が名乗りを上げた。青柳兄弟だ。試合後のリング上にやってきた弟・亮生が「このタイミングで入ってきたということは、どういうことだかわかりますか? こういうことだよ! そう、アジアのベルトに挑戦させてください!」とアピール。弟に呼び込まれて兄・優馬がパートナーとして登場したが、食事中だったようで口をモグモグさせるばかりだった。

 王者組も受諾はしたものの、これに激怒したのがT-Hawk。「あんまりアジアタッグナメんな。俺、ああいうふざけたことマジで大っ嫌いだから」と吐き捨てた。もちろん返り討ちに自信満々で「こいつが18歳、俺が23歳の時からの付き合いなんだよ。そんじゃそこらのなんちゃってタッグと違ぇんだよ」と絆の違いを強調。リンダマンも「青柳兄弟のあのしらけた雰囲気を見たら、会場内で誰も支持してないのがわかったでしょう。#STRONGHEARTS、GLEATにはこのアジアタッグのベルトを防衛していくのがこの全日本プロレスでの役割だと思ってます」と言い切り、「青柳弟、ふざけるんだったら、もっと思いっきりどんどんふざけてこいよ。くればくるほど俺もT-Hawkも、本気でふざければふざけるほど、本気で戦えば戦うほど、俺たちいくらでも、もっと素晴らしい試合しますよ。それが#STRONG HEARTSであり、GLEATの疾走感ある防衛ロード」と全てを受け止めて昇華する度量も見せつけていた。

【試合後のT-Hawk&リンダマン】
▼T-Hawk「まぁとりあえず初防衛ということで、試合後に現れた青柳兄弟だけど、リング上でも言ったけどよ、あんまりアジアタッグナメんな。俺、ああいうふざけたことマジで大っ嫌いだから。それとな、お前ら本当の兄弟かもしれないけど、俺らは兄弟じゃないわ。見た目は似てるかもしれない。だけどな、こいつが18歳、俺が23歳の時からの付き合いなんだよ。そんじゃそこらのなんちゃってタッグと違ぇんだよ。なぁ、リン?」

▼リンダマン「そういうことだ。青柳兄弟のあのしらけた雰囲気を見たら、会場内で誰も支持してないのがわかったでしょう。もうちょっと#STRONGHEARTS、GLEATにはこのアジアタッグのベルトを防衛していくことがこの全日本プロレスでの役割だと思ってます。とりあえず勢いに負けて挑戦受けてしまいましたけど、あんなぽっと出タッグ。今日も一緒ですよ。岩本&本田、ぽっと出のタッグ。茶化して茶化して何とか盛り上げてみましたけど、まだまだ俺たちのレベルに浸かってくるのはまだ早い。青柳弟、ふざけるんだったら、もっと思いっきりどんどんふざけてこいよ。くればくるほど俺もT-Hawkも、本気でふざければふざけるほど、本気で戦えば戦うほど、俺たちいくらでも、もっと素晴らしい試合しますよ。それが#STRONG HEARTSであり、GLEATの疾走感ある防衛ロード。そういうことですよ」


【試合後の岩本&本田】
▼本田「クッソー! 今日、タイトルマッチであの二人に散々言われたのに、結果を残せなかった自分が本当に悔しいです。でも、まだこれで終わりじゃないんで、次11月から始まる最強タッグに向けて、また岩本さんともっともっと練習して、絶対あいつらからベルトを取り返したいです。クソ!」

▼岩本「今、本田が言ったように、今日アジアタッグ、STRONG HEARTSの二人から獲れなかったかもしれない。でも最強タッグもあるし、来週には大田区のビッグマッチもある。俺らは本気で大田区の8人タッグをアジアタッグ選手権試合に変えてやろうという気持ちで今日臨んだ。けど不甲斐ない結果に終わった。悔しすぎるだろ。このタッグでこの悔しさを晴らすには最強タッグしかねぇだろ。俺と本田で、期待値は低いかもしんねぇよ。ただ、今日見てわかっただろ。本田を。やれるんだよ、あいつも。最強タッグでDグループ、俺らが突破してやろうじゃねぇか。#STRONGHEARTSの二人、AだかBだかわかんないけどよ、突破してこいよ。俺らも登りつめる。絶対登りつめる。もう一度、最強タッグの舞台で#STRONGHEARTS、T-Hawk、エル・リンダマン、もう一度勝負させてくれ」


【青柳&亮生の話】
▼青柳「何も聞いてないよ俺」

▼亮生「きたでしょ。俺たちいこうよって感じ取れなかった?」

▼青柳「何もないよ俺たちには。青柳兄弟、何にもないよ」

▼亮生「ないから獲りにいくんでしょ。今回、俺たちがアジアタッグ獲りますから、応援よろしくお願いします」

▼青柳「そうだね。流出してるから取り返さないとね。青柳兄弟で、何にもない俺たちが取り返すぞ」

▼亮生「やってやりましょう!」

▼青柳「ちゃんと言ってよ!」