『G1 CLIMAX 31』宮城・ゼビオアリーナ仙台(2021年10月13日)
Aブロック公式戦 ○ザック・セイバーJr.vs矢野通×

 ザックが矢野の暗闇作戦、手錠作戦をことごとく突破して6勝目。飯伏、鷹木、KENTAと並ぶ首位タイに浮上した。

 内藤、飯伏、鷹木を3タテしたザックだが、その後2敗を喫して勝ち点10。それでも首位を2点差で追う好位置につけて終盤戦を迎えた。8戦目となったこの日の相手は策士・矢野。様々な策を講じてきたが、ザックは対処してみせた。

 入場直後の矢野が阿部リングアナからコールを受けようとしていたその時、ザックがスリーパーで絞め上げて奇襲。開始のゴングが鳴った。そのまま回転十字固めに持ち込んで早くもニアフォールに追い込み、矢野が丸め込みで応戦しても3カウントを許さず。矢野にハッピを脱ぐ間も与えずグラウンドコブラで丸め込んだ。

 ギリギリで肩を上げた矢野はハッピを脱ぎ捨てると場外戦を要求。ザックが追いかけると入れ替わるようにリングインし、「レスリングやってやるよ」と宣言した。ザックがリングに戻るとめまぐるしいバックの取り合いを展開。ロープに押し込んでのフロントスープレックスで投げ飛ばすと満足したか、矢野は「みとけ、お前ら!」とザックを入場ゲート奥へと連行した。

 物騒な音が響く中、一人戻ってきた矢野がリングイン。ザックは黒頭巾をかぶせられてリングアウト寸前に追い込まれた。何とかリングに生還すると、矢野がお株を奪う腕ひしぎ逆十字で捕らえたが、難なく逃れたザックが腕ひしぎ逆十字固めでギブアップ寸前に追い込む。不利と見た矢野は場外戦に持ち込み、リング下を物色したが、ザックがアンクルホールドで捕らえた。それでも矢野は手錠でザックの右腕をロックしたものの、ザックは矢野の左手に手錠をかけて逃げ場を奪った。

 リングアウト寸前にリングに戻ると、両者は丸め込み合戦を展開。ザックが飛びつき三角絞めで絡みついた。矢野が隠し持っていたカギを持ち出したが、ザックは外させず腕ひしぎ逆十字固めで絞め上げて矢野をギブアップさせた。

 ザックが矢野の暗闇作戦、手錠作戦をことごとく突破して6勝目。飯伏、鷹木、KENTAと並ぶ首位タイに浮上した。最終公式戦は10・18横浜大会のロア戦。「俺は今年のG1で一番コンディションがいいし、ケガ一つない。ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ!」と絶好調を強調したザックは「俺は間違いなく決勝戦に進む」と確信。残念ながらタイチとのデンジャラステッカーズ決勝対決は実現できなくなってしまったものの、「Bブロックから上がってくる相手は別に誰でもいい」と豪語し、今から決勝の舞台を見据えていた。

【試合後のザック】
▼ザック「(※皮肉を込めたトーンで)このリングでトール・ヤノと向き合えることを、俺はとても光栄に感じてる。彼は本当に素晴らしいレスラーだ! 今日の俺たちの試合を見た世界のみんなにG1がプロレス界で最も名誉あるトーナメントだってことが伝わったことだろう。彼のテクニックはまさにプロとしか言いようがない。今日は純粋なプロレスの試合をさせてもらえたよ。トール・ヤノに俺は毎回感嘆されられるばかりだ。ジョーダンデショ! 本気で言ってるわけないだろ! 日本人にも皮肉は通じるよな? こういうの何て言うんだっけ? “ヒニク"だよ。冗談に決まってるだろ! トール・ヤノの存在は恥でしかない! でも今日、仮に俺が負けてたら敗退したことになってただろ? そうなってたら俺は今頃、怒り狂ってたな! ヤノのヤロー! いつもふざけた試合ばっかしやがって! あいつはバカそのものだ! でもこれで12点だから問題ないよ。決勝まであともう少しだな。決勝戦はデンジャラス・テッカーズ同士の対決になるって予想してたけど、タイチは成績的に決勝戦進出は難しいのかもな? 現在のBブロックの1位は誰だ? カズちゃん? オカダ?」

――とジェフ・コブです

▼ザック「ジェフリー?」

――それから、EVILもまだ可能性があります。

▼ザック「あー、PUMPKIN BOLLOCKS? あいつの存在をすっかり忘れてたよ! 俺的にはEVILに決勝戦に上がってきて欲しいけどな。HOUSE OF TORTUREだっけ? TORTURE(拷問)ってあいつにピッタリの名前じゃん。あいつの試合を見てるだけで拷問だからな。俺は間違いなく決勝戦に進むから、Bブロックから上がってくる相手は別に誰でもいい。俺は今年のG1で一番コンディションが良いし、ケガひとつない。ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ、ゲンキ! ファイナルまであともうちょっと。これで8人下して、残るバカは1人。じゃあな」


【矢野の話】「(※左手を押さえながら)痛い! 手首が痛い! 手首がとれる。痛ーッ!」