『G1 CLIMAX 31』山形市総合スポーツセンター(2021年10月14日)
Bブロック公式戦 ○棚橋弘至vsYOSHI-HASHI×

 YOSHI-HASHIの逸材超えならず。棚橋が2年連続でYOSHI-HASHIを破って4勝目を挙げた。

 US王者・棚橋はここまで3勝4敗と黒星先行。公式戦最終日を待たずして脱落に追い込まれ、3年ぶり4度目の優勝は水泡と帰してしまった。8戦目となったこの日はYOSHI-HASHIと対決。昨年も両者は同ブロックで棚橋が勝利している。シングル未勝利のYOSHI-HASHIにとって棚橋超えは悲願だが、今年も逸材が高い壁となった。

 まずはYOSHI-HASHIが逆水平やエルボーで押し込んだが、棚橋は低空ドロップキックで左ヒザを射抜いて得意の足攻めを開始。YOSHI-HASHIが悲鳴を上げる時間が続く。しのいだYOSHI-HASHIは逆水平を連発して打撃戦に持ち込もうとしたが、左ヒザを何度も蹴りつけられて動きが止まった。

 それでもYOSHI-HASHIは起死回生のヘッドハンターで反撃ののろしを上げた。逆水平で何度も快音を響かせ、棚橋がツイストアンドシャウトを決めても、そのまま起き上がってブレーンバスターで応戦。だが、棚橋も正調、トップロープに乗せてとツイストアンドシャウトを連発して優位に立った。

 その後、YOSHI-HASHIが逆水平、棚橋が太陽ブローを打ち合う意地の打撃戦に突入。YOSHI-HASHIが張り手をぶち込み、ドラゴンスープレックス、ラリアットの波状攻撃に出る。棚橋が左張り手で応戦しても、YOSHI-HASHIはショートレンジラリアットでやり返し、変型バックブリーカー、ランニングダブルニー、KUMAGOROSHIの波状攻撃でたたみかけた。

 たが、カルマは棚橋が決めさせない。ツイストアンドシャウトで逆襲し、スリングブレイドをさく裂。YOSHI-HASHIがラリアット、トラースキックで応戦しても2発目のスリングブレイドで動きを止め、ハイフライアタック、ハイフライフローを立て続けに発射して3カウントを奪った。

 棚橋が2年連続でYOSHI-HASHIを撃破。4勝目を挙げ、勝敗をイーブンに戻して10・20武道館大会での最終公式戦を迎えることになった。勝ち越しがかかる最後の相手はIWGPタッグ王者・タイチ。「リーグ戦の勝敗にも表れてるように、圧倒的な力で圧倒的に勝つっていうのは難しくなってきてる」と自身の現状を噛み締めつつ棚橋は「やっぱり一つでも勝ち越して終わるのは気分も違うしね」とタイチ撃破を見据えた。

 「G1に優勝したい、IWGPを巻きたい、USベルトを盛り上げたい。いろんな目標があって、それが前に進む力になってるけど、一番大きな目標はプロレスを守りたいんですよ」。優勝はついえても、その思いを原動力に逸材は勝ち越しによるG1完走を目指す。

【棚橋の話】「(※右肩にUSのベルトを掛けて)これで最終戦を残して4勝4敗。次の日本武道館がカド番。勝ち越すか、負け越すか。ちなみにタイチは何勝何敗? 勝ち越してる? 負け越してる? (※負け越していると聞いて)そうか。やっぱり、ひとつでも勝ち越してね、終わるのは気分も違うしね。もう、こうねG1のリーグ戦のね、勝敗にも表れてるように、圧倒的な力で圧倒的に勝つっていうのは難しくなってきてる。難しくなってきてるけど、だからね、YOSHI-HASHI、早く、早く来いよ。YOSHI-HASHI、棚橋に早く勝たないと、もう旨味、成分、全部抜けちゃって、出がらしになっちゃってるから。棚橋が出がらしになる前に、勝つなら早いうちだぞ、YOSHI-HASHI。俺もいつまでもこの状態でいるつもりはないからさ。G1に優勝したい、IWGP(世界ヘビー級のベルト)を巻きたい、USベルトを盛り上げたい。いろんなね、目標があって、それが前に進む力になってるけど、いっちばん、いっちばん大きな目標はプロレスをね、守りたいんですよ。ありがとうございました」

【YOSHI-HASHIの話】「(※片ヒザを着いて)もう何も言うことはないよ。とりあえず俺はリング上で、俺が今思ってることをあの人に話したから。とりあえず、もうとっくに公式戦敗退してるけど、でも俺はこないだ話した通り、1個でも勝ち星を持っていく。1個でも多く勝ち星をかっさらっていかないと次につながらない。1個でも勝って。まだG1終わってないけど、タッグリーグもあるし、それにつなげるための勝ちを1個でも俺は拾ってくから…」