『Road to POWER STRUGGLE』東京・後楽園ホール(2021年10月24日)
○タマ・トンガ&タンガ・ロア&邪道vsオカダ・カズチカ&真壁刀義&本間朋晃×

 絶好調のタマが本間をガンスタンで葬り圧勝。オカダは希望が認められ、IWGPヘビー級王座の4代目ベルトを権利証代わりに持参したものの、タマの勢いに押し切られた。

 7年ぶり3度目のG1制覇を果たしたオカダ。通例なら翌年新春の東京ドーム大会でのIWGP世界ヘビー級王座挑戦権利証が贈呈されるのが習わしだが、オカダは権利証代わりに封印された4代目IWGPヘビー級のベルトを要求。それが認められて、この日、ベルトを肩にかけて登場した。

 G1公式戦で唯一の黒星を喫したタマと11・6大阪大会で挑戦権利証を懸けての再戦が決まり、その前哨戦で両者は対決。G1決勝から3日かしか経っていないにもかかわらず、オカダは気合いの入った表情でリングに入ったが、試合ではタマが絶好調ぶりを見せつけた。

 のっけからオカダとタマが向かい合う。オカダが豪快なフロントハイキックを放てば、タマもリープフロッグからのダブルチョップで応戦。タマのDSD(ダブルアーム式パイルドライバー)、オカダのレインメーカーはともに未遂に終わった。

 オカダがロアに攻め込まれた直後、2人は再び対峙。タマはリバースガンスタンで追い討ちをかける。マネークリップやドロップキックを完璧に防ぎ、研究の成果を見せたものの、オカダはフラップジャックでなんとか振り払った。

 あとを受けた本間がブレーンバスター、小こけしとたたみかけるが、真壁とのサンドイッチラリアットはタマが同士討ちを誘って阻止。本間にトンガンツイストを繰り出した。急行したオカダが加勢を狙ったロアをドロップキックで排除し、本間にゲキを飛ばすが、タマはそのスキを突いてヴェレノで突き刺す。そして、本間にはガンスタンをズバリ。一気にタマが勝利した。

 コーナーに上がってオカダを挑発したタマは、バックステージでも「レインメーカーの時代はもう終わった! ここから俺の時代が始まる! 俺がニュージャパン・プロレスを思い通りに動かしてやる」と豪語。「G1公式戦の真っ向勝負で、この俺に負けている事実をもう一度しっかり受け止めるべきだ。このシリーズでお前が誰と組んで対角線に立とうが、俺がブッ飛ばして、お前を仕留める。今のお前にかつての強さは見えねぇ。今のお前じゃもうカネの雨は降らせられないんだよ! お前はもう“ゴールデンボーイ"なんじゃねぇ!」と言い放った。

 一方、迎え撃つオカダは余裕を崩さず、「タマ、俺を倒すなら早いうち倒したほうがいいよ。まだG1のダメージが多少あるけども、今のうちにどんどんどんどん攻めてこないと」とメッセージ。権利証代わりに手にした4代目IWGPヘビーのベルトを見せつけると、「まあ、『G1 CLIMAX』のチャンピオンではあるけども、このベルトのチャンピオンではなく権利証というものをこうやって持って、まあ東京ドームに向けてもそうだし、その先の闘うときはいつでも、このベルトを持って行きたいなと思います」と強い思い入れを示した。

【タマの話】「レインメーカーの時代はもう終わった! ここから俺の時代が始まる! 俺がニュージャパン・プロレスを思いどおりに動かしてやる。オカダ、俺なんて眼中にないか!? それならG1公式戦の真っ向勝負で、この俺に負けている事実をもう一度しっかり受け止めるべきだ。このシリーズでお前が誰と組んで対角線に立とうが、俺がブッ飛ばして、お前を仕留める! 今のお前にかつての強さは見えねぇ。今のお前じゃもうカネの雨は降らせられないんだよ! お前はもう“ゴールデンボーイ"なんかじゃねぇ!」

※ロア&邪道はノーコメント


【オカダの話】「タマ、俺を倒すなら、早いうちに倒したほうがいいよ。まだG1のダメージが(※指で小さな隙間を作り)多少あるけども、今のうちにどんどんどんどん攻めてこないと。まあ、いい。ヴェレノも食らったよ。どんどんどんどん来てよ。じゃないとお客さんも『もう100%オカダが勝つよね』って思ってしまいますよ。(※4代目IWGPヘビーベルトをカメラに示し)まあ、(IWGP世界ヘビー挑戦)権利証、言ってきたように、俺はね、チャンピオンじゃないから。まあ、『G1 CLIMAX』のチャンピオンではあるけども、このベルトのチャンピオンではなく権利証というものをこうやって持って、まあ東京ドームに向けてもそうだし、その先の闘うときはいつでも、このベルトを持って行きたいなと思います」

【真壁の話】「オイ、あのクソ野郎たちから“ケジメ"獲ってやるよ。今シリーズ限りだよ。カッチリとケジメ獲ったる」

※本間はノーコメント