『Road to POWER STRUGGLE』東京・後楽園ホール(2021年10月24日)
○SHO&EVIL&高橋裕二郎&ディック東郷vs後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI&藤田晃生×

 NEVER6人タッグ王座戦に向けてHOUSE OF TORTUREが圧勝。新人の藤田をパイプイス攻撃からのスネークバイトで仕留めたSHOは「CHOASごと潰してやるよ」と予告した。

 BULLET CLUB内チーム・HOUSE OF TORTUREを立ち上げたEVIL。初陣となった10・21日本武道館大会では裕二郎&SHOと組んで、NEVER6人タッグ王者の後藤&石井&YOSHI-HASHIをノンタイトルながら無法撃破。11・6大阪大会でのタイトル挑戦を決めた。今宵は前哨戦として、東郷とのHOUSE OF TORTUREフルメンバーで後楽園に登場。雪辱に燃える王者3人に新人の藤田を加えたカルテットと対戦したが、やりたい放題に暴れ回った。

 武道館でいいようにやられてしまった王者トリオが奇襲。合体攻撃や連係を駆使して裕二郎、SHOを圧倒する。若い藤田もドロップキックで加勢。裕二郎に気迫全開で飛びかかるが、エルボーでねじ伏せられると場外戦へ。お返しとばかりにHOUSE OF TORTUREが場外で相手4人を暴行した。その後、先輩と組むのが初めてとなった新人の藤田を代わる代わる蹂りんする。

 控えの後藤たちも何度も襲撃されてしまうが、藤田がSHOのスネークバイトに捕まったところではカットイン。同士討ちを誘いつつ、連係攻撃で巻き返しを図るが、返り討ちに遭い、石井もSHOのラリアットにねじ伏せられる。東郷がレフェリーの注意を引きつけているスキに、SHOは藤田の脳天にパイプイスを一撃。スネークバイトで絞め上げて一気にレフェリーストップ勝ちを決めた。

 王者トリオにほとんど何もさせず、HOUSE OF TORTUREが完勝。試合後も後藤たちを暴行すると、大の字になった藤田の前で、奪い取ったベルトを掲げて勝ち名乗りを上げる。EVILは場外でうずくまるYOSHI-HASHIを「これは俺のもんなんだよ、バカヤロー。防衛は永遠? 笑わせんな」と挑発した。

 武道館大会に続き、非情なパイプイス攻撃を見せたSHOは、元CHAOS所属にもかかわらず、「CHAOSなんかなぁ、クズの集まりだ。ひとりひとり、クズしかいねぇじゃねぇか」と古巣を罵倒し、「俺たち、CHAOSごと潰してやるよ!」と予告した。

 一方、石井は「田中! ずいぶんくだらねぇレスラーになったな。それでいいのか? 人を使う、ものを使う、テメェじゃ何一つできねぇな。これからのテメェのプロレス人生、無駄な時間を過ごすんだな」と変貌したSHOを酷評。さらに、9月配信の『NJPW STRONG』で遺恨が生まれたNEVER王者ジェイ・ホワイトから対戦要求を受けたことに言及し、「交換条件があったな。俺が負けたら、二度とNEVERのベルトに挑戦すんな? おぉ、いいよ。やってやるよ。そんなんで俺がひるむとでも思ったか? これで決定だな! 11月、アイツの首とNEVERのベルトを獲りに、アメリカに乗り込むぞ」と宣言した。

【試合後の裕二郎&SHO】
▼裕二郎「(※インタビュースペースに向かいながら)グッジョブ、SHO!」

▼SHO「(※EVIL、裕二郎、東郷を背後に従えて)CHAOSなんかなぁ、クズの集まりだ。一人ひとりクズしかいねぇじゃねぇか。俺たちがCHAOSごと潰してやるよ!」


【石井の話】「オイEVIL、このベルト、何回いらねぇ、いらねぇつって、何回挑戦してんだ? 言っといてやるよ。今回も獲れねぇよ。あぁ!? 過去もなぁ、パートナーじゃなくて、原因はテメェにあんだよ。パートナーを変える前に、まず己を知れ! それから田中(SHO)! ずいぶんくだらねぇレスラーになったな。それでいいのか!? 人を使う、物を使う、テメェじゃ何ひとつできねぇな。これからのテメェのプロレス人生、無駄な時間を過ごすんだな。それからもう1人、ジェイ! やっと俺の呼びかけに応えたな。長ぇんだよ! あぁ!? 何ヶ月待たせんだよ! そんなに俺とやるのが嫌なのか!? 交換条件があったな。俺が負けたら2度とNEVERのベルトに挑戦すんな!? おぉ、いいよ。やってやるよ。そんなんで俺が怯むとでも思ったか? これで決定だな! 11月、あいつの首とNEVERのベルトを獲りに、アメリカに乗り込むぞ」

【YOSHI-HASHIの話】「オイ、EVIL! このベルトを気安く投げ飛ばしてんじゃねぇよ、コノヤロー! オメェごときが、この6人(タッグ王座のベルト)、獲れるわけねぇんだ。何回やっても一緒だ、この野郎。ベルト放り投げるようなヤツに、このベルト獲れるか、この野郎!」

※後藤&藤田はノーコメント