『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』東京・後楽園ホール(2021年11月13日)
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦 ○高橋ヒロムvsYOH×

 昨年覇者・ヒロムがYOHに技あり勝利で連覇へ向けて始動。次戦で当たるSHOを「金魚のフン」呼ばわりするなど疑問を投げかけた。

 昨年覇者のヒロムは今年、スーパージュニア連覇を狙う。初戦の相手はYOH。11・6大阪大会でSHOを襲撃し、元パートナーに狙いを定めている。

 YOHは純白のコスチュームで登場。対するヒロムは自作の「BOSJ攻略本」を持参してきた。YOHのページを開くと、そこには「本当の友達募集中」と書かれていた。それをミラノコレクションA.Tに渡していると、YOHがプランチャ、トペコンヒーロで奇襲して先手を取った。

 早くもDIRECT DRIVEを狙う積極性をみせたYOHは、各種エルボーを連発すると、ファルコンアローで一気に攻め立てる。ヒロムがトラースキックで反撃しても、すぐさまトラースキックで応戦。ならばとヒロムはロープに押し込んでのジャーマンで投げ、ラリアットを叩き込んだ。さらにコーナーへのデスバレーボムで追い討ちをかけたが、TIME BOMB狙いはYOHが回転エビ固めで切り返し、首固めでニアフォールに追い込んだ。

 ならばとヒロムは逆さ押さえ込みで転がすと、TIME BOMB IIを仕掛けたが、これも食い止めたYOHは高速ドラゴンスープレックスを敢行。DIRECT DRIVEは逆にヒロムが阻止すると、腕を取っての変型のエビ固めで丸め込んであっという間に3カウントを奪った。

 ヒロムがYOHを技あり料理で初戦白星。連覇達成へ向けて好スタートを切った。「君の焦り、勝ちにいく焦り、それは大事だ。俺には伝わった。大丈夫、お前のファンにもちゃんと伝わってるよ」とYOHを称えたヒロムだが、そのYOHの元パートナー・SHOには手厳しい。

 次戦の11・15後楽園大会での直接対決へ向けてSHOを「金魚のフン」呼ばわりしたヒロムは「そういう金魚のフンだったSHOが、CHAOSを裏切った瞬間、俺はゾクゾクしたよ! これから先、ジュニアが変わるんじゃないかって、ジュニアに面白い何かが生まれるんじゃないかってワクワクした。その結果がお前、今度はEVILのフンになっただけなのか? オイ、CHAOSを抜けた理由は“金魚"探しですか? 金魚探しのセンスもねえな」と徹底的に酷評。「なあSHO、どんな“クソ"試合をしてくれるのか楽しみにしてるよ」と挑発した。

 この日、メインでIWGPジュニア王者・デスペラードを破ったSHOは「この狂ったジュニアのパワーバランスを俺が変えてやる」と宣言した。相容れない両者の対決は主張をぶつけ合う戦いとなりそうだ。

【ヒロムの話】「伝わったよ、YOH! 俺にはしっかり伝わってる! 勝ちたかったよな。今日はお前が勝たなきゃいけなかったなー。でも大丈夫、誇りに思っていいぞ。俺は“高橋ヒロム"だ。負けたことに誇りを持っていい。まあ、これだけ言っても丸め込んだだけだけどね。君の焦り、勝ちにいく焦り、それは大事だ。俺には伝わった。大丈夫、お前のファンにもちゃんと伝わってるよ。それからよ、YOH。お前の元友達の(※持参した『BEST OF SUPER Jr.』の攻略本を開き)こっちにね、こっちだ。元友達のSHOだ。こいつ、終わってるな。いったいなにがしてえんだ? お前の悪い金魚のフン癖がとれたと思ったよ。いつもお前、CHAOSにいる時、先輩にヘコヘコしながら周りをウロチョロしててさ、シングルマッチの時だけイキイキしてて、そういう金魚のフンだったSHOが、CHAOSを裏切った瞬間、俺はゾクゾクしたよ! これから先、ジュニアが変わるんじゃないかって、ジュニアに面白い何かが生まれるんじゃないかってワクワクした。その結果がお前、今度はEVILのフンになっただけなのか? オイ、CHAOSを抜けた理由は“金魚"探しですか? 金魚探しのセンスもねえな。EVIL金魚は居心地がいいですか? EVILのフンになれた気分はどうですか? 次はお前が好きなシングルマッチだぞ。なあSHO、どんな“クソ"試合をしてくれるのか楽しみにしてるよ。YOHが引退する前にさ、(強い口調で)お前が引退しろや!!」


【YOHの話】「(※胸を指差し)空回りか…。また、まだ感覚が一致しない。感覚がさ。このシリーズで必ず取り戻す」