『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr. 28』東京・後楽園ホール(2021年11月14日)
「WORLD TAG LEAGUE 2021」公式戦 ○矢野通&棚橋弘至vsEVIL&高橋裕二郎×

 長ランを着込み、髪をリーゼントに固めてヤンキー化した棚橋と矢野がお株を奪う金的攻撃でEVIL&裕二郎を制裁。ワルにはワルで対応し、タッグリーグ初戦で快勝した。

 かつては抗争を繰り広げたこともある棚橋と矢野がタッグリーグで合体。新日本マットで暴れ回っている“HOUSE OF TORTURE"のEVIL&裕二郎と対戦したが、大事な初戦の入場時からいきなりどよめきを巻き起こした。

 棚橋と矢野は80年代に一世を風靡し、アニメや実写映画にもなった人気漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の主人公である“ヒロシとトオル"よろしく長ラン&リーゼント姿で登場。ゴングが鳴っても、棚橋はEVIL&裕二郎の髪を同時に引っ張るなど、ノリノリで試合を展開した。矢野とダブルショルダータックルを浴びせるなどチームワークもスムーズだった。

 場外戦を皮切りにHOUSE OF TORTUREが逆襲。セコンドのディック東郷が暗躍し、棚橋&矢野が反撃するチャンスをことごとく潰していく。それでも棚橋が裕二郎をツイスト&シャウトで足止めすると、矢野が再びリングイン。「悪さの違いをご堪能ください」と宣言すると、ハイスピードでコーナーパットを引っぺがし、金具に裕二郎を激突させた。「このシャバ僧が!」とヤンキーばりに叫ぶと、奪われたコーナーマットでの攻撃をキャッチし、棚橋とともにドラゴンスクリューの要領で捻り上げる。孤立した裕二郎を矢野のマンハッタンドロップで足止めすると、棚橋はスリングブレイドの構えに。

 ここで東郷が照明を落とし、HOUSE OF TORTUREは得意の闇討ち作戦に出る。暗黒の中でレフェリーをリングから排除し、無法地帯を作り上げると、EVILは矢野にローブローを一撃。2人がかりで矢野を痛めつけた。勝負を決めようと、裕二郎はステッキを振り上げる。だが、間一髪避けた矢野はEVILと裕二郎の同士討ちを誘うと、2人まとめて金的攻撃で返り討ちに。さらに、乱入した東郷をまとめた3人を棚橋とともに金的攻撃で制裁。すかさず矢野が裕二郎を丸め込み、3カウントをもぎ取った。

 ヤンキー化した棚橋と矢野が“ワルにはワル"で対応し、ラフファイトでHOUSE OF TORTUREを上回って快勝した。矢野は「オイ!! お前らシャバ僧ども、よく聞けよ、オイ。通はな!! 弘至を! 弘至は!! 通を! ずーーっと、ずーーっと欲していたんだよ」とご満悦。棚橋は「今回はただ出るだけじゃないから。本気で、超本気で、優勝狙ってっから。なぜなら! 東京ドームへの道は…自分でひらくしかないからね」とタッグリーグの先に新春の東京ドーム大会出場を見据えていた。

【矢野の話】「オイ!! お前らシャバ僧ども、よく聞けよ、オイ! 通はな!! 弘至を! 弘至は!! 通を! ずーーっと、ずーーっと、欲していたんだよ。そんなことはな! 何十年も前から決まっていたんだよ、バカ野郎!!」

【棚橋の話】「今回はただ出るだけじゃないから。本気で、超本気で、優勝狙ってっから。なぜなら! 東京ドームへの道は…自分でひらくしかないからね」

※EVIL&裕二郎はノーコメント