『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr. 28』東京・後楽園ホール(2021年11月14日)
「WORLD TAG LEAGUE 2021」公式戦 ○小島聡&天山広吉vs永田裕志&タイガーマスク×

 永田に合わせてマスクもタイツも青に揃えた“ブルータイガー"が奮闘したものの、最後は小島がラリアット一撃で勝利し、テンコジが初戦快勝。小島は合計101歳でのタッグリーグ制覇を宣言した。

 タッグリーグ開幕戦で第3世代が揃い踏み。2年ぶりの出場となる天山&小島と、永田&タイガーの無差別級コンビが対戦した。永田&タイガー組は永田の熱い勧誘を受けて、タイガーがスーパー・ジュニアではなく、タッグリーグを選択して実現した。

 マイクもタイツも青にしたタイガーは、のっけからテンコジの連係攻撃に攻め込まれたものの、鋭い蹴りを多用して逆転。永田とのチームワークもスムーズで、小島の右腕に集中砲火を浴びせた。

 テンコジも意地を見せ、永田を攻めて主導権を奪い取るも、小島のラリアットは永田が回避。低空ドロップキックで足止めすると、代わったタイガーがダイビングボディアタックを敢行する。さらに丸め込みで小島を翻ろう。テンコジカッターを空転させると、永田が加勢に。永田のエクスプロイダー、タイガーのタイガードライバーが小島に連続してさく裂すると、タイガーはタイガースープレックスを狙った。

 こらえた小島はコジコジカッターで反撃するも、タイガーは引かず。ラリアットをかいくぐり、飛びつき十字固めで丸め込むと、リバースダブルアームバーでギブアップを迫る。これはニアロープでエスケープを許すが、永田とのサンドイッチ延髄斬りで追撃。強烈なビンタからロープに飛んだ。しかし、ここで小島がラリアットをカウンターで一閃。一撃でタイガーを仕留めた。

 ジュニアとして出場したタイガーが奮闘して小島を追い詰めたものの、最後は一撃の破壊力で小島が激勝。2年ぶりの出場となったテンコジが白星発進を果たした。

 前身である「G1 TAG LEAGUE」を2001年と2008年に制覇しているテンコジだが、2012年に始まった「WORLD TAG LEAGUE」では2013年に準優勝した以降、優勝決定戦にすら進めていない。現在、小島は51歳、天山は50歳。年齢的には厳しい状況にあるが、小島は「天山と小島、2人合わせて101歳。101歳のプロポーズ、101歳のWORLD TAG LEAGUE制覇。30年×2、60年のキャリア。これだけ長い時間、ずーっとタッグチームでいたこと。決して、第一線とか、そんなことじゃないんだ。俺たちが今、生きてること、ここに! 立って! しゃべってること! それが現実だろ」と熱く語り、「俺たちはこのタッグリーグで優勝することを真面目に考えてるぞ」と優勝宣言をぶち上げた。

 「『テンコジじゃできねぇ』とか『テンコジ、もうダメだろう』と、何回も何百回も言われてきたよ! それでも俺たちは、今、ここに、生きてる。それを、このタッグリーグで証明してやるよ」と小島。パートナーの天山も「12チームか知らんけど、一個も残さず、全種優勝してやるから! コジといれば何も怖くない。絶対、俺たちテンコジが獲りにいくから」と必勝を誓っていた。


【天山の話】「ヨシ! 1発目からしっかりと、『WORLD TAG LEAGUE 2021』、テンコジとして、また出ました! 去年は出れなかった。悔しかったね! 今年は何としてでもって思いましたけど、このとおり、テンコジが『WORLD TAG LEAGUE 2021』、帰ってきたからには! 俺たちが、俺たちが! タッグと言ったら俺たちテンコジが! ガッチリ、今日の勝利もそうやけど、ガッチリ行くぞ、連勝で! 『WORLD TAG LEAGUE 2021』12チームか知らんけど、1個も残さず、全勝優勝してやるから! コジといれば、何も怖くない。絶対、俺たちテンコジが獲りに行くから! 『そんなもんウソや!』『アホや!』と思っとるかもしれんけど、間違いなく、本気やからね、今年。ガッチリ行きますよ!」

【小島の話】「天山と小島、2人合わせて101歳。101歳のプロポーズ、101歳のWORLDTAG LEAGUE制覇。30年×2、60年のキャリア。これだけの長い時間、ずーっとタッグチームでいたこと。決して、第一線とか、そんなことじゃないんだ。俺たちが今、生きてること、ここに! 立って! しゃべってること! それが現実だろ。な? 俺たちはこのタッグリーグで優勝することを、真面目に考えてるぞ。誰もできないと思ってる。そんなことは! 今まで! 何回だってあったよ! 『テンコジじゃできねぇ』とか『テンコジ、もうダメだろう』と、何回も何百回も言われてきたよ! それでも俺たちは、今、ここに、生きてる。それを、このタッグリーグで証明してやるよ」

【試合後の永田&タイガー】
▼永田「これまでもだいたい、初戦は悔しい思いをしてる。でもタイガーをパートナーに選んで間違いなかったね。何か俺らにない機動力っていうか、相手を切り裂くような切れ味というか、我々が重い蹴りなら、タイガーのは切り裂くカミソリのようなキックというか。試合が引き締まって、それが俺の体に憑依してさらにテンションが上がる。タイガー様々だよ。リーグ戦が楽しみです」

※タイガーが現れ、永田に「すみません」と謝りながら握手すると

▼タイガー「クソー! いやぁ…メチャクチャ悔しいすね! 小島さんとはね、毎朝、練習時間が一緒なんですよ、このコロナ禍でね。小島さんの練習をいつも見てるんだけどね、やはり、常にコンディションのいい人だからね、絶対ここは永田さんと1発、小島さんに泡吹かせて、(勝利を)獲りたいっていうのがあったんですけど、いやぁー、すみません」

▼永田「とんでもない」

▼タイガー「やっぱりヘビー級はすごいですよ。1発で流れを変えられるっていうかね、ジュニアにはないものを持ってる。いや逆に、僕的には面白いですよ。やりがいがすごい。やはり、永田さんを間近で見られるっていうね。僕は前にも言ってるけど、このプロレス界に入る前から永田さんを知ってて、尊敬してるんでね。やっぱり、永田さんとどうにか、BIG BOSS新庄(剛志)じゃないけど、優勝なんか目指さない。1勝1勝、勝ち上がりたいです。そして最後に、優勝ってものが見えてくればいいと思ってる。不可能じゃないと思いました、今日やって。またお願いします(※と握手)」

▼永田「またよろしく」