『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr. 28』東京・後楽園ホール(2021年11月15日)
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦 ○SHOvs高橋ヒロム×

 “拷問の館"HOUSE OF TORTUREの面々が乱入してヒロムを公開処刑し、SHOが非道な手段でスーパージュニア無傷の連勝。「残りのヤツら全員ただのカカシだ!」と勝ち誇った。

 SHOは凶器攻撃や拷問軍のメンバー乱入など悪行の限りを尽くし、開幕戦でIWGPジュニア王者のエル・デスペラードを撃破。2戦目で前回覇者のヒロムと激突した。昨年の公式戦でも対戦。真っ向勝負でヒロム超えを果たしていたが、ファイトスタイルを変貌させたSHOはまったく違うやり方で勝利を奪い取った。

 「バチバチやるの好きだろ? 来いよ」とのっけから挑発したヒロムは、いきなり串刺しラリアットを連発すると、場外戦で先制。早くもサンセットフリップパワーボムの構えに。しかし、SHOは指を絞め上げる反則で防ぐと、エプロンでの腕ひしぎ逆十字固めで左腕を攻めた。SHOは「この口か!」とバックルカバーで口を塞いで呼吸を妨害すると、腕への一点集中攻撃に出る。

 ヒロムも気を吐き、エプロンからの場外ドロップキックやエプロンデスバレーボムなどで反攻したものの、腕を攻められると急ブレーキ。止まらないSHOは投げ捨てジャーマン2連発やパワーボム、ラリアット、クロスアーム式パイルドライバーとこれでもかと大技を繰り出した。

 粘るヒロムはショックアローをDDTで切り返して反撃に成功。SHOがスパナを持ち込んでも、トラースキックで返り討ちにすると、コーナーへのデスバレーボムがさく裂する。さらに、トラースキック2連発でSHOを棒立ちにすると、ラリアット、ビクトリーロイヤルと大技ラッシュを浴びせた。

 決定的チャンスを掴んだヒロムだったが、SHOはレフェリーとの交錯を誘い、無法地帯を作り上げると、金的攻撃で制裁。ここからHOUSE OF TORTUREのメンバーが我が物顔で乱入する。ディック東郷がスポイラーチョーカーで絞め上げると、高橋裕二郎がスティック攻撃で一撃。さらにはEVILが必殺のEVILを強行した。メンバーが去っていくと、場内が静まりかえる中、不敵な表情を浮かべたSHOがスネークバイトに捕獲。レフェリーは慌てて試合をストップし、SHOが無法勝利を挙げた。

 試合が決してもSHOは技を解かず。見かねた鷹木信悟が実況席から救出に飛び込むと、HOUSE OF TORTUREの面々はリングを降りてしてやったりの表情。またも反則を駆使してSHOが2勝目を挙げた。「この前のジュニアのチャンピオンだとか、スーパージュニア去年の覇者だとか。もうそんなもんはな、俺よりランクがいくつも下なんだよ!」と言いたい放題のSHOは、「ということはよ、残りのヤツら全員ただのカカシだ! 俺とやれるの楽しみにしとけよ!」と予告。このまま無法勝利を重ねて、スーパージュニアをぶち壊しにする構えだ。

【SHOの話】「見ての通り、オレの圧勝だ。ノーダメージ、パーフェクト勝利。この前のジュニアのチャンピオンだとか、スーパージュニア去年の覇者だとか。もうそんなもんはな、俺よりランクがいくつも下なんだよ! ということはよ、残りのヤツら全員ただのカカシだ! 俺とやれるの楽しみにしとけよ!」

※ヒロムはノーコメント