『D王 GRAND PRIX 2021 II in Korakuen Hall』東京・後楽園ホール(2021年11月21日)
Bブロック公式戦 △岡林裕二vsHARASHIMA△

 スマイルピッサリ対決は互いに譲らず白熱のドロー決着に。岡林は3勝2分の無敗で公式戦を終えたものの、優勝決定戦進出を逃した。

 ここまで3勝1分の岡林と4敗のHARASHIMA。好対照な結果を残してきた2人が、最終公式戦で激突した。2人は“スマイルピッサリ"として、2020年の年越しプロレスで行われたシャッフルタッグトーナメントを制し、KO-Dタッグ王座も戴冠経験のある元パートナー同士。岡林はブロック突破に向けて攻めに攻めたが、HARASHIMAも意地を見せ、白熱の好勝負となった。

 シングル初対決は静かな立ち上がりに。関節技でリズムを掴んだHARASHIMAは左ヒザに一点集中攻撃。岡林の悲鳴が後楽園ホールに何度も響いた。長時間劣勢が続いた岡林だったが、ヒザを掴みに来たHARASHIMAを強引なサイドスープレックスで放り投げて反撃ののろし。重たい逆水平を連続して叩き込むと、チンロックやサーフボードストレッチなど原始的な技で絞め上げる。場外ではアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げ、そのままリングサイドを歩き回り、四方のファンに写真撮影するようアピールした。

 粘るHARASHIMAはスワンダイブ式プランチャで試合を立て直すと、闘志に火が点き、岡林と「そんなもんか!」と吠えながら逆水平合戦を展開する。途中でミドルキックに切り換えて、激しいラリーが継続。胸板を真っ赤に腫らしながらも、フロントハイキックで押し切りにかかるが、岡林もパワースラムで譲らなかった。

 岡林はアルゼンチンバックブリーカーにこだわって勝負に出る。抵抗したHARASHIMAはジャンピングハイキックやハイキックを返すも岡林は倒れない。ならばとHARASHIMAはリバースフランケン、スタンディング式蒼魔刀でたたみかけるが、正調蒼魔刀は先に動いた岡林がラリアットで迎撃した。

 譲らない2人は頭突きやエルボーを打ち合って火花。岡林は左目尻から出血するも、気にせず打撃戦を継続し、ショートレンジラリアットで首を刈る。そしてリング中央でアルゼンチンバックブリーカーに捕獲した。HARASHIMAも粘りに粘ってギブアップを拒否。残り5分を切ったところでスリーパーで切り返すと、ヒザ十字固めの構えに。こらえた岡林はジャーマンでぶっこ抜き、ラリアットを連発したが、HARASHIMAはキックアウト。必殺のゴーレムスプラッシュを山折りで迎撃すると、HARASHIMAは腰を、岡林はヒザを強打して苦もんする。

 時間切れが迫る中、HARASHIMAはミドルキック、岡林は逆水平にこだわり、またも打撃戦で真っ向勝負。2人は笑みを浮かべて打ち合うと、ビンタ合戦で競り合う。岡林はパワーボムで押し切りにかかるも、HARASHIMAはギリギリで肩を上げる。ならばと岡林はまたまたアルゼンチンで担ぎ上げたものの、HARASHIMAは最後まで耐え抜き、試合終了のゴングが打ち鳴らされた。

 試合後は笑顔で健闘を称え合うと、再戦を誓い合い、互いにピッサリポーズを決めた。岡林は3勝2分の無敗でD王GP公式戦が終了。しかし、第5試合で勝利した竹下幸之介がブロック突破となり、岡林の優勝決定戦進出はならなかった。それでも初出場したD王GPでトップ選手を次々と撃破し、竹下やHARASHIMAとは時間切れ引き分けの熱戦を展開して、DDTマットに大きな爪跡を残した。一方、HARASHIMAは4敗1分と未勝利でリーグ戦を終えたが、岡林との熱戦を満喫できた様子で、表情は晴れやかだった。