ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われたロウが日本時間23日、ライブ配信され、ロウ女子王者ベッキー・リンチが次期挑戦者リブ・モーガンのインタビューに割り込んで挑発したものの、顔面エルボーを食らってしまった。

 ベッキーは前日の『サバイバー・シリーズ』でスマックダウン女子王者シャーロット・フレアーとの女王対決に勝利。一夜明けたこの日、リプとの防衛戦へ向けて「新しいチャプターに進むが、次期挑戦者は負け犬のリブ・モーガン。私に勝てる訳がない」と言い放った。

 その後、バックステージでリブがインタビューを受けていると、そこへベッキーが乱入。「タイトルを手にしたことがない」と挑発した。リブが「先週、手にしたけど」と反論すると、ベッキーは「ファンの子にタイトルを持たせることはあるけど、その子が王者になったってことじゃない」と嘲笑。これに感情をあらわにしたリブはベッキーの顔面に怒りのエルボーを叩き込んで遺恨を深めた。