『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』東京・後楽園ホール(2021年11月24日)
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦 ○高橋ヒロムvsBUSHI×

 ヒロムが毒霧まみれになりながらもロス・インゴ軍の同門・BUSHIを撃破。解説を務めた内藤哲也に対し、「両国国技館のメインイベントはもちろんジュニアがいただく」と“宣戦布告"した。

 公式戦6試合のうち、実に5試合が同門・パートナー対決となった今大会。メインイベントではヒロムとBUSHIのロス・インゴ対決が組まれた。昨年のスーパージュニア公式戦で2人はシングル初対決。ヒロムが勝利していた。

 内藤が実況席で試合を見守る中、2人はのっけからアグレッシブにせめぎ合う。お互いを知り尽くしているだけに戦いは一進一退となったが先に流れに乗ったはBUSHI。ヒロムのサンセットフリップパワーボムをフランケンシュタイナーで切り返す離れ技を決めると、すかさず矢のようなトペスイシーダを放ち、勢いを掴んだ。

 一方、ヒロムもフランケンで飛びついてのD(三角絞め)で応戦。長時間絞め上げてBUSHIの動きを止める。裏の読み合いに発展してもトラースキックやラリアットで優勢に進めた。BUSHIは怒とうの大技ラッシュで逆襲に出たものの、ヒロムはコーナーめがけてのフロントスープレックスで鎮圧。エプロンに追いやり、今度こそサンセットフリップパワーボムを敢行する。

 ヒロムはコーナーへのデスバレーボムから、さらなる大技で仕留めにかかるが、ことごとく切り抜けたBUSHIは海野レフェリーを盾にして前進し、毒霧を顔面に噴射。視界を塞がれて悲鳴を上げるヒロムに対し、コードブレイカーで追い討ちすると、必殺のエムエックスを狙ってダイブする。

 ここでひらめきを発揮したヒロムはコードブレイカーで空中撃墜。試合を五分に戻すと、アクセルを再び踏み、変型ダイナマイトプランジャー、ビクトリーロイヤルでたたみかける。粘るBUSHIのブシロールをギリギリでキックアウトすると、ヒロムはラリアットを2連発で放って絶叫。最後はTIME BOMBIIで盟友を沈めた。

 同門対決を制してヒロムが3勝目。「BUSHIさん、毒霧って…。俺のこと嫌いですか? なんかやりましたっけ? 毒霧ですよ? さっきから顔がピリピリするんですけど、何の成分が入っているかあとで教えてもらってもいいですか? 凄い心配なんですけど…」と毒霧を浴びた不安を正直にマイクで吐露すると、実況席で試合を見守った内藤には感謝の意を表した。

 内藤はSANADAとのタッグで、スーパージュニアと同時開催中の『WORLD TAG LEAGUE 2021』にエントリー。現在は首位に立っている。両リーグ戦の決勝は12・15両国大会で行われるが、どちらがメインになるかは現時点で発表になっていない。

 それを意識したヒロムは、内藤に対し「順調に勝ち進んでますね。もちろん決勝に行く自信があるから、今日は解説席に余裕で座っててくれるんですよね? わかってますよ。俺ももちろん決勝に行きますよ。たとえ、内藤&SANADAが決勝に上がってきたとしても、両国国技館のメインイベントはもちろんジュニアがいただく。そのうえで、もちろんこの俺が2連覇だ」と堂々の“宣戦布告"をぶち上げた。感情を爆発させたヒロムは「みんな聞いてよ。スーパージュニア、そしてタッグリーグ。実はまだ折り返し地点にも来てねえんだって。凄くねえ? まだまだ続くこの熱い、いや、熱すぎる戦いの日々を、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、みんなで! 楽しもうぜ!!」と熱く叫んで後楽園大会を締めくくった。

 ヒロムの言葉にある通り、まだリーグ戦は序盤戦。現在、首位タイにSHOと金丸義信が立っており、ヒロムは1点差で追いかけている状況。2連覇に向けて追撃姿勢は整った。リーグ戦中から新春の東京ドーム2連戦、さらには1・8横浜アリーナ大会で行われるプロレスリング・ノアとの対抗戦が話題を呼んでいるが、今はスーパージュニアに集中するのみ。「ホントに伝えたいから、強くなるんだ。強くなって、言葉に力を持たせた時、俺はさらに叫ぶぞ。夢も、希望も、イライラしたことも、ムカつくことも、気に食わないことも、全て叫んでやる。なぜなら今は、この『BEST OF THE SUPER Jr.』、思いっきり楽しみてぇんだよ」と心境を告白したヒロム。思いの丈を叫ぶためにも、12・15両国大会のメインまで駆け上がるしかない。

【ヒロムの話】「(※上着を引きずりながらインタビュースペースに着くと、ヒザに手をついて)イヤーーーーーー! イヤーーーーーー! 声に出して叫んで、イヤなことだったり、思ってること、そういうのを、ぶちかますの、気持ちいいよな! 聞いてもらいたいよな! でも、やっぱりもっと、もっと、もっと俺自身がすごくならないと、言葉に説得力が持てない気がして、言うのをためらってしまう俺がいるよ。だからこうやって、声を出すんだ。ホントに伝えたいから、ホントに伝えたいから、強くなるんだ。強くなって、言葉に力を持たせた時、俺はさらに叫ぶぞ。夢も、希望も、イライラしたことも、ムカつくことも、気に食わないことも、全て叫んでやる。なぜなら今は、この『BEST OF THE SUPER Jr.』、思いっきり楽しみてぇんだよ。次は…あれ? 攻略本! 攻略本忘れちゃった! あの野郎が持ってるのか。チクショー! 次は確か、マッスルチワワ(石森)でしょ? そうだよね? 次の相手、マッスルチワワだよね? そろそろ、マッスルチワワTシャツを作ってもいいんじゃないかなぁ? 喜ぶと思うよ。去年から俺が言ってるけどさぁ。作ったらいいじゃない、マッスルチワワTシャツ。俺は着るよ! 俺は買うから。(※控室へと進み始めながら)まぁ、簡単に突破できる相手じゃないってのは分かってる。だからこそやりがいがあるし、倒した時にさらに俺の言葉が力を持つ! 絶対必要な勝利だ。とりあえず、この毒の成分を聞いてくるよ」

【BUSHIの話】「(※後頭部を押さえながら)すげぇな! 高橋ヒロムは、何でもすげぇんだな。でもな、俺はお前との差を感じてない。俺はまだまだ諦めるつもりはないんだよ。このままじゃ」