『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』東京・後楽園ホール(2021年11月24日)
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦 ○金丸義信vsSHO×

 ダーティマッチで金丸が貫禄勝ち。無傷の連勝がストップしたSHOは「おのれ義信、死にぞこないが!」と怒りを爆発させた。

 無法ファイトによる無傷の4連勝で単独首位に立つSHOと、3勝1敗と好位につける金丸がスーパージュニア公式戦で対決。今大会で唯一の“同門対決以外"の一戦となった。2年前のスーパージュニア公式戦では金丸がわずか4分でリングアウト勝ちし、試合巧者ぶりを発揮したが、この日も金丸の動きが冴え渡った。

 金丸は入場したSHOを背後から花道襲撃。SHOが愛用する凶器・レンチを奪い取ってバックステージに投げ捨てると、場内は大きな拍手で後押しする。短期決戦を狙う金丸はトルネードDDT、リバースDDTから早くもディープインパクトの体勢に。

 SHOはこれを倒れ込み式急所ニーで撃墜。顔面かきむしりや鉄柵連続ホイップなどで報復すると、金丸が投げ捨てたレンチを回収し、殴打すべく振り上げた。

 金丸は低空ドロップキックで阻止すると、ヒザへの一点集中攻撃へ。ニークラッシャーや足4の字固めなどで攻める。負けじとSHOはスピアーで反攻。エグいアームロックで絞めに絞めたものの、金丸はしぶとくロープにエスケープすると、ショックアローを切り返し、ヒザを蹴りつけ、垂直落下式ブレーンバスターでマットに突き刺した。

 タッチアウトは不発に終わると、SHOは金丸を佐藤レフェリーと交錯させようと画策。金丸はレフェリーを守ってSHOとの激突を避けると、レフェリーの体をSHOにぶつける。受け止めたSHOはレフェリーを投げ返すが、金丸が寸前で回避すると、佐藤レフェリーは転倒。リング上は一時的に無法地帯に。ここぞとばかりにSHOは金的攻撃を狙うが、腕をキャッチした金丸はそのまま回転エビ固めでクルリ。無敗のSHOから値千金の3カウントをもぎ取った。

 金丸の妙技がさく裂して、破竹の連勝中だったSHOに土。場内は大歓声に包まれる。荒ぶるSHOはレンチをリングに持ち込んで殴りかかるが、金丸はまんまと回避して、金的攻撃で制裁。最後は倒れるSHOにウイスキーをぶっかけて勝利をアピールした。

 「見た目、やってること? 確かに変わったよ。でもな、テメーな、オイ。根本的なこと変わってねーんだよ。それがな、わかんねーうちはな、結果出してもな、オイ、俺にはまだ勝てねーぞ」と金丸はしてやったりの表情。一方、SHOは股間を押さえながら、「おのれ義信ー! 俺の“ボール"吹っ飛ばしやがったぞ!ってことはよ、アイツの反則負けだろ! オイ、勝ち点2、アイツじゃなくてちゃんと俺に入れとけよ! 俺が5連勝だ! ふざけやがってよ! 死にぞこないが!」と怒りを爆発させたものの、あとの祭りだった。

 金丸はこれで4勝1敗となり、SHOと並んで首位タイに浮上。2年前と同じく翻ろうされたSHOにとって、金丸は今後も天敵となりそうだ。

【金丸の話】「SHO、見た目、やってること? 確かに変わったよ。でもな、テメーな、オイ。根本的なこと変わってねーんだよ。それがな、わかんねーうちはな、結果出してもな、オイ、俺にはまだ勝てねーぞ」

【SHOの話】「(※股間を押さえながらレンチを持ってバックステージに現れると)おのれえええ、おのれえええ! おのれ義信ー! 俺の“ボール"吹っ飛ばしやがったぞ! ってことはよ、アイツの反則負けだろ! オイ、勝ち点2、アイツじゃなくてちゃんと俺に入れとけよ! 俺が5連勝だ! ふざけやがってよ! 死にぞこないが!」