『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』東京・後楽園ホール(2021年11月24日)
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦 ○YOHvsロビー・イーグルス×

 YOHがついに連敗脱出。CHAOSの同門・イーグルスを破り、スーパージュニア5戦目にして初白星を挙げた。

 元パートナーのSHOが無傷の連勝を重ねる一方、YOHは泥沼の開幕4連敗中。CHAOSの同門ながら、先にIWGPジュニア王座を獲得するなど実績で上回るイーグルスとの公式戦も苦しい戦いが予想されていた。

 結果は残せていないが、試合内容自体は決して悪くないYOH。ジュニアらしいスピーディな先制争いをプランチャで制すると、雄叫びを挙げて気合いを入れた。その後もスランプを感じさせない落ち着いた試合運びを見せる。イーグルスがトペコンヒーロから巻き返し、ミドルキックの速射砲を放ってきても、YOHはバク転などで幻惑し、各種エルボーを的確にヒットさせた。

 イーグルスの足攻めに苦しむが、YOHは懸命に食らいつく。イーグルスのハイキック、トラースキックの乱れ打ちに被弾しても、カウンターのトラースキックを見舞って一歩も引かない。

 試合がヒートアップすると、YOHのDIRECT DRIVE、ファルコンアローも、イーグルスのアサイDDT、ターボバックパックもどちらも決まらなかったが、YOHは動き続けて後頭部にトラースキックを一閃。絶叫からドラゴンスープレックスへ。しかし、イーグルスは1回転して不時着。低空619、スワンダイブ式低空ドロップキックで左ヒザを狙い撃ちにすると、足めがけて450°スプラッシュを投下した。

 YOHはヒザを突き立てて迎撃を狙ったものの、読んだイーグルスは着地し、ヒザ裏にニードロップを落とすと、必殺のロン・ミラー・スペシャルの体勢に。だが、この瞬間を待っていたYOHはファイブスタークラッチでクルリ。逆転の3カウントを奪取した。

 YOHが5戦目にして待望の初勝利。絶叫して喜びを爆発させた。バックステージでも多くを語らず、「シャーーーーー!」と雄叫び。次戦の11・27藤沢大会ではマスター・ワトと対戦するが、2連勝を挙げて反攻姿勢を取りたいところだ。

【YOHの話】「(※自分で拍手しながらインタビュースペースに現れると、ヒザに手を突いて少し息を整えて)シャーーーー!(※と、全身に力を込めて絶叫)」

【イーグルの話】「この業界では、仲間との対決は、敵対してる相手以上に強くやり合うものだ。仲間だからこそ簡単に負けたくない。でも俺は今までYOHを見くびっていたようだ。あのガキ…いや、アイツは俺より年上か…俺はなに言ってんだ? ちょっと頭が回ってないのかも…。またファイブスタークラッチでやられた。チクショウ! タッグでもシングルでも毎回あの技でやられてる。『BEST OF THE SUPER Jr.』でYOHと当たったのはこれが2回目だけど、2回とも俺が負けてる。これでお前もようやく1勝だな。素直に嬉しいよ。俺は元IWGPジュニアヘビー級チャンピオンで、数週間前まではジュニア2冠王だった。でもお前は開幕戦から4連敗してたのに、今日その俺を相手に勝ったんだ。凄いことだ。次は土曜日…俺は常に先を見てる。俺のリストにはターゲットがまだまだいる。土曜日はデスピー(デスペラード)か! 今日DOUKIとバチバチやり合ってくれることを願ってる。俺とYOHくらいの激しい同門対決を期待してるぞ。そしたらお前も俺も同じぐらいのダメージで次の公式戦に挑めるだろ。もしお前が80%のコンディションならオレも80%、50%なら俺も50%でリングに上がる。今日は試合前に足のトレーニングをしたんだけど、それが間違いだったな。負け惜しみを言っても仕方ないけど、トレーニングの様子をインスタグラムなんかに上げてる場合じゃなかったな…。まぁ土曜日はチャンピオン対決だな。点数なら俺が頭一つ抜けてる。お前仕様に用意した特別な弾丸で撃ち落としてやる」