『2021世界最強タッグ決定リーグ戦〜やっぱりステーキpresents〜』愛知・名古屋国際会議場(2021年11月27日)
Cブロック公式戦 ○佐藤耕平&石川修司vs長井満也&LEONA×

 ツインタワーズが長井&LEONAを破って2勝目。真霜&KAZMAとの無敗対決でCブロック代表の座を争うことになった。

 最強タッグ初出場となったツインタワーズは初戦でヨシタツ&立花に完勝。2戦目となったこの日、長井&LEONAのドラディションタッグと対戦した。

 石川と耕平は序盤から重たいエルボーでLEONAを圧倒して主導権を握った。石川は「ドラゴン殺法!」と叫びながらダイビングフットスタンプを落としたり、藤波二世・LEONAにドラゴンスープレックスを狙うなど余裕すら漂わせた。

 中盤には石川が長井のストレッチプラムに、耕平がLEONAのドラゴンスクリュー→足4の字固めにそれぞれ捕まる場面もあったが、LEONAに得意のニーリフトを立て続けに見舞って逆転。ダブルニーリフト、サンドイッチランニングエルボーの連係が次々に火を噴くと、最後は耕平がパイルドライバーで突き刺してLEONAから3カウントを奪った。

 石川&耕平が2連勝で勝ち点4をマーク。無敗で明日11・28小田原大会の最終公式戦を迎えることになった。相手は同じく勝ち点4の真霜&KAZMA組。勝った方が決勝トーナメント進出を決めることになる。石川が「これで2勝。これで真霜&KAZMAも2勝。俺らもお客さんも思ってた通り、やっぱこの2チームだと思ってるんでね。明日が本番」と気を引き締めれば、耕平は「気抜かなきゃ負けない相手だと思ってる」と自信満々だ。

 今年、全日本のリングでツインタワーズを再結成したが、2度の世界タッグ挑戦はいずれも敗戦に終わっている。「リベンジしないと。最強タッグ優勝して、もう一回世界タッグのベルトに挑戦しなきゃ我々はいけないチームだと思ってるんで。もう一回スタートにいきたい」と石川が誓ったように、3度目の挑戦と戴冠にたどり着くためにも最強タッグの栄冠をつかみ取るしかない。

【試合後の石川&耕平】
▼耕平「ありがとうございました」

▼石川「ありがとうございました。これで2勝。これで真霜&KAZMAも2勝。俺らもお客さんも思ってた通り、やっぱこの2チームだと思ってるんでね。明日が本番」

▼耕平「ま、気抜かなきゃ負けない相手だと思ってるんで」

▼石川「リベンジしないと。最強タッグ優勝して、もう一回世界タッグのベルトに挑戦しなきゃ我々はいけないチームだと思ってるんで。もう一回スタートにいきたいなと思います」

▼耕平「緒を締め直してね、明日は頑張りたいと思います」