『2021世界最強タッグ決定リーグ戦』神奈川・小田原アリーナ(サブアリーナ)(2021年11月28日)
Cブロック公式戦 ○真霜拳號&KAZMA SAKAMOTOvs佐藤耕平&石川修司×

 真霜&KAZMAがツインタワーズとの無敗対決を制し、Cブロックを首位通過。決勝トーナメントへ向けて「誰がこようが絶対勝てる」と自信をみなぎらせた。

 最強タッグの舞台で勤王党を再結成した真霜とKAZMAは無傷の2連勝で最終公式戦を迎えた。相手は同じく無敗のツインタワーズ。勝った方が決勝トーナメントを決める明快な状況で激突した。

 だが、真霜&KAZMAは苦闘を強いられた。体格差もあって真霜が打撃戦で耕平、石川に圧倒され、ダブルタックルを食らうなど劣勢に。KAZMAが巻き返しを図っても、耕平のヒザに止められ、石川には串刺しラリアット、ダイビングフットスタンプの波状攻撃を浴びせられた。

 それでも真霜とKAZMAはタッグワークを発揮してツインタワーズに真っ向から対抗する。ブラインドタッチで石川を翻ろうすると、ダブルトラースキックをさく裂。ツインタワーズがダブルニーリフト、サンドイッチランニングエルボーと逆に連係を駆使。真霜が石川のドラゴンスープレックス、ランニングニーリフト、ファイアーサンダーと怒とうの攻めにあったが、スプラッシュマウンテンをKAZMAが食い止め、サンドイッチランニングニーをさく裂。すかさず真霜が真剣、垂直落下式ブレーンバスターでたたみかけて石川から3カウントを奪った。

 勤王党がツインタワーズに逆転勝利し、勝ち点6で公式戦全日程を終了。3戦全勝で12・5後楽園大会での決勝トーナメントに勝ち進んだ。石川&耕平の強さに舌を巻いた二人だったが、真霜が「なかなかこっちのペースに乗ってくれなかったけどよ、最後決まったな。俺らのタッグなら、どんな相手だろうが、どんなにでかかろうが、どんなに強かろうが勝てるんだよ」と豪語したように会心の勝利だった。

 準決勝の相手は抽選で決められるが、KAZMAは「決まってないんだったら誰でもいいよ。誰がこようが俺と真霜なら絶対勝てるからな」と言い切ってみせた。初出場となった最強タッグの栄冠獲りへ向け、真霜&KAZMAは絶対の自信を胸に4強戦へと出陣する。

【試合後の真霜&KAZMA】
▼KAZMA「よし、真霜。やったな」

▼真霜「よし、よし。いやぁ、いやいや強かったな」

▼KAZMA「強すぎでしょ、あのスーパーヘビー級」

▼真霜「きっついわ」

▼KAZMA「でも勝ったのは、Cブロック勝ち残ったのは俺と真霜だ」

▼真霜「その通り。今日はよ、なかなかこっちのペースに乗ってくれなかったけどよ、最後決まったな。俺らのタッグなら、どんな相手だろうが、どんなにでかかろうが、どんなに強かろうが勝てるんだよ。これで決勝トーナメント、相手は誰だ? 決まってないのか?」

▼KAZMA「決まってないんだったら誰でもいいよ。誰がこようが俺と真霜なら絶対勝てるからな」

▼真霜「おぉ。よし、いくぞ」

▼KAZMA「うっし」