全日本は29日、12・16後楽園大会の一部カードを発表。世界ジュニアヘビー級選手権試合「イザナギvsスペル・クレイジー」が正式に決まった。

 『2021世界最強タッグ決定リーグ戦』で3年ぶりの来日を果たしたクレイジーはTAJIRIとの元ECWタッグで最強タッグにエントリーした。一方で世界ジュニア王座に色気をみせ、11・27名古屋大会における最強タッグ公式戦で王者・イザナギとの直接対決が実現。両者リングアウトに終わった試合後もクレイジーがイザナギのマスクを剥ぐなど大乱闘を展開した。正式に挑戦を表明したクレイジーに対してイザナギも迎撃を宣言。両者による世界ジュニア戦が実現することになった。詳細は以下の通り。

☆12/16(木)東京・後楽園ホール『AJP Prime Night 2021』18:30開始

▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
スペル・クレイジー
vs
イザナギ
[第58代王者]
※イザナギ初防衛戦

※ゼウス全日本プロレス所属ラストマッチなど、その他の対戦カードは決定次第お知らせ致します