『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr. 28』東京・後楽園ホール(2021年11月30日)
「WORLD TAG LEAGUE 2021」公式戦 ○グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレvs内藤哲也&SANADA×

 無敗の内藤&SANADAに土をつけたUNITED EMPIREが4勝目。試合後、マイクを持ったオーカーンが聖地・後楽園で大演説を展開し、新日本マットに持ち上がっている様々な問題を「全部しゃらくせぇ!」とバッサリ斬り捨てた。

 UNITED EMPIREのオーカーン&ヘナーレはここまで3勝2敗。後楽園大会のメインで無傷の5連勝中で単独首位に立つロス・インゴ軍の内藤&SANADAと激突した。今年の春、オーカーンと内藤、ヘナーレとSANADAはそれぞれシングルで抗争を展開。タッグでの対決を前に、オーカーンは「余興を思いついた」と意味深げに宣言していた。

 弁髪を執ように絞め上げられて出鼻をくじかれたオーカーンだったが、その弁髪を使って内藤の首を絞めると、続いてヘナーレもヒザを中心に集中砲火。内藤を一方的に攻め立てた。

 パートナーのSANADAが奮闘すると、体力を回復させた内藤が逆襲へ。オーカーンの左ヒザに一点集中攻撃。両手を後ろで組むオーカーンの仕草を真似てみせると、エルボーを真っ向から打ち合う。SANADAがバックドロップで援護射撃すると、内藤はコリエンド式デスティーノを狙うも、こらえたオーカーンは二段蹴りを一閃。直撃を受けた内藤は1回転して吹き飛んだ。それでも代わったSANADAがオーカーンのタッチを防ぐと、スワンダイブ式ミサイルキック、TKOと大技ラッシュ。ドラゴンスリーパーの構えに。

 しかし、オーカーンはアイアンクローで振り払うと、バックドロップ式のフェイスバスターをズバリ。すかさずヘナーレが加勢に入り、二段蹴り&ミドルキックのサンドイッチ弾が決まる。続くエリミネーターは内藤のカットが間に合うと、大技が連鎖。4選手がリング上で倒れ込んで、試合はクライマックスに。

 オーカーン&ヘナーレはアイアンクロー式コブラツイスト&クロスヒールホールドの合体技でSANADAを蹂りん。そのままマットに叩きつける。内藤が飛び込んでも、合体ライガーボムで返り討ち。SANADAを孤立させると、Imperial Drop(合体ダイヤモンドカッター)の構えに。誤爆を誘って切り抜けたSANADAはオーカーンをオコーナーブリッジで丸め込むも、ブリッジする寸前でオーカーンは背後からアイアンクローに捕獲。そのままエリミネーターを繰り出して、SANADAを沈めた。

 UNITED EMPIREがロス・インゴコンビの無傷連勝を止め、4勝目を獲得。試合後もやりたい放題に暴れ回る。オーカーンは動けないSANADAを屈辱の靴舐め刑に処すと、ヘナーレは内藤を鉄柵に投げつけて制裁。オーカーンは「面白い余興はこれからだ」と叫んでSANADAをImperial DropでKOする。場外にその体を投げ捨て、実況席の鷹木信悟に対し、「おい、鷹木。ゴミを拾って家に帰れ」と通告すると、堂々の勝ち名乗りを受けた。

 マイクを持ったオーカーンは激情を吐露した。「ひれ伏せ、後楽園の愚民ども。しゃらくせえ、全部しゃらくせえよ! ヘビー級になり損ないのチビどもの嫉妬や、ノアとかいう破産したインディー団体の件、ベルトが3つある件…。今やっている2つのシリーズ、東京ドームのお膳立て? 外国人が来る来ない? 全部しゃらくせえんだよ! ここはプロレスをする場だ。ガキみてえにガタガタ世間に会社に文句を言う場所じゃないんだ。やめろ。格が下がる。新日本プロレスのレスラーなら全部ドカンと構えてこう言えばいいんだよ。リングの上で実力を示し、新日本プロレスを引っ張ってやるってな」。新日本を取り巻く現状をばったばったと一気に斬りまくると、後楽園ホールの観客も拍手で後押しする。

 それを受けて、オーカーンは「おいおい、何を喜んでんだ、愚民ども。マゾヒストか?」と嘲笑。「帝国民にとっては理想郷だ。ただ、愚民にとっては地獄が待ってるぞ。それを起こす力が我々にある。そう、アーロン・ヘナーレ、グレート-O-カーン…これがUNITED EMPIREの力だ!」と勝ち誇った。

 バックステージで「リングでタッグの実力を示す…分かりやすく言ってやるよ。ワータリで優勝し、東京ドームでチャンピオンベルト、デンジャラス・テッカーズどもにリマッチをさせてやるよ。感謝しろ」とタッグリーグを制し、新春東京ドーム大会でIWGPタッグ王者のタイチ&ザック・セイバーJr.組に挑戦する青写真を披露したオーカーン。さらに「実力だけじゃねぇよ。余が支配してるもの。ジュニアの、体重も口も軽いヤツらがこぞって文句言ってたなぁ。そんな小さなことは余には関係ねぇがなぁ、嫉妬するんだったらよぉ、話題でも実力でも振り向かせてみろ! 余みてぇになぁ!」と言い放った。

 全方位に向かって挑発的な言葉を放ったのも自信の現れ。帝国が混戦模様のタッグリーグを制し、新日本マットを実力でけん引する。

【オーカーンの話】「ハッ! あれが全勝チームか。こわっぱどもが! 言っておくがなぁ、余は“支配者"なんだよ。何の支配者か分かるか? 様々な格闘技だけじゃねぇ。シングルもタッグも全てを支配できるから“支配者"を名乗っとるんじゃ! リングでタッグの実力を示す…分かりやすく言ってやるよ。ワータリで優勝し、東京ドームでチャンピオンベルト、デンジャラス・テッカーズどもにリマッチをさせてやるよ。感謝しろ。そして、実力だけじゃねぇよ。余が支配してるもの。ジュニアの、体重も口も軽いヤツらがこぞって文句言ってたなぁ。そんな小さなことは余には関係ねぇがなぁ、嫉妬するんだったらよぉ、話題でも実力でも振り向かせてみろ! 余みてぇになぁ!(※しばし無言で、満足そうな表情を浮かべて立ち去る)」

【ヘナーレの話】「UNITED EMPIREの真価が問われる勝負となった! 俺たちを駆り立てるパワーは飢えだ! 獲物は全員、貪り尽くしてやる! これで現在1位のチームを倒した。このままオーカーンと俺がタッグリーグ制覇を狙う! 全員に恨みを晴らし、俺たちが優勝をもらう! UNITED EMPIREの勢いを感じろ!」


※内藤は肩を担がれて控室に直行、SANADAはノーコメント