『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr. 28』東京・後楽園ホール(2021年11月30日)
「WORLD TAG LEAGUE 2021」公式戦 ○ザック・セイバーJr.&タイチvs棚橋弘至&矢野通×

 タイチ&ザックがテーピングで入場ゲートに固定されて敗北寸前となったが、金丸義信が暗躍して救出。さらに棚橋と矢野の足をテーピングで結びつけて自由を奪い、お株を奪う場外放置葬に持ち込んで、タイチ&ザックの勝利を呼び込んだ。

 4勝1敗で並ぶIWGPタッグ王者のタイチ&ザックと棚橋&矢野が公式戦で激突した。棚橋&矢野は『ビー・バップ・ハイスクール』よろしくリーゼント&長ラン姿でリーグ戦に出場。矢野が棚橋を引っ張る形で、今宵も自分たちのペースに持ち込んだものの、試合は意外な形で決着した。

 先発した矢野とザックが丸め込み合戦を繰り広げると、棚橋とタイチも加わり、あわや3カウントの場面が連続して、いきなり場内は大きくどよめいた。場外戦になだれ込むと、棚橋&矢野はタイチ&ザックをバックステージに連行。先にリングサイドに戻ってくると、鉄柵の扉前にパーテーションやテーブルでバリケードを作って、リングインを妨害する。タイチたちはギリギリでリングに滑り込んで事なきを得ると、羽交い締め式ドラゴンスクリューで棚橋たちを制裁。そのまま矢野を痛めつける。

 抵抗をやめない矢野はむき出しになったコーナー金具にタイチを激突させ、「ボンタン狩りだ!」とロングタイツを強引に引っぺがして反攻。あとを受けた棚橋が試合を立て直した。再び入った矢野はザックの関節技に捕まり、天翔ザックドライバーを狙われたものの、棚橋が妨害すると、矢野はザックを場外に誘い出す。急所蹴りで動きを封じると、テーピング片手に入場ゲート付近まで連行。テーピングでタイチとザックの腕を入場ゲートに固定し、場外放置作戦に打って出た。

 棚橋と矢野は勝利を確信したが、テレビ中継の解説を務めていた金丸義信が急行し、ハサミでテーピングを切ってタイチとザックを救出。ならばと再び棚橋と矢野が場外襲撃を仕掛けるも、タイチが聖帝十字陵、ザックがコブラツイストに絡め取って足止めする。すると、レフェリーの死角を突いて金丸が暗躍。棚橋と矢野の足をテーピングで縛りつけて自由を奪った。タイチ&ザックが余裕の表情でリングに戻ると、棚橋と矢野は二人三脚状態でリングを目指すが、鉄柵付近で転倒。そのままリングアウト決着となった。

 前夜の後楽園大会ではエル・デスペラードとのシングルマッチで観客を魅了した金丸が、今宵は暗躍して盟友の勝利をアシスト。タイチ&ザックが5勝目を挙げた。ザックが「これぞ“ストロングスタイル"な、歴史に残る名勝負だったよな? ストロングスタイル・デスネ? クラシック・ニュージャパン。ケガしてもおかしくないほど危険な試合だった」と皮肉ると、タイチは「やられたからやっただけだ。お前らが悪いんだぞ。別に俺だってさ、こんなやり方、いくらでも持ってんだよ。やらねぇだけでよ。何年組んでると思ってんだ?」と豪語。「あぶれた連中がタッグに来る。そんなレベル低くしてもらっちゃ困るんだよ。どういうつもりでやってんだ、お前ら? あんな格好して。無様な負け方しやがって。つまらねぇ」とタッグチームとしての自信をあらわにした。

 メインで内藤哲也&SANADAが敗れたため、首位タイに浮上。次戦の12・2春日部大会ではその内藤&SANADAとの直接対決に臨む「公式戦の中で唯一楽しみにしてる一戦だ。再びナイトーを病院送りにしてやる。あの勘違い野郎」(ザック)、「次が本番、決勝戦みたいなもんだ。どっちが主役か、はっきりさせようじゃねぇか」(タイチ)と大一番に向けて気合いを入れていた。

【試合後のタイチ&ザック】
▼ザック「(※たっぷり皮肉を込めたながら)これぞ“ストロングスタイル"な、歴史に残る名勝負だったよな?ストロングスタイル・デスネ? クラシック・ニュージャパン。ケガしてもおかしくないほど危険な試合だった」

▼タイチ「お前らがやったんだろ、先に。やられたからやっただけだ。お前らが悪いんだぞ。別に俺だってさ、こんなやり方、いくらでも持ってんだよ。やらねぇだけでよ。何年組んでると思ってんだ? オメェが一番ふざけんだ、あんなカット(髪型)しやがってよ。昨日今日組んでるヤツがよ、なんか新しいことしてよ、面白がってよ、それでうまくいくと思うなよ。なんだ余りもん同士。棚橋、矢野。トオルとヤノ……あ、1人か? トオルとヤノ、なんだよ。なに、余ったから組んだの。仕方なく? そんな連中ばっかだな。あぶれた連中がタッグに来る。そんなレベル低くしてもらっちゃ困るんだよ。どういうつもりでやってんだ、お前ら? あんな格好して。無様な負け方しやがって。つまらねぇ。あと全部、くだらねぇだけだ。次だ。次いよいよ、内藤、SANAやんだ。な?」

▼ザック「ついにだ。いよいよだ」

▼タイチ「ここだけだ。俺らにとってG.o.Dと内藤、SANAやん、それだけだ。あと…」

▼ザック「あいつら以外は全チームゴミだ。タナハシの野郎…ヤノが狂ったヤツだとは知ってたが、タナハシまであいつのやり方に乗ってるとはたまげたな。タナハシはふざけてんのか? もう引退が近いのか? ヤノと同類だと思われても困らないのか? あいつらは2人とも大バカだ! だけどいよいよ、ナイトーとSANADAか。公式戦の中で唯一楽しみにしてる一戦だ。再びナイトーを病院送りにしてやる。あの勘違い野郎…(※某記者に向かって)お前がナイトーを表紙に選んだのか? それからトーキョースポーツもいつもいつもナイトーの野郎を食事に連れてってやってるだろ? まぁでも、次表紙になる時は病院で車イスに乗ったあいつの写真が使われる。ニュージャパンも、あいつの高額な医療費の負担で大変だな」

▼タイチ「俺らのとこには『ファイト』と『ゴング』しか来ねぇじゃねぇかよ。(取材)受けちゃうぞ。『ファイト』と『ゴング』だけ。次だ。内藤、SANAやん、(このあとのメインで)負けんなよ。全勝のまま俺らが止めんだ。その方が楽しいから。次だ。次が本番、決勝戦みたいなもんだ。どっちが主役か、はっきりさせようじゃねぇか」

▼ザック「そもそも、このリーグ自体が時間のムダだ」

▼タイチ「(※控室に向かいながら)今日は金丸のこと、俺が奢ってやるよ。いい仕事したな、あいつ」


【矢野の話】「(※互いの足首をテーピングで巻かれたままエレベーターを使って控室のある階下に戻ってきて、そのまま二人三脚の要領で歩きながら)クソーッ! 1、2、1、2、どけどけどけ! 見せもんじゃねぇんだよ! 1。2、1、2、1、2、1、2……(※と号令をかけながら、ゆっくり控室に向かう)」

※棚橋はノーコメント