『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール(2021年12月22日)
○後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&マスター・ワトvsタイチ&ザック・セイバーJr.&TAKAみちのく×

 IWGPタッグ王者のタイチ&ザックが、1・4東京ドーム大会でのタイトルマッチに向けて、WORLD TAG LEAGUE覇者・後藤&YOSHI-HASHIに優勝トロフィーを懸けるように要求。荒武者が「何だって懸けてやる」と断言し、トロフィー争奪戦が急浮上した。

 WORLD TAG LEAGUE覇者・後藤&YOSHI-HASHIとIWGPタッグ王者のタイチ&ザックは新春のドーム大会で頂上対決を控えている。前日の前哨戦第1ラウンドは後藤&YOSHI-HASHIが制して、リーグ戦制覇の勢いを見せつけると、タイチもその実力を認めざるを得なかった。

 今宵は後藤&YOSHI-HASHIがワトと、タイチ&ザックがTAKAとそれぞれ組んで対決。タイチ&ザックが奇襲からラフファイトで攻め立てれば、後藤&YOSHI-HASHIは連係攻撃で応戦し、のっけから両軍は激しく火花を散らした。混戦の最中で、タイチはワトに照準。鋭いジャンピングハイキックで動きを止めると、ザックもテクニック全開の首攻めで続き、主導権を握る。

 しかし、後藤&YOSHI-HASHIは気持ちで引かない。ワトが自力でピンチを脱すると、YOSHI-HASHIが逆水平を効果的に見舞ってザックを圧倒する。ザックのフロントネックロックに捕まると、王者組による怒とうの波状攻撃を浴びて防戦一方となるが、ヘッドハンターで活路。後藤もザックに村正をぶち込んだ。

 タイチの援護を受けたTAKAが猛攻に出ても、ワトがスワンダイブ式エルボースマッシュで切り込むと、後藤組が好機。介入を受けても、タイチを後藤のラリアット、ザックをYOSHI-HASHIのトラースキックで排除する。TAKAには牛殺し&トラースキックを決めると、最後は問答無用の消灯がさく裂。一気呵成にたたみかけて、後藤&YOSHI-HASHIが勝利した。

 敗れたタイチ&ザックだが余裕の表情は崩さず、ベルトを手にすると、後藤&YOSHI-HASHIもタッグリーグの優勝トロフィーを掲げ、両軍はにらみ合う。タイチは優勝トロフィーを懸けるように要求して揺さぶりをかけた。

 連勝して勢いに乗る後藤&YOSHI-HASHIは舌もなめらか。YOSHI-HASHIが「もうとっくにな、お前らには余裕はねぇんだよ。オイ? いつまでも上からしゃべってんじゃねぇぞ」と吠えれば、後藤は「このトロフィーを懸けろって!? オイ、なんだって懸けてやるよ、お前。なんだって懸けてやる。だが、勝つのは俺だ。お前らのベルトを巻くのも俺たちだよ」とトロフィーへの要求を受け入れ、タイトル奪取に自信を深めた。

 一方、タイチとザックは連携技を決める際に「せーの」と口に出してタイミングを合わせる後藤たちを酷評しつつ、トロフィー強奪に手応え。タイチは「お前らが負けたらトロフィーそのままっておかしいだろ!? よこせよ。そんで、2021年の優勝者、俺たちに書き換えろ」とタッグリーグ覇者の称号を奪い取る構えだ。

【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】
▼後藤「(※YOSHI-HASHIと並んでWORLD TAG LEAGUEの優勝トロフィーを持ち)タイチ、ザック。お前ら、ジワジワと、俺たちに追い詰められてるってことを、早く気づいたほうがいいぞ」

▼YOSHI-HASHI「もうとっくにな、お前らには余裕はねぇんだよ。オイ? いつまでも上からしゃべってんじゃねぇぞ!? オイ」

▼後藤「このトロフィーを懸けろって!? オイ、なんだって懸けてやるよ、お前。なんだって懸けてやる。だが、勝つのは俺だ。お前らの(IWGPタッグ)ベルトを巻くのも俺たちだよ。よく覚えとけ、この野郎」

▼YOSHI-HASHI「よっしゃ。オッケー!」

▼後藤「うぃっし! (※と言ってトロフィーでYOSHI-HASHIと乾杯)」

【ワトの話】「久しぶりのTAKAみちのく。何年ぶりだ!? 久しぶりだったな。よし。俺の目標は決まってるから。もう、あのスーパージュニアで決まったから。その準備はもうできてる。いくだけだ」

【試合後のタイチ&ザック】
▼ザック「クソ! 信じられるか!? YOSHI-HASHIがチームを率いてたぞ! 今日はワトがいたからYOSHI-HASHIが1番のバカにならずに済んだってわけか。YOSHI-HASHIの野郎は成長したな。今では立場が変わり、ゴトーがYOSHI-HASHIに頼り切ってる。現実に起きてることとは信じ難いが、今のチームを引っ張ってるのはYOSHI-HASHIだ。2021年はなんとも奇妙な年だったな? どうやってあいつらバカ2人があれだけの連携技を生み出せたんだ!? 互いにに話す言葉もバラバラなのに。あいつらが話してるのは日本語ではないだろ。(※日本語で)ナニ、コミュニケーション? ニホンゴジャナイ」

▼タイチ「うん。なに言ってるかわかんない」

▼ザック「ワカラナイ」

▼タイチ「会話にならねぇんだよ、YOSHI-HASHIのヤツ。ちゃんと俺はわかりやすくYOSHI-HASHIに『頑張れよ』って言ってんのに、ぜんぜんすっとんきょな答えしか返ってこない。だからお前、Twitterの公式マークがつかねぇんだよ。お前のしゃべりがしょっぱいからよ。だから会社だって認めないんだよ、お前。なあ!? 他の選手、全員ついてんだろ? あのペケペケ。わかんだろ? 公式マークだよ、Twitterの。お前だけだよ、ついてないの。な? しゃべれないからだよ。お前に公式マークつけてしゃべらせたら大変なことになるって会社もわかってんだよ。お前だけ認められてないんだよ。そういうトコだぞ」

▼ザック「あいつら毎回『せーの!』って言わないと連携技をかけられないんだろ。だっさいよな。俺たちチームとは(※日本語で)スゴイ差だよな。(※日本語で)チガウレベル! 『せーの!』なんてガキじゃあるまいし。俺たちチャンピオンチームはそんなの言わないでも技をかけられるぞ。もう1年中あいつらの『せーの!』を聞かされてウンザリだ。ヤバいバカたちだ」

▼タイチ「そういうトコ。『せーの』とか消灯とか起床とか爆睡とか…なに!? なに!? 睡眠!? とか言ってっからだよ」

▼ザック「あいつらの話す日本語っておかしいよ。侍でも気取ってんのか」

▼タイチ「だからお前、公式マークつかねぇんだ。最後、調子に乗って言ってたぞ。俺らが勝ったら(優勝)トロフィーくれるって。欲しい!? ユー・ウォント・トロフィー!?」

▼ザック「モチロン。チョット」

▼タイチ「まあいいよ。じゃあ、くれよ、トロフィー。お前らが勝ったらもともとベルトが移動するし。お前らが負けたらトロフィーそのままっておかしいだろ!? よこせよ。そんで、2021年の優勝者、俺たちに書き換えろ。そういう条件でやってやるよ。お前らも懸けろ、トロフィー。まあ、もらったとこでなんだって話だけど。YOSHI-HASHI、あと頑張れよ。なあ!? 公式マークつくから。頑張れよ、しゃべりのほうも…。帰る!?(※とザックに確認)」

▼ザック「カエロ」

▼タイチ「帰ろう…。帰宅!」