『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール(2021年12月22日)
○高橋裕二郎&EVIL&ディック東郷&SHOvs石井智宏&真壁刀義&YOH&本間智宏×

 1・4東京ドーム大会でのNEVER戦に向けて、EVILが石井をベルト痛打で無法公開処刑。「カウントダウンは始まってんだ!」と吠えた。

 新春のドーム大会で対戦するNEVER王者・石井と挑戦者・EVILの抗争は日に日にヒートアップしている。今宵も8人タッグ戦で激突。1・4ドーム大会ではSHOとYOHの遺恨対決が控えており、翌日の1・5ドーム大会ではNEVER6人タッグ王者のEVIL&裕二郎&SHOに後藤&YOSHI-HASHI&YOHが挑戦するタイトル戦も決定。HOUSE OF TORTUREとCHOASの抗争が激しさを増す中で、今宵も暴れ回ったのは拷問軍だった。

 のっけから石井はEVILと場外乱闘を繰り広げて火花を散らす。YOHも躍動。控えのSHOを奇襲してプランチャを浴びせた。しかし、混戦になると、HOUSE OF TORTUREペースに。EVILはパイプイスで石井を痛打。SHOもYOHを場外で暴行した。その後も拷問軍はYOHを代わる代わるにいたぶる。特にSHOは元盟友をしつこく踏みにじった。

 YOHがローンバトルを耐え抜くと、石井が登場。HOUSE OF TORTUREの総攻撃を受けるが、誤爆を誘って切り抜けると、因縁のEVILにこん身の逆水平を乱射する。場外戦になるとEVILが本部席に叩きつけて反攻。ラフファイトで集中放火を浴びせるが、石井の闘志は消えない。拷問軍の猛攻を正面から受け止めてみせた。

 しかし、HOUSE OF TORTUREの勢いは止まらない。本間が孤軍奮闘したものの、裕二郎はコーナー金具に投げつけて鎮圧。裕二郎がレフェリーの注意を引きつけているスキに、SHOがスパナで本間を痛打した。凶器攻撃を受けて意識もうろうとなった本間を裕二郎がBIG JUICEでダメ押しして3カウントをもぎ取った。

 試合後、拷問軍は総出でYOHを暴行。石井が飛び込んでくると、一旦はリングを降りる。が、スキを突いて再び飛び込むと石井を襲撃する。EVILは強奪したNEVERのベルトで石井を痛打してKO。EVILが石井を、SHOがYOHの顔面を踏みつけて同時に勝ち誇った。

 自分たちのペースに引きずり込み、まんまと石井を大の字にしたEVILは「石井よ、テメェがなにわめこうが、もうカウントダウンは始まってんだ」と豪語。残る前哨戦はあと2つとなるが、石井をさらなる苦しみに追い込むつもりだ。

【EVILの話】「(※東郷を伴ってコメントスペースに現われ)石井よ、テメェが何わめこうが、もうカウントダウンは始まってんだ。わかったか? よく覚えとけ。(※東郷に向かって)よし、行くぞ!」

【SHOの話】「(※口のあたりを押さえて)YOH、お前、ふざけんじゃねぇぞ。ルールぐらい守れねぇのかよ。俺、タッチしてねぇんだぞ!? (試合)権利ねぇのに攻撃しくるとか、それでもレスラーか!? ルールぐらい守れや、クソがッ!」