『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール(2021年12月23日)
○鷹木信悟&内藤哲也&SANADAvsジェフ・コブ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ×

 東京ドームでのシングル2番へ向けてL・I・JがUNITED EMPIREに一矢。内藤はコブ相手にデスティーノをさく裂させて大逆襲を果たし、「何なら自信しかないよ」と豪語してみせた。

 1・5東京ドーム大会で一騎打ちが組まれている内藤とコブ、SANADAとオーカーン。ここまでUNITED EMPIREが前哨戦2連勝中だが、内藤は1・8横浜アリーナ大会での対ノアへ向けて「おもてなし」を予告。そのためにもドームを勝利で突破する構えをみせていた。

 この日はIWGP世界王者・鷹木との豪華トリオで帝国軍と激突。ゴングを待たず内藤が低空ドロップキックで奇襲し、不発に終わっても場外での低空ドロップキックでコブの左ヒザを射抜いて先手を取った。その後もストンピングを連発するなど左足を狙い撃ちしたが、コブはお株を奪うバックエルボー連打で反撃。ラリアットで内藤を吹き飛ばし、馬乗りになってエルボーを連打した。

 その後も帝国軍の集中砲火を浴びた内藤だったが、コブの滞空式ブレーンバスター、ランニングバックドロップをことごとく阻止。マンハッタンドロップ、低空ドロップキックの連続攻撃を浴びせ、スイングDDTで突き刺して突破口を開いた。

 SANADAもオーカーン相手にランニングエルボーやワンハンドバックブリーカーで攻勢をみせ、プランチャも発射した。オーカーンが鎮座式丸め込みに出ても、エリミネーターは決めさせず。ならばとオーカーンはフェースバスターで叩きつけて逆襲。「パラダイスをみせてやるよ!」と宣言し、足を固めて丸め込みながらお尻ペンペンで恥辱を与えると再び鎮座式丸め込みに出た。負けじとSANADAもカウンターの低空ドロップキックでオーカーンを止めた。

 その後、鷹木がヘナーレのナックルパンチ、ミドルキック、ボディブロー、エルボー連打で守勢に回り、バックフリップで叩きつけられた。さらにコブのアスレチックプレックス、ヘナーレのランニングローキックの連続攻撃を浴びたが、ワンツーエルボー連打でヘナーレをねじ伏せ、グーパンチ、左ラリアット、スライディングパンピングボンバーの波状攻撃で逆転。オーカーンが介入しても、SANADAが読み合いをフランケンシュタイナーで制して蹴散らす。コブが飛び込むと、内藤が急行。コリエンド式デスティーノを阻止され、ジャンピングエルボーをキャッチされてもデスティーノをさく裂。最後は鷹木がMADE IN JAPANでヘナーレを料理した。

 試合後、内藤は場外でへたり込むコブの眼前でエプロンに寝そべり、右腕を掲げて勝ち誇った。一方、SANADAは「ブサイク!」と罵倒しながらオーカーンの顔面をかきむしった。

 L・I・JがUNITED EMPIREに逆襲。「でかいし、強いし、もちろん恐怖心もあるよ。でもさ、そんな男を倒したらメチャメチャ気持ちいいでしょ」と話した内藤は年明け早々、爽快感とともに「最高のスタート」を切るつもり。「何なら自信しかないよ」とまで言ってのけた。それを裏付けるように「左ヒザがずいぶん痛そうだったよ」と前哨戦で徹底してきた足攻めの手応えも十分。「まだ東京ドーム大会まで時間はあるから、しっかり治療して、そして俺の目の前に立ってくれよ」と敵に塩を送る余裕もみせていた。

【鷹木の話】「(※IWGP世界ヘビーベルトを左肩にかけ)見てのとおり、元気ハツラツ! 鷹木信悟だ。これで3連勝だ。いよいよ明日は最後の前哨戦だな? なあ、オカダ!? 俺はなんの言い訳もできないぐらい絶好調だぜ。なあ? お前からはな、正直、気持ちがイマイチ伝わってこないぞ!? 怒ってんだったらな! トコトン俺にぶつけてみろって、バカ野郎。まあ、それにしても今日はいい刺激もらったよ。内藤も、SANADAもやる気満々じゃねぇか。もちろん、このあとのヒロム、BUSHIもやってくれるだろう。なあ? 昨日のヒロムの試合後のコメント見たよ。(1・4ドームのIWGPジュニア戦が)セミファイナルに組まれてるが、鷹木にもオカダにも負けたくない。面白いね。仲間だけど! ま、敵でないが、ライバルだからな。あの言葉を聞いて俺はさらに火がついたよ。それを明日、試合で見せてやる」


【内藤の話】「ジェフ・コブとの年内の前哨戦は今日が最後。明日も後楽園ホール大会があるのにね。ジェフ・コブと対戦できない。残念だな。デカいし、強いし、もちろん恐怖心もあるよ。『自分の体が壊れてしまうんじゃないか』って不安にもなるよ。でもさ、でも、そんな男を倒したらメチャメチャ気持ちいいでしょ? 1月5日、東京ドーム大会、彼を倒したら、それはそれはメチャメチャ気持ちいい、そして最高のスタートが切れることでしょう。東京ドームでジェフ・コブを倒せる自信はもちろんあるよ。何なら自信しかないよ。それは、おそらく対戦相手のジェフ・コブも同じだと思うけどね。彼も自信しかないと思うけどさ。でも、彼は今日、(※自分の左ヒザを押さえ)だいぶヒザが痛そうだったね。左ヒザがずいぶん痛そうだったよ。まだ東京ドーム大会まで時間はあるから、しっかり治療して、そして俺の目の前に立ってくれよ。東京ドーム大会でまた会おうぜ、ジェフ・コブ。カブロン!」

※SANADAはノーコメント


【コブの話】「テツヤ・ナイトー、よく聞くんだ。お前は自分を“INGOBERNABLE(制御不能)"と呼んでるだろ。意味は英語で“UNGOVERNABLE"だろ? お前のその"トランキーロ"な態度は腐ってるよ! ナイトー、毎回俺に対して『トランキーロ』ってうるさいが、俺はちっとも焦ってなんかいないぞ。次、お前と向かい合うのはトーキョードーム1日目(1・4)のタッグマッチだ。俺がその気になれば2日目(1・5)の本番の前にお前をボコボコにだってしてやれる。それでもお前はまだ“トランキーロ"でいられるのか!? ナイトー、お前に対してちゃんとリスペクトはある。だが、お前がなぜそこまでファンに人気なのかは理解できない。その安いスーツのコスチュームがウケてるのか!? そのボッサボサで痛んだ髪の毛がいいのか!? もっと良いヘアコンディショナーを貸してやろうか!? ドームでお前はもう『トランキーロ』なんて言ってられなくなるぞ! 俺は普段は落ち着いてるが、俺を本気で怒らせると後悔するぞ。(アメリカのシンガー)ジム・クロウチの有名な曲の歌詞で“You don't tug on Superman's cape You don't spit into the wind"(お前はスーパーマンのマントを引っ張らないし、風に向かって唾を吐いたりしないよな/ジムに手を出すな)ってあるが、これにひとつ付け足す! “You don't piss off the IMPERIAL UNIT Jeff Cobb!"(インペリアル・ユニット、ジェフ・コブを怒らせたら痛い目をみるぞ!) さて2週間後もお前はまだトランキーロでいられるかな」

【オーカーンの話】「あの“コミュ障陰キャ野郎"はコメントなんか言ったのか!? まあ、どっちでもいいわ。どうせつまらないことばっかり言ってんだろ!? もしくは、しゃべれねぇから逃げたんだろ!? 余のこの立った口先から。だが、逃げても端っこまで追い詰めて、貴様に恥辱を味わわせてやるよ。どうだった!? 今宵の恥ずかし固めと便座は!? “肉便座"にされる気持ちはどんな気持ちだ!? 東京ドームでたくさんの、貴様らの言う“お客様"の前で恥辱と、そして敗北を味わわせてやる。明日、会えないのが残念だよ。だが、これで東京ドームでSANADAを終わらせ、そして! 帝国の逆襲が始まる」

※ヘナーレはノーコメント