『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール(2021年12月24日)
○後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI&YOHvsEVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷×

 EVILがNEVER最終前哨戦で石井を無法KO。「もう結果は決まってんだよ。NEVERは俺のもんだ」と吠えた。

 1・4東京ドーム大会のNEVER王座戦「(王者)石井vsEVIL(挑戦者)」、スペシャルシングルマッチ「YOHvsSHO」、1・5東京ドーム大会のNEVER6人タッグ戦「(王者)EVIL&裕二郎&SHOvs後藤&YOSHI-HASHI&YOH(挑戦者)」のトリプル前哨戦として、CHAOSとHOUSE OF TORTUREが8人タッグマッチによる総力戦で激突した。

 ここまでの前哨戦はEVILがベルトを、SHOがスパナを使って度重なる無法暴走を見せてきたが、前日の後楽園大会では石井&YOHが試合後の反則襲撃を防いで返り討ちにしており、因縁がさらに激化した状態だった。

 拷問軍の奇襲で幕開け。後藤&YOSHI-HASHIが得意の連係攻撃で立て直しに動いたものの、EVILがパイプイスを手にすると、ラフファイトでペースを渡さず、YOSHI-HASHIをローンバトルに追い込んだ。

 流れを変えたのは石井だった。拷問軍の猛攻を受けても下がらず、同士討ちを連続して誘って逆襲。EVILを逆水平&エルボー連打でメッタ打ちにする。SHOや東郷の介入にあい、EVILのScorpion Deathlockに捕まるが、耐えきると東郷をバックドロップでぶん投げる。

 ここがチャンスと後藤が東郷に猛攻。村正、ブルドッキングヘッドロックの連続攻撃が火を吹く。拷問軍は4人総出で反撃に出るも、荒武者は沈まない。東郷のスポイラーチョーカーで首を絞められたものの、力ずくで振り払うと、YOSHI-HASHIと石井が飛び込んで拷問軍の介入を阻止。SHOがラリアットを狙って突っ込んできても、東郷に誤爆させると、YOHがプランチャで場外に足止めした。後藤&YOSHI-HASHIは勝機を逃さず、連係攻撃を連発。最後は消灯を繰り出し、一気に東郷を沈めた。

 最終前哨戦を制したのはCHAOSだったが、試合後はHOUSE OF TORTUREが大暴れを見せた。両軍入り乱れての乱闘になだれ込むと、石井とEVILは場外でイスチャンバラを繰り広げるも、EVILは金的攻撃で黙らせる。石井をリングに押し入れると、必殺のEVILでKO。NEVERのベルトを掲げると、大の字になった石井を踏みつけ、「これは俺のもんだ。よく覚えとけ」と吠えた。SHOのYOH襲撃は未遂に終わったものの、拷問軍は場外で高笑い。EVILは場外でNEVER6人タッグのベルトも掲げると、「いいか、これはよ、俺らのもんだ。よく覚えとけ」と再び吠えた。

 バックステージでは「石井、オメエの雑草自慢なんて知らねえんだよ、この野郎。テメエがなにわめこうが、もう結果は決まってんだよ。NEVERは俺のもんだ」と通告したEVIL。ドームでも石井を無法粉砕し、NEVER二冠王になるのは決定事項と言わんばかりだった。