『2022 NEW YEAR WARS』開幕戦 東京・後楽園ホール(2022年1月2日)
○青柳優馬&宮原健斗&青柳亮生vs諏訪魔&佐藤光留&芦野祥太郎×

 青柳が新入団となった芦野をスピンキックでKOし、翌日に迫った世界タッグ戦へ向けて弾み。宮原は全日本50周年イヤーの2022年を迎えて「この俺が中心に行く」と宣言し、世界タッグ獲りをその足がかりとする構えをみせた。

 昨年暮れの最強タッグで史上5組目の連覇を成し遂げた宮原&青柳。明日1・3後楽園大会で世界タッグ王者・諏訪魔&芦野への挑戦を控え、2022年初戦となったこの日、前哨戦に登場した。

 両軍は明日のタイトルマッチへ向けて激しく火花を散らした。宮原が得意のドロップキック連射を浴びせれば、諏訪魔もすぐさまフライングショルダーで反撃。青柳を孤立させた暴走SUPLEXがウルトラジャーマンボムを狙ったものの、宮原が飛び込んで阻止。青柳がジャーマンで芦野を投げたが、次の瞬間、ジャーマンでやり返された。それでも青柳は芦野の追撃をことごとくかいくぐると電光石火のスピンキックをさく裂。一撃で芦野を仕留めてみせた。

 宮原は試合後、諏訪魔と乱闘を展開し、エプロンでのパイルドライバーで返り討ち。場外で倒れ込んだ王者二人に向かって青柳は「芦野太郎。入団おめでとう。今日から全日本プロレスってことは、お前は全日本プロレス太郎だ、コノヤロー。まったく全日本プロレスはいつからゴミ拾いするようになったんだろうな」と言いたい放題で、「今日はこれぐらいにしといてやるよ。明日は覚悟しとけ。バーイ!」と通告してみせた。

 宮原は2022年を迎え、「プロレスファンよ。全日本プロレス50周年イヤー、この俺が中心に行く」と宣言。すでにベルト総獲りを2022年のテーマにぶち上げているが、世界タッグ返り咲きをその足がかりとするつもり。バックステージでも「50周年イヤーは個人的にど真ん中に行かなきゃいけないんだ。宮原健斗が50周年のど真ん中に明日から行くぞ。明日が第一歩だ」と宣言してみせた。

【試合後の宮原&青柳&亮生】
▼亮生「青柳亮生、4年目が始まりました。3年経ちまして、今日から4年目始まりました。全日本50周年、青柳亮生4周年、面白くなりますよ」

▼宮原「よし! 世界タッグ、ついに明日だ! 今日見てわかるだろ? 今日見てわかる通りだ。世の中は俺らを求めている。そして、リング上で言った通り、50周年イヤーは個人的にど真ん中に行かなきゃいけないんだ。宮原健斗が50周年のど真ん中に明日から行くぞ。明日が第一歩だ」

▼青柳「芦野太郎、入団おめでとう。フッ(笑)」

▼宮原「明日だ! よっしゃ!」

▼亮生「4年目始まりました」

【試合後の諏訪魔&芦野&光留】
▼光留「大丈夫ですか?」

▼諏訪魔「新年早々申し訳ないね」

▼芦野「いや、すいません」

▼諏訪魔「せっかく祥太郎が所属1戦目だっていうのに、不甲斐ないことになった。ごめんね」

▼芦野「クソ、意識が…」

▼光留「やりてえんだよ、ただやりてえんだよ」

▼芦野「クソ」

▼諏訪魔「明日だから、勝負は」

▼芦野「絶対に許さねえ」

▼諏訪魔「小生意気だな」

▼芦野「でも、入団したら、こういう風にしてくるヤツが絶対いるんで。リングでわからせてやるよ、クソ。明日は見とけよ」

▼光留「青柳なんて万年、前哨戦太郎じゃねえか。あっちにチャンピオンどうこう言う資格なんかねえんだよ。2021年の話なんか忘れたよ、もう。今チャンピオンなんだよ、諏訪魔と芦野はよ。世界タッグチャンピオンなんだよ。よく聞いてろ、前哨戦太郎が」

▼諏訪魔「言うなあ」

▼光留「当たり前だよ。Evolutionだよ、Evolution」

▼諏訪魔「明日でケリつけるから」

▼芦野「明日やりましょう」

▼諏訪魔「やってやろう」

▼光留「明日だ、明日」