『DDT25周年開幕スペシャル!全席3000円興行!!』東京・後楽園ホール(2022年1月3日)
○遠藤哲哉&吉村直巳vsHARASHIMA&MAO×

 タッグリーグ開幕前にHARASHIMAと吉村は直接対決でお互いの実力を確認。タッグ王座を返上してリーグ戦に臨むことになった。

 1・30後楽園大会から開幕する「Ultimate Tag League」にKO-Dタッグ王者として出場するHARASHIMAと吉村が新春興行でタッグ対決。HARASHIMAがThe 37KAMIINAのMAO、吉村がバーニングの遠藤をそれぞれ組んで激突した。

 HARASHIMAと吉村は先発で対峙。お互いの実力を確認するかのようにグラウンドなど基礎的な動きで探り合う。その後、遠藤がサスケスペシャルを決めるなど新春興行らしい華やかな戦いが続くと、再びHARASHIMAと吉村が向かい合った。

 吉村は串刺しラリアット、フロントスープレックスとパワフルな攻撃を見せると、HARASHIMAもミドルキックを返して、「吉村来い!」と絶叫。すると、吉村は豪快な逆水平で応える。HARASHIMAもミドルキックを再び放ってラリーに発展。HARASHIMAがジャンピングハイキック、ハイキックで連続して蹴りつけるも、倒れない吉村はラリアットを振り抜いて譲らなかった。

 その後、MAOがHARASHIMAの援護を受けて遠藤を攻め込むが、飛び込んだ吉村が払い腰でHARASHIMAを排除すると試合は一気にヒートアップ。遠藤は時間切れが迫る中、MAOと接戦を繰り広げたが、最後はテツヤ・イン・ザ・スカイからのシューティングスタープレスで3カウントをもぎ取った。

 新春興行で快勝した遠藤はメイン後にKO-D無差別級王者の竹下幸之介に挑戦表明をぶち上げた。HARASHIMAと吉村も直接対決でお互いの実力を肌で確認。リング上で健闘を称え合って、タッグリーグに向けて弾みを付けた。

 竹下&上野勇希、遠藤&秋山準など強豪ひしめくリーグ戦に向けて、HARASHIMAと吉村はベルト返上を宣言。あえて丸腰になってリーグ戦を制覇し、チームとしてさらにレベルアップしてから再びベルトを巻く青写真を披露した。