『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』東京ドーム(2022年1月4日)
○KENTA&石森太二&エル・ファンタズモvs田口隆祐&ロッキー・ロメロ&棚橋弘至×

 激高した棚橋がUS王座をかけたノーDQ戦を前に、KENTAを竹刀でメッタ打ちにして反則暴走。「竹刀ぶん回して人をぶっ叩くのも気持ちいいなと思っちゃった。明日はどっちの棚橋が出るか、楽しみにしていてください」とKENTAに揺さぶりをかけるように言い放った。

 明日(5日)の東京ドーム大会で行われるUS王座戦「(王者)KENTAvs棚橋(挑戦者)」、IWGPジュニアタッグ3WAY戦「(王者)ロビー・イーグルス&タイガーマスクvs石森&ファンタズモ(挑戦者)vs田口&ロメロ(挑戦者)」に向けてのダブル前哨戦として、KENTA&石森&ファンタズモと棚橋&田口&ロメロが激突した。

 反則裁定なしのノーDQルールで行われるUS王座戦に向けて、KENTAと棚橋は昨年末に連日対戦。KENTAが反則暴走を連発したものの、棚橋も竹刀を強奪してバックステージで報復襲撃を見せており、荒れに荒れた状況で決戦前日を迎えていた。

 ジュニアタッグ戦を前にのっけから田口&ロメロと石森&ファンタズモがスピーディな先制争いを展開。ヒップアタック連発で田口組が主導権を握ると、田口は尻を突き出してコーナーに構える。KENTAはそこにカンチョー攻撃の構え。棚橋が背後からカットを試みるも、結果的に勢いをつける形となり、田口にカンチョーが直撃した。急ブレーキとなった田口の尻をKENTAたちは集中攻撃する。

 棚橋が登場すると流れは逆転。ドラゴンスクリューでKENTAたちをナデ斬りに。しかし、狡猾なKENTAはレフェリーと接触して無法地帯を作ると、竹刀を投入し、棚橋を何度も痛打した。

 田口とロメロが急行し、ダブルプランチャで分断に出ると、棚橋がKENTAから竹刀を強奪。お返しとばかりに躊躇なく竹刀でメッタ打ちにした。浅見レフェリーが止めに入るも、興奮状態の棚橋はレフェリーにまで手を出し、KENTAをなおも暴行。慌てて田口たちが止めに入って事なきを得た。

 これまではKENTAの暴走ばかりが目立っていたが、US王座戦前日に逸材が全てを帳消しにするように大暴れ。ノーDQ戦を前に遺恨がさらに深まった。 かつて何度もメインを張った東京ドームでまさかの反則負けに「東京ドームで反則負けっていうのは記憶にないし、自分でも落ちるところまで落ちたなと思ってる」と悔しげに漏らす一方で、「いろんな感情が溢れたら何の感情もなくなって、ああこういう気持ちの時に躊躇せず人を殴れるんだろうなっていう、初めての感覚」だったという。

 竹刀でKENTAをめった打ちにしたことで、「竹刀ぶん回して人をぶっ叩くのも気持ちいいなと思っちゃった」と思いがけず快感を味わった棚橋。「なんかキレたら怖い人っていると思うんですけど、俺、その類いなのかなって自分で思っちゃった」と新たな一面にも気づかされた。「一生分の反則をします」と予告していたが、KENTAに揺さぶりをかけるように「明日はどっちの棚橋が出るか、楽しみにしていてください」と締めくくった。

【KENTAの話】「(USヘビーのベルトを片手に持ってコメントブースに現われたが、用意されたイスと机を蹴り飛ばして)棚橋、オイ! 上等じゃねえか、お前! これぐらいやってもらわなきゃ困んだよ。面白いじゃねえか、棚橋! 明日な、ガッチリやってやるよ。それでな、その先のノアとの対抗戦、俺に負けていろんな意味で恥ずかしい状態で出させてやるよ。なあ、よく覚えておけ!」

【試合後の石森&ファンタズモ】
▼ファンタズモ「今、この感じ、別に息が上がっているわけじゃないんだ。こういう呼吸法をしているだけだよ。なぜならば、明日は大事な試合だからな。俺たちが、キューテストタッグチームが第69代IWGPジュニアヘビー級タッグチームチャンピオンになる大事な日だから。今日は何もしないまま勝っちゃって、サドンデスは3つ決められたけど、タナ、ロッキー、タグチ、あいつら勝手に戦って、タナハシは勝手に負けてたね。タナハシが反則なんて何だろうね? ファンタズモとイシモリがトーキョードームでタナハシ・ヒロシに勝つ。これなんか凄くない? カッコいいよね。明日の夜は俺たちがスーパー・デューパー・サドンデスを決めて勝ってみせるので、しっかりとZIMAを冷やして待っとけよ。そしてそのサドンデスを決める相手はもちろんタイガーマスク。あいつにとってはニュージャパンプロレスでの最後の試合になるだろう。そして最後の試合、すなわちあいつには選択の余地なく引退の道が待っている。あのマスクは俺に継承されることになるだろう。もしかしたら俺がタイガーマスクになるかもしれないし、もしくは俺が暖炉の火に焚べちゃうかもしれないけれども、あのマスクは俺のものになる。そして#RobbieEaglesSuckLOL、これをよろしく頼むよ。今日はイージーファイトで汗すらかかなかったよ。シャワーも浴びなくて良さそうだな」

▼石森「イージーマッチ!」

▼ファンタズモ「(引き上げるかと思いきやテレビカメラの前に立って)明日、お前を眠らせてやるよ。もう永遠に目覚めない眠りにな。タナ、お前、今日は超疲れてたぞ」


【試合後の棚橋】
──まさかの反則負けという結果に驚いていますが、どんな気持ちになってしまったのか教えてもらってもよろしいでしょうか?

▼棚橋「反則攻撃っていうのはあまり慣れてなくて、止めどころが分かんないというか。ちょっと東京ドームで反則負けっていうのは記憶にないし、自分でも落ちるところまで落ちたなと思ってるけど、明日のために、明日やり返せばいいだけだから。今日はこの悔しい気持ちをね、悔しい、情けない、何だろ? いろんな感情が溢れたら何の感情もなくなって、ああこういう気持ちの時に躊躇せず人を殴れるんだろうなっていう、初めての感覚というか…なんか棚橋はもう東京ドームでね、メイン張ってた棚橋はもういないんだなっていうところから始めます」

──そういった感情の中で改めてKENTA選手に言いたいこと、伝えたいことがあったら教えてください。

▼棚橋「なんかキレたら怖い人っていると思うんですけど、俺、その類いなのかなって自分で思っちゃった。明日は覚悟しといてください」

──ノーDQマッチです。いろんな戦い方があります。あえて今言える範囲でどういう戦いをしようと思っていますか?

▼棚橋「昨日までは正攻法で行って、何の反則もせずに勝ったら無茶苦茶気持ちいいだろうなと思ってたんですけど、竹刀ぶん回して人をぶっ叩くのも気持ちいいなと思っちゃった。明日はどっちの棚橋が出るか、楽しみにしていてください」


【試合後の田口&ロッキー】
▼ロッキー「コーチ、今はどんな気分?」

▼田口「アイム・OK! アイム・グッド!」

▼ロッキー「俺もいい気分。だって俺たち明日に向けて準備万端だもんな。メガコーチズは常に強いんだ。明日の夜、俺たちは歴史を作る。俺は9回目のタッグチームチャンピオンになる。明日は何より俺ではなく、自分のメガコーチズとしてのパートナー、タグチにとっての歴史を作る大事な1日になる。なぜならば69代目のIWGPジュニアヘビー級タッグチャンピオンになるんだからな。これを思っただけで誰も止められないし、楽しみで仕方がない。(日本語で田口に向かって)ドウゾ」

▼田口「そういうことです。明日、69代ジュニアシングル、タッグ獲って、私が69に選ばれた男として、これからしっかりと新日本ジュニアを引っ張っていきたいと思います。まあ獲れなかったら、負けた時のことを考えるバカなヤツがいるかという言葉もありましたけど、負けた時のことを考えれば、私はもう引退を考えるしかないと思っておりますので、本当に明日負けたら私は引退を考えます。それぐらいの気持ちで頑張ります」

▼ロッキー「BULLET CLUBのキューテストタッグに今日は負けたけれども、この敗戦は俺たちのストーリーの一部であり、運命だったんじゃないかと思っている。だって歴史が出来るのは今日じゃなくて明日だから。俺はアメリカでこれまでにないほど大変なトレーニングを積んできた。ブライアン・ダニエルソンとも戦ったし、ロッポンギ・ヴァイス、そしてベストフレンズなんかとも力いっぱい練習を重ねて今がある。明日はトーキョードームで約束するよ。絶対にタッグチームのチャンピオンになってみせる(と言いながら田口と指切りをし、田口と声を合わせて)僕たちは69代IWGPジュニアタッグチャンピオンになることを誓います。ザ・メガコーチーズ」

▼田口「OKです。ということで、なかなか英語は難しいですね。ありがとうございます。勉強します。頑張ります。以上です」