『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』東京ドーム(2022年1月4日)
IWGPジュニアヘビー級選手権試合 ○エル・デスペラードvs高橋ヒロム×

 デスペラードがヒロムとの頂上決戦を制し、IWGPジュニア王座初防衛。新日ジュニアの頂点の座を守り抜き、エル・リンダマンへの興味を示した。

 ヒロムが昨年暮れのスーパージュニアを制覇し、東京ドーム大会でIWGPジュニア王者・デスペラードとの頂上決戦を迎えた。悲願のドームメインは叶わなかったものの、「新日本ジュニアの中心に戻る」と返り咲きを宣言したヒロムに対し、デスペラードも「俺の未来を拓く」と頂点の座を盤石とする構えで初防衛戦を迎えた。

 両者の激情ほとばしるエルボー合戦で幕開け。ヒロムが早くもDで絡みつき、デスペラードがバックドロップ、ヒロムがジャーマンで投げ合うなど序盤から一進一退のせめぎ合いを展開。デスペラードがトペコンヒーロを放って先制したが、ヒロムもすぐさまサンセットフリップパワーボムで場外に叩き落として譲らない。

 時間の経過とともに攻防は熱を帯びていく。デスペラードがスピアーで豪快にねじ伏せ、マッドスプラッシュを放つ。負けじとヒロムもライガーボムで叩きつけ、フロントスープレックス、デスバレーボムでコーナーに叩きつけた。TIME BOMB、ピンチェ・ロコを目まぐるしく読み合ってともに不発に終わると、デスペラードがヌメロ・ドスで捕らえたが、ヒロムも巧みに脱出。ラリアットを叩き込んだ。

 ここからヒロムが一気に仕掛ける。ダイナマイトプランジャーで叩きつけ、トラースキックを連発。追撃を阻止したデスペラードは変型パイルドライバーで突き刺して逆襲し、ピンチェ・ロコをウラカンラナで切り返したヒロムがトラースキックを見舞っても、カウンターのロコモノをさく裂。ギターラ・デ・アンヘルで豪快に叩きつけたが、ヒロムも譲らず右ストレートをお返しした。

 引かないデスペラードはロコモノで徹底抗戦。葛西純ばりのリバースタイガードライバーで追い討ちをかけると、一気にピンチェ・ロコを爆発させて3カウントを奪った。

 デスペラードがヒロムとの激闘に勝利し、IWGPジュニア王座初防衛に成功。頂上対決を制し、新日ジュニアトップの座を死守した。「チャンピオンシップでヒロムに勝つという俺の一番でっかい目標はとりあえずの形で果たされた」と振り返ったデスペラードだったが、「でもよぉ、ヒロム、これで終わりじゃねぇだろう? まだ始まったばっかだぜ、今年はよぉ」と年内の再戦も視野に入れた。

 これからもヒロムとはしのぎを削っていくが、デスペラードは次なる防衛ロードを見据えて、意外な相手を口にした。#STRONGHEARTSだ。今大会の第0試合で行われたニュージャパンランボーにCIMAがサプライズ参戦を果たしたが、デスペラードは「誰かが腹決めてんのに、俺が別のヤツの名前を出しちゃうと出鼻をくじいちゃうから言わない方がいいんだろうけどもぉ…何か第0試合に面白いヤツ上がってなかった?」と興味。「別に彼がやんなくったってさぁ、彼のメンバーの中にジュニアのヤツが一人いたろう。一人か二人か。名前を出しちゃうと、ね、いろいろめんどくさいことになりそうじゃん? でも、めんどくさいことは大好きだ。どっかいんだろう? リンダマン。あぁ、言っちゃった」とエル・リンダマンの名前を口にした。

 「今年の頭はお前(ヒロム)と始まった。今年の締めは誰と俺がやることになるのかな? 今からだ。22年始まったばかり、楽しもうぜ」とデスペラード。リンダマンとの戦いが実現するかは未知数だが、名実ともにトップに立ったこの男が、2022年の新日本ジュニアの中心になるのは間違いない。

【デスペラードの話】「(※インタビュースペースへの通路を『クソッ、痛てぇ』と言いながら歩いてきて)まだできるな。ヒロム、もっとできるな、俺たちならな。クソッ。(※大きな声で)なぁヒロム! もっとできるよな? 俺たちならなぁ。その『もっとできる』を今日この場でやらなかったんだから俺の、チャンピオンの責任なんだけど。チクショー。でもとりあえずだ、とりあえず。シングルのチャンピオンシップでお前に勝つっていう目標がな、やっとひとつ叶えられたよ。ありがとう。とりあえずチャンピオンシップでヒロムに勝つという俺の一番でっかい目標はとりあえずの形で果たされた。でもよぉ、ヒロム、これで終わりじゃねぇだろう? まだ始まったばっかだぜ、今年はよぉ。で、だ。次の話をしよう。未来を、未来をという話をしてて、俺がいつまでもヒロムの話をしてたら歴史しか残んねぇからよぉ。次は誰だい? 誰かが腹決めてんのに、俺が別のヤツの名前を出しちゃうと出鼻をくじいちゃうから言わない方がいいんだろうけどもぉ…何か第0試合に面白いヤツ上がってなかった? 別に彼がやんなくったってさぁ、彼のメンバーの中にジュニアのヤツが一人いたろう。一人か二人か。名前を出しちゃうと、ね、いろいろめんどくさいことになりそうじゃん? でも、めんどくさいことは大好きだ。どっかいんだろう? リンダマン。あぁ、言っちゃった。何かさっき見かけたぞ、どっかでよぉ。何しに来たんだよ? まぁ、ただの付き添いか。まぁでもさ、花も葉も種まかなきゃ出てこねぇからよぉ。俺は種をまく。ただそれに水をやるかどうかは新日本が決めることだ。そこら中に俺は種をまいてやるぜ。イヤだったら直接言ってきてください。でだ。あぁ、ハイになってんなぁ。あんだけ頭バカスカバカスカ蹴られたらよぉ。最後もうよぉ、よく分かんなくなって痛てぇのか、しんどいのか、それも通り越しちゃってさぁ。ヒロム、やっぱお前とやってると、どっかおかしくなっちゃうよ。なぁ。今年の頭はお前と始まった。今年の締めは誰と俺がやることになるのかな? 今からだ。22年始まったばかり、楽しもうぜ」

【試合後のヒロム】
▼ヒロム「(※インタビュースペースの机の前に座り込み)負けた人間のコメントブースへの道のりは、なかなか遠いな。ここに来る前に、もう俺は吹っ切れてるよ。死ぬほど悔しい。『BEST OF THE SUPER Jr.』2連覇した男が、このタイトルマッチで勝てなかっただけで全てが終わってしまう。それぐらい悔しい。すげぇ悔しいけど、いつまでも悔しがって次を見ないんじゃさぁ、夢なんて叶えられないんだよ。な、負けた俺の、負けた人間のひとり言だと思って聞いてくれ。俺の夢、知ってるか? デカすぎるんだよ。東京ドームのメインイベントでジュニアのタイトルマッチ。ジュニアのベルトを巻き、そしてヘビーのベルトも巻き、ゴールデンタイムで試合をすること。それはずっと変わらないんだ。遠すぎるけどさ。タイトルマッチ一回負けました、試合負けました、それで凹んでるようじゃ、こんな大きな夢、絶対叶えられねぇよ。俺の夢を叶えるにはデスペラード、お前とやりたい。デスペラード、俺の隣にお前がいる姿は想像できない。だからずっと俺の前にいてくれ。お前が同期で面白いものが見れるし、できるよ。何かありますか? 負けた俺に何かあるなら、何でも答えますよ」

──デスペラード選手も『もっとやれる』というコメントを残しました。

▼ヒロム「当たり前だ。あいつから勝ちたい。何か今は、ただただそれだけの感情だよ。もちろんタイトルマッチがいいけど、あいつから勝ちたい。3カウントを奪いたい。ギブアップを奪いたい。ただそれだけ。100m走にたとえたらさ、今、50m、60m、一番加速してる時なんだよ。一番最高の状態なんだ、俺とデスペラードは。そんな最高の時にさ、もっとやり合いたいよね。もっとやり合えたらいいなと思うよ。もういいですか? 聞きたいことは以上ですか? もっといろいろ聞いてもらえるように頑張りますよ。あー、楽しかった」